« 冬のナナニイ爆撃機祭りHe111(その3) | トップページ | Hawker Fury biplane(その3)細かいあれこれ »

冬のナナニイ爆撃機祭りHe111(その4)完成!

完成しました♪

私としては驚異的な速さであります。正月早々縁起がいいですな(笑)

やはり祭りに参加するのが未完成病予備軍には良いようであります。

(個人の感想です 笑)

Heinkel He111H-6 Kampfgeschwader 26 "Löwengeschwader"

冬のナナニイ爆撃機祭りに参加したイタレリ1/72He111であります。

ハセガワでも最新のエアフィックスでもなくイタレリであります。

というのもこのキット、入手元は合宿ビンゴでありまして、

入手後一度手放したにもかかわらずまた私の手元に戻ってきたといういわくつき(笑)

この機会に成仏させた次第です。

001

サイドビュー。キットは古いですが、小物の造形はそこそこの出来でありまして、新しいキットに負けないぐらいの精密感はあります。

尚今回はほぼストレートフロムボックス。鉛板でシートベルト、キット取説の指示に従い伸ばしランナーで一部ディティールを追加しただけであります。

002


凸スジ彫りですが、凹スジに彫り直したりせずにそのまま仕上げています。

スポット明細の飛沫をコンパウンドで落とした時に筋彫り部分が露出して成型色が見えてきましたが、墨入れと同じような効果があるためそのままにしてあります。

003

ところでドイツ爆撃機恒例のグラスノーズ。

なぜドイツ空軍がこんなにグラスノーズにこだわったのか知らないのですが、操縦者の心理的安心感に関しては通常の操縦席のほうがあると思うのですがどうなのでしょう?

銀河の偵察員席と同じで不時着敢行するときにはかなりの心理的負担になりそうです。

(婉曲表現)

004

この機体はKG26の所属、バルト海から地中海に移動後の塗装になります。

昼間の強行爆撃任務をお役御免になって地中海で連合国のコンボイを狙って通商破壊に従事した時期の機体のようです。

任務に合わせて魚雷を抱かせても良かったのですが、祭りの趣旨にのっとりまして爆装にしてあります。

005

なんというかとても見栄えのする塗装ですね。

ちなみに"Löwengeschwader" は日本語訳するとライオン飛行隊ですね。

ああ、楽しかった。

|

« 冬のナナニイ爆撃機祭りHe111(その3) | トップページ | Hawker Fury biplane(その3)細かいあれこれ »

模型」カテゴリの記事

模型-AIR」カテゴリの記事

コメント

He111完成おめでとうございます。
スポット迷彩が、気持ちよく決まっています
パネルラインも良いアイデアです
下面をこれだけはっきり見れるのは、
良く出来ています。次は何に縛りましょう。

投稿: あきみず | 2017年1月10日 (火) 20時01分

正に瞬殺でありましたね。
バランスの良い綺麗な塗装がグッときます。

凸パネルラインを凹に彫り直される方が多いようですが、
ズボラな私的には凸はOKだと思っています♬

こういう完成品を拝見すると独逸物が作りたくなります(笑)

完成おめでとうございます。

投稿: ハヤテ | 2017年1月10日 (火) 23時07分

「濃厚なゲルマンをベースにファシスチックな彩りで整えました当店シェフおすすめのメインディッシュでございます。香り豊かな鉄十字にスパイシーなスヴァスチカをアレンジしております。 豊かに奏でられる味と香りのハーモニーをお楽しみ下さい。」 byコゲ猫ウェイター

鯨偶蹄目 ハクジラ小目 おそるべしぃ

投稿: apuro | 2017年1月11日 (水) 17時22分

あきみず様、キットは古いので最初は時間が掛かるかな?と思ったのですが、合わせも(予想外に)良く小物もシャープで作っていてとても楽しかったです。
次はツイッター上のサンニイの祭りが気になってるんですがどうしたものか…

投稿: シロイルカ | 2017年1月11日 (水) 21時15分

ハヤテさま、ありがとうございます。
>独逸物
ああ、是非作りましょう。ドイツ艦も良いのではないでしょうか?
あとは水上機でアラドAr196あたりも見てみたいです。

投稿: シロイルカ | 2017年1月11日 (水) 21時20分

apuroさま、バルト海産の舌平目がありませんので地中海イタレーリの冷凍物です。
独逸産のスワスチカも入手不能ですので、国産品のストックデカールを使用しております。EUのポリコレなんぞくそくらえであります。
おっと、汚い表現お許しください。

投稿: シロイルカ | 2017年1月11日 (水) 21時25分

nananiya72です。
完成、乙おめであります。
スッキリ終了で、ご気分も上々のご様子

ドイツ機のこの方面の迷彩ってのは応急なのでしょうか。。。 
ドイツ機の塗装って、例がありすぎて
というか手が出てないのでわかりません。

He-111の初期には段付き操縦席風防がありました。
当時の爆撃機は速度優先らしいので、ああなりますか。。。 

空軍大戦略のDVDを見直したくなりました(笑)

投稿: nananiya72 | 2017年1月12日 (木) 01時48分

nananiya72さま、今回はサンドを先に塗ってグリーンを島型に塗りましたが、WEBで調べると『グリーン系の迷彩の上にサンドを応急迷彩した』という風に書いてあったと思います。
CAFのレプリカ迷彩機だとグリーンの塗り残しがもっと多い感じです。
http://www.txsquadron.com/forum/index.php?topic=885.0
今回は見栄えを重視してサンド部分を多めにしました。
>段付き
ローデンのB型積んであります。何時作るやら(笑)

投稿: シロイルカ | 2017年1月12日 (木) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/64746225

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のナナニイ爆撃機祭りHe111(その4)完成!:

« 冬のナナニイ爆撃機祭りHe111(その3) | トップページ | Hawker Fury biplane(その3)細かいあれこれ »