« キ61飛燕 1型丁 (その4)基本塗装完了。 | トップページ

キ61飛燕 1型丁 (その5)完成!

ここのところ天気の悪い週末が続きましたが、先週末は天気も良く絶好の模型日和(えっ?)

000

小物類の整形・塗装を済ませ最終組み上げ&アンテナ線張りを施して無事完成♪

***************************

飛燕一型丁 明野教導飛行師団

Ki-61-I Tei "Hien" Akeno flying school

最新のタミヤ製ではなく、ほぼ20年寝かせたハセガワ1/48飛燕一型丁、完成です。

塗装は紆余曲折ありましたが結局無塗装銀の明野教導飛行師団所属としました。

尾翼の明野八咫鏡マークはニチモの隼一型にセットされていたジャンクデカールです。

日の丸と同色にレタッチしたいところですが、細かすぎてギブアップ。良く見なくても色が合わないのはご愛嬌であります。

002

タミヤスプレーのシルバーリーフで全体塗装後、一部パネルをトーンを変えた銀で塗装してあります。動翼部に関しましては基本塗装の銀にダークシーグレイを混ぜてトーンを落としてありますが、混ぜすぎて画像ではただのグレーに見えますね・・・

003

斜め後ろからのショット、ご多分に漏れずこの角度から写す飛燕はとてもフォトジェニックであります。

004

そして平面形。

平面形はとても格好いいですね、ひいき目かもしれませんがDB601系列のエンジンを積んだ飛行機の中でいちばん平面形が格好いいと思ってます。

(はい、間違いなくひいき目です 笑)

ハ-40の発展型がせめて1500馬力出していればねえ・・・

005

今回も作者の趣味でリベットバリバリです、いつもよりはリベットを打った後の返りを強めに撫でて平らにしたつもりですが、光の加減で角度によっては目立ちすぎますわー

このあたり要研究ですね。

006

プロペラピッチはキットデフォルトの角度だと精悍さに欠けるので、ピンを切り飛ばして離床時の強ピッチの角度に変更してあります。

これで静岡用アイテム一個完成なのだ。

あと一か月ですねー、初めてなのですでに緊張してきました(笑)

それではまた。

|

« キ61飛燕 1型丁 (その4)基本塗装完了。 | トップページ

模型」カテゴリの記事

模型-AIR」カテゴリの記事

模型製作記 三式戦(キ61)」カテゴリの記事

コメント

飛燕完成おめでとうございます。
リベット打ちお疲れ様でした 写真で見ると
目立ちますが、実際に目で見ると 丁度良い
感じでしょう。飛燕はかっこいい機体です
静岡楽しみになります。

投稿: あきみず | 2017年4月19日 (水) 19時53分

あきみず様、ありがとうございます。
今回のリベットは人によってはうるさく感じる人がいるかなあと思ってます。

タミヤの1型丁がでたので静岡でも飛燕の展示は多いだろうと思いますが、ハセのもまだまだいけるよ!という感じになればいいなと思います。

投稿: シロイルカ | 2017年4月20日 (木) 09時31分

リベットはやはり迫力が出ますね、いい塩梅だと思います。

ジュラルミン地肌もなかなか新鮮に見えかっこいいであります。
タミヤ物よりハセ物、やはり職人でありますね♪

戦況を考えれば致し方無いところですが、
発動機は前期型、甲乙や甲改造丙型の方が
カタログデーター並みの馬力が出たそうですね。

完成おめでとうございます。


投稿: ハヤテ | 2017年4月22日 (土) 00時08分

ハヤテ様、ありがとうございます。ハセをこの時期に作ったのは職人というよりはもったいない精神であります(笑)
>カタログデーター並みの馬力
今の若い人にはエンジンの当たり外れなんてもうわからないでしょうね(笑)
川崎製のハ40はまだましで愛知のアツタはもっとひどかったらしいですから空冷化の流れも当然といえば当然でしょうか…

投稿: シロイルカ | 2017年4月22日 (土) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/65162622

この記事へのトラックバック一覧です: キ61飛燕 1型丁 (その5)完成!:

« キ61飛燕 1型丁 (その4)基本塗装完了。 | トップページ