« 38(t)対空戦車(その2 ぐらい) | トップページ | じぇーなな(その2) »

じぇーなな

38(t)対空戦車はお休み。

どうも戦車は塗装で失敗することが多いので、組み上げると満足してしまう(笑)

あえて苦手なことにチャレンジして失敗して落ち込むのもなぁ・・・などと思ってしまう私は向上心が足りない?

というわけで、手が止まってしまわないように新物に手を付けました(え?)

001

ハセガワのJ7です。どなたから頂いたビンゴキットの箱の中に紛れ込んでいたもので、成型色から推定するに25年以上は前のものではないかと推測されます。

自分で購入したグレーの成型色のやつもどこかに眠っているはずですが、先入れ先出しということで(笑)

なお、ちなみにデカールは付いておりませんでした(仮に付いていたとしても死んでいる可能性が高いわけですが)。

003


仮組みして気になった各種インテイクやアウトレットを開口したりうすうす加工したりしてモチベーションアップに努めております。

尚、各翼の後縁エッジは現在のキットよりもキレが良い成型になっております。このあたり当時と今ではパーツ変形や成型不良に対する対策や考え方が違うのかもしれないですな・・・

あとはお約束で凸モールドを凹モールドに変更しておりますが、めんどくさい。

うー、めんどくさい。

002


ご存知の通りコクピのモールドは時代を感じさせるものですが、最低限のディティールアップにするつもりです。

今は造形村のヤツがあるからそっちの方向性で凝ってもアピール度が弱い気がするのですわ、今回は表面仕上げと塗装に凝ってみるつもりです。

というわけでグダグダな更新でした。

それではまた。

|

« 38(t)対空戦車(その2 ぐらい) | トップページ | じぇーなな(その2) »

模型」カテゴリの記事

コメント

ハセガワの48ですか この変った形の飛行機は
懐かしいものです。小学生の頃ピーナッツシリーズにプロペラが後ろにあり、前輪がある不思議な
機体でした。その後タミヤの72を作りました
まだ残っています。
凹彫りにリベットの仕様になるのでしょうか。

投稿: あきみず | 2017年6月21日 (水) 21時01分

あきみず様、タミヤの1/72は私も小学生の頃に作りました。
J7は雑餉隈という耳慣れない地名とセットで何となく日本離れした雰囲気を感じますね。

>凹彫りにリベットの仕様
はい、そうです。この機体の場合リベットというか外板のビス表現になりますでしょうか。

投稿: シロイルカ | 2017年6月22日 (木) 13時07分

我がジェット震電の完成と前後しての着手とは奇遇ですなぁ(笑)。
リベット等表面仕上げは未知の領域ですので参考にさせていただきます、って三式戦の時もコメント申し上げたような(笑)。

投稿: 塾長 | 2017年6月24日 (土) 12時06分

フッフッフッ・・・仕込んだのは私です(笑)
実はこのデカール無し袋キットを2つ持っていまして
そのうち一つを合宿に持っていき、デカールがないために誰もひきとらないだろうということで
大判キットのパーツの間に潜り込ませておきました。
そうですか~、シロイルカさんのところでしたか~。
この機体ならデカールがなくとも大丈夫ですね。
リベットも打ってもらえるならなお一層良いところにい行ったと思います、ハイ。

(ちなみに袋キットデカール無しのハセガワ1/48 旧版零戦52型もあったんですが、どこへいったのでしょう?)

投稿: シミヤン | 2017年6月25日 (日) 11時02分

塾長様、ジェット震電完成おめでとうございます。
>表面仕上げ、ご存知の通りたくさんある整備用パネルのビス穴だけにするかリベットも打つのか熟慮中(というか資料を漁っている)であります。

投稿: シロイルカ | 2017年6月25日 (日) 12時14分

あ、シミヤン様でありましたか、なんということをありがとうございます(笑)
箱なしだったのでつい最近まで存在に気付きませんでした(笑)
別に全部作るあてがあるわけでもないのに古いキットから手をつけてしまうこの体質を何とかしたい(一般的に貧乏性という 笑)

投稿: シロイルカ | 2017年6月25日 (日) 12時19分

この形、やはり我国は先見の明があったのですね。

がしかし、優柔不断と間抜けな上層部のお陰で大戦にも間に合わず。
もっとも、折角発明したアンテナも無視。、
米国のレーダーに使われるというおそまつでは
勝てる戦も無くなりますはね。

表面に凝ってみるという事はリベット打ちも有りなんですね♪


投稿: ハヤテ | 2017年6月25日 (日) 22時01分

猫実工業大学バージョンだナ♪

投稿: apuro | 2017年6月26日 (月) 07時56分

ハヤテさま、元は空技廠のコンセプトモデルみたいなもんですから400ノットの理論値が出せたかどうか疑問ですが、見た目の斬新さは他の追随を許しませんね♪
夢のある機体です。

投稿: シロイルカ | 2017年6月26日 (月) 10時46分

apuroさま、ああっ女神さま!は、冒頭しか読んでないのでどうしてJ7がああなるのか知らないのですわ。
あれはある意味メジャーなので、マイナー路線で行きますお。

投稿: シロイルカ | 2017年6月26日 (月) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/65402941

この記事へのトラックバック一覧です: じぇーなな:

« 38(t)対空戦車(その2 ぐらい) | トップページ | じぇーなな(その2) »