« じぇーなな(その6)基本塗装完了まで。 | トップページ | じぇーなな(その7)完成しました。 »

昭和の自衛隊(番外編3)-保安隊から自衛隊へ

さて、前回の続きですが、ここから先はそれほど面白い逸話はあまりないのですが、備忘もかねて。

おやじは27年の1月に一度帰郷を許可されて秋田に帰り、帰営のため青函連絡船に乗った際、酔狂にもずっとデッキに出ていてしこたま風邪をひき、それをこじらせたのでありました。

営内に戻っても風邪は全然良くならず、最終的に医者に掛かったところ肺浸潤と診断されそのまま入院、2月~5月まで病院暮らしと相成ったそうであります。

うちのおやじは私が物心ついてからは病気知らずの頑健体質なのですが、当時は栄養状態が悪かったのでそのせいでしょうかね?

(肺浸潤といえば私の感覚では、え!結核じゃないのそれ?なのですがおやじ曰くいろいろな見解があるとのことで、結核という認識ではないらしい フム)

さて、退院後も引き続き営内休を言い渡され一週間ほど同様の営内休の同僚隊員と過ごしたらしいのですが、当時は6万円の一時金欲しさにだらだらと病気を理由に営内休を続けているような隊員も結構いたらしく、うちのおやじはこんなところに長くいてはマズいと本気で心配したとのことであります。

そんな折、旧軍出身の先任士補から職種募集の話を聞きます。新しく設立される武器課の設立要員に応募しないか?という話だったようです。この時期米軍側からの指示もあり各種部門の設立と要員養成が急務になっていたと思われ、若い隊員は囲い込みの対象になっていたのでしょう。

27年9月遠軽にて正式に島松に置ける武器課設立要員の募集があり、おやじはこれに応募。27年10月設立が発令され27年12月正式に補給廠のある島松駐屯地のそばの恵庭駐屯地に移駐・編成完了(WIKIで見ると第728武器大隊)。これでおやじの職種が武器課になることが確定しました。

この後すぐ27年10月には警察予備隊は保安隊に改組になります。おやじも二等警査から二等保査に階級が変わります(呼び名が変わっただけともいう 笑)。

このあと28年~29年にかけては島松で隊務についており特別な逸話はなしであります。階級は一等保査、保査長、29年1月に三等保安士補(自衛隊でいう三曹)へと順調に昇進しております。

この後29年7月に保安隊は自衛隊にまたまた改組、おやじは三等陸曹にまたまた階級が変わりました(笑)

29年12月の時点でおやじは武器群本部中隊に所属していたと言っております。(この時点で北部方面隊だったのかそれ以前の編成だったのか聞き忘れましたが)

というわけでおやじの遍歴が自衛隊の編成史ともリンクしており興味深いのですが、今回のお話は時間切れでここまで、この後私が生まれてから北部方面総監部武器部に転勤になったり藤沢の武器学校に送られたりするのですが、その話はまた機会があれば聞き取りしたいと思います。

最後に自衛隊らしい逸話で締めます。

おやじが北部方面武器隊にて勤務していた折(昭和40年前後)、武器隊隊長から『このなかで自動車免許を持っていないものはいるか?』との下問があり、その時点まで免許を取る機会のなかったおやじが手を上げて答えたところ。

すぐに免許を取るように手配がされて真駒内の駐屯地に通い、駐屯地内の練習場で練習&講習を受けて免許を取らせてもらったとのことでした。(ちなみにおやじは大特まで持ってます)。

必ずしも給与が良いとは言えない下士官自衛官に対する福利厚生の一環だったのかもしれませんがこのあたりいかにも自衛隊らしい話だと思います。(武器隊という職種柄、表向きは回収のための大特は必須という理屈だとは思いますが・・・)

それでは今回の番外編もこれにて終わりとさせていただきます。

お付き合いまことにありがとうございました。

12/14訂正:記事内で武器課としましたがこれは兵科の種類だと思うので武器科とすべきでしょうね。今回は自戒も込めてそのままにしておきます。

あと、藤沢の武器学校と書きましたが武器学校は土浦なので地名の聞き間違いか藤沢にあった別の施設なのか確認しようと思っています。

|

« じぇーなな(その6)基本塗装完了まで。 | トップページ | じぇーなな(その7)完成しました。 »

昭和の自衛隊」カテゴリの記事

コメント

厳冬1月の函館連絡船、デッキの寒風はいかばかりか。。
しかも結核(お父様基準では肺浸潤w)は1950年頃まで年間10万人も犠牲になった国民病、危ういところでありました。

免許>こういう話は大好きであります。
人の嫌がる軍隊に~(唄、可愛いスーちゃんより)
ではありませんが、戦後間もないにも関わらず隊に志願した粋な若人に対する粋な計らいでありましょう。

真駒内スキー場、よく行きました(懐;)

投稿: mamo | 2017年12月16日 (土) 20時44分

mamoさま、>真駒内スキー場
名前に真駒内とついておりますが記憶が全くない?と思って調べてみたら西武が作ったスキー場だったのですね、私がこっちに来てからの開場でしたか。
>国民病
そうですよね、ワシらの一世代前にやっと克服できたのでわしら世代はツベルクリンのアレでしょう?なので、ちょっと認識甘いのは否めません。

投稿: シロイルカ | 2017年12月18日 (月) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/66154417

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の自衛隊(番外編3)-保安隊から自衛隊へ:

« じぇーなな(その6)基本塗装完了まで。 | トップページ | じぇーなな(その7)完成しました。 »