« アベンジャーとぐらまんず。 | トップページ | アベンジャーとぐらまんず(その3) »

アベンジャーとぐらまんず(その2)

アベンジャー製作中。

今のところやる気は高止まりしており嬉しい限り。

001

三座のアベンジャー、操縦席の後ろに偵察員的な人が乗るのかと思いきや、ふつうここには座席が無く無線機が設置されており、予備的にオブザーバーシートが設置可能らしい。

じゃああとの二人はどこ?というとガンターレットの中と後部胴体が定位置なのね。ふむ

何となく日本の艦攻的な配置を想像してたら見事に裏切られました。

で、各座席にはそれぞれシートベルトのデカールを貼るよう指示がされておりますが、いつも通り板おもりでそれらしく造作してシートベルトてきなものをでっちあげます。

002

んでもって次は計器板。こちらはなぜかクリアー成型。

想像するにアキュレイトの設計者的にはメーター部を塗り残して裏からデカールを貼らせるつもりだったのでは?と想像。

純正のデカールにはメーターは準備されておりませんのでジャンクデカールをいろいろ漁ってサイズの合いそうなものを一枚ずつ切り貼りしてみました。

003_2

なんとなくそれらしくなった感。

計器板に限らず機体内は詳細にパーツ化されており、塗装してドライブラシを掛ければそれなりに見栄えがいたします。

こういう場合、パーツの干渉や合わせの悪さが想像されてちょっと嫌な感じなのですが、いざ組んでみると拍子抜けするぐらい精度が良い。

このあたりが名キットと言われる所以か。

004

ただしあとからでは筆が入らない部分のパーツが多いので、仮組みでの確認と、塗装の段取りにはかなり注意が必要なかんじ。

005

ガンターレットを組み込み仮合わせ。

う~む格好いい。

日本機とは違う押し出しのよさみたいなものを感じますねぇ。

念のため言っておきますと、私日本の艦攻もかなり好き。特に天山あたり

あ、一言でいうと多座機が好きなのか(笑)

判りやすいなオレ。

で、この後はキャノピーのマスキングと切り出しが待ってます。

ここをクリアーすれば一気に先が見えてくるかな。

それではまた。

|

« アベンジャーとぐらまんず。 | トップページ | アベンジャーとぐらまんず(その3) »

模型」カテゴリの記事

コメント

グラマンつながりで二機平行製作は、びっくりします。
72ですかそれとも48なんですか。 48のようです?
静岡のお題が、決まっているような?
銃座のオレンジはなんかあるんですね。
アベンジャーもF8Fも積んでるのですが、まだ
製作にはならないので、後ろから押してもらおうかな。

投稿: あきみず | 2018年1月 9日 (火) 21時38分

模型を弄っていれば妨害電波もかわせますよ!

投稿: ラッキーユダヤ | 2018年1月10日 (水) 01時25分

あきみず様、>静岡のお題
その通りです。特に極秘ではないのですがお楽しみということに(バレバレ)
取りあえずTBF/Mに注力してF8Fは余力があればみたいな感じです。

投稿: シロイルカ | 2018年1月10日 (水) 11時47分

ラッキーさま、>妨害電波
妨害電波と言えば垂直閣下のアレを思い出しますね。
( ( ( ( ( (⊥) ) ) ) ) )
あいつまた鬼畜機ばっかり作ってやがると苦笑してるでしょう。

投稿: シロイルカ | 2018年1月10日 (水) 11時54分

皆さんいろいろ作成されていますが・・なぜか爆炎作り再開している私です(何作ってんだかでありますが・・汗;)

そっか鬼畜機作ってたら夢枕に立つかもっすね(汗;

投稿: saiun | 2018年1月11日 (木) 19時10分

SAIUN様、無理はなさらずにですが、模型はリハビリに良いと思いますのでぼちぼちとお願いいたします。
>夢枕
腕組みしながら立っている姿がセリフ付きで容易に想像できます。

投稿: シロイルカ | 2018年1月12日 (金) 12時55分

進んでますね。
アベンジャーの座席はハセガワ1/72を作ったときに
参考資料の代わりにアキュレイトの作例を見ていたら
「ん?????」という感じでした(笑)
ちなみに1/72は座席パーツになっています。

さて頑張ろうかと思った矢先、
北陸ではドカ雪で除雪であちこち体が痛く
制作がまた先に伸びそうです。

投稿: シミヤン | 2018年1月13日 (土) 00時07分

シミヤン様、除雪お疲れ様です。時節柄無理は禁物であります。まずは体をお休めください。
>座席
あそこを座席にすると4人乗りになるのか、ターレットの人が行ったり来たりするのか謎です。
オブザーバーシートだからフェリーとか偵察とか用の偉い人用席なのか?

投稿: シロイルカ | 2018年1月13日 (土) 14時41分

計器盤はクリアモールドに頼っちゃイケナイよ。
0.2mm程度まで裏から薄薄もアリだけど、穴ホガしがキッチリクール。
下部銃座、中央の航法通信ナビが担当してたのか、と。
忙しい雷撃コースでは海面近くて下方からのアタック不可能だろうし。

投稿: apuro | 2018年1月13日 (土) 18時13分

apuroさま、またそうやってハードルを上げてきっちり殺しに来る。
ソリモ神拳継承者の甘言には乗らないのじゃ。
(現代語訳:無理じゃ!)

投稿: シロイルカ | 2018年1月14日 (日) 09時51分

あれま、此方も鬼畜の飛行機ですね。
イルカ様の腕が勿体ない、
これはスル~っと適当に作りましょう(笑)

投稿: ハヤテ | 2018年1月14日 (日) 14時47分

nananiya72です。
やっぱり旋回銃座はネックですね。
盾になる部分を限界まで削って、機銃のケツを
2mmほど切り飛ばして、やっと収まりました。
それと、座席のヘッドレスト部分をグイっと内側に
曲げないと・・・・
なんでここだけ面倒なの?  って感じ(笑)

下方銃座の塗り分けは要工夫wwがんばれ!!

出来上がりは予想よりカッコ悪いけど、派手な
米海軍機なら見映えしそうだよね。

投稿: nananiya72 | 2018年1月14日 (日) 21時11分

ハヤテ様、今回は敵役もきっちり必要なので私が担当します(笑)
日本機は満を持し、腕を撫している人がたくさんいますので全く心配してないのです。

投稿: シロイルカ | 2018年1月15日 (月) 10時19分

nananiya72様、ご無沙汰しております。
本年もよろしくお願いいたします。
>米海軍機
CVL-30,San Jacinto所属機のトライカラーマーキングで行く予定です。(ネタバレ必至)

投稿: シロイルカ | 2018年1月15日 (月) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/66259789

この記事へのトラックバック一覧です: アベンジャーとぐらまんず(その2):

« アベンジャーとぐらまんず。 | トップページ | アベンジャーとぐらまんず(その3) »