« アベンジャーとぐらまんず(その2) | トップページ | アベンジャーとぐらまんず(その4)塗装開始 »

アベンジャーとぐらまんず(その3)

アベンジャー続いてます。

まずは機内を仕上げて具をすべて挟み込み士の字にしたいところですが、前回も触れました通り、ガンターレットは左右を貼り合わせる前に組み込んでおかないと後から嵌めるのが困難である、という事実がございます。

ううう、めんどくさい。

仕方ないのでクリアパーツのマスキングと切り出しを先行させます。

画像は撮り忘れましたが、取り急ぎクリアパーツのマスキングを終わらせ機内色、ネービーブルーの順に塗装して、ガンターレットの中身を仕上げます。

001

そこそこ精度はあるのですが、細密さ優先、組み立てに対する配慮があまり無いのでここは微調整が必要になります。

この機体のチャームポイント+一番のアイキャッチとなるパーツなのですが、同時にこのキットのネックでもありますね。

(文句は言いましたが、さすがにノーストレスとはいきませんでしたぐらいのニュアンスですね)

002

んで、なんだかんだ、どったんばったんした挙句すべての具を仕上げました。

ここまででもかなりやり遂げた感があります。

工作好きの私ではありますが、なかなかのハードルでありました(笑)

説明書を読みこむのが苦手なせいであちこち塗り忘れが発覚して、そのたびにエアブラシを引っぱり出して塗り直すというトラップに引っかかります。

(筆塗りにすればいいのでは?というご指摘は無用に願います。自覚してます。笑)

003

苦労のかいがあってデカい開口部からは具がよく見えるので苦労は充分報われます。

胴体の太さもあり操縦席まわりがゴージャスです。両ひじ掛けの付いたイスは日本の艦攻乗りも羨望なのではなどとしょうもないことを思ったり。

爆弾倉も大きくて豪華。とにかく何もかもが大きくてアメリカンでありますね。

それはともかく、これでやっと具を仕込んで胴体を閉じることが出来ます。

004

しかしこれはこれで塗装の段取りがいちだんとめんどくさくなった。

モチベーションの高いうちにどんどん進めておかないとです。

それではまた。

追記:マルボロマン様よりガンターレットは後から組み込み可能とのご指摘ありました。

取り急ぎ『後から嵌めるのが困難である』という部分に関しましては撤回いたします。

『老婆心により先に組み込むことにしました』と訂正(笑)

|

« アベンジャーとぐらまんず(その2) | トップページ | アベンジャーとぐらまんず(その4)塗装開始 »

模型」カテゴリの記事

模型製作記 TBF/M-1Cアベンジャー」カテゴリの記事

コメント

ガンターレット、後から入るんです

投稿: マルボロマン | 2018年1月15日 (月) 21時26分

あ、マルボロマン様、そうでしたか、何度か仮合わせしてみたのですが私的には開口部がターレット最大幅に対してクリアランスが無くてねじ込むと壊しそうなのであきらめました。
nananiya72師匠が切り飛ばしてねじ込んだって言ってたのもそういう意味でしたか(納得)
水性アクリルなのでねじ込んで塗膜を剥がすのも嫌だし今回はこのままいきます。

投稿: シロイルカ | 2018年1月16日 (火) 09時37分

こやつの球形銃座、スペリーのボールタレットに次いで好きなモノ。

投稿: apuro | 2018年1月24日 (水) 18時00分

apuro様、ターレットは男のロマンですな。スペリーはB-17のお腹のやつですね、メンフィス・ベルを思い出しますねぇ。あれ故障したらめっちゃ怖い。

投稿: シロイルカ | 2018年1月24日 (水) 23時12分

う~む・・・
コメントに窮しておりますが
構造を熟知していないとできない作業である事は
理解致しました(汗)
改めて敬服しております。

投稿: ラッキーユダヤ | 2018年1月25日 (木) 23時30分

ラッキー様、このキットの組説は結構文章が多いのですが読み込むと機体構造に理解が深まるタイプの組説です。
昔のハセガワの組説みたいな感じがします。
>コメントに窮して
私の常連さんは米英機に関しては適切なコメントが浮かんでこない傾向があります。
それは熟知(笑)

投稿: シロイルカ | 2018年1月26日 (金) 14時08分

大きな飛行機です やっぱりエンジンに余裕が、
ないと作れない機体でしょう。球形銃座も
良いアクセントになります 作りたいキットの
一つです。球形銃座を動くようにすると、
マスキングを十分しないと動かなくなるように
思われます。

投稿: あきみず | 2018年1月26日 (金) 14時11分

あきみず様、わたしもアベンジャーは昔から好きで、自衛隊の対潜哨戒型も作ってみたいキットの一つです。
1/72のターポンも持ってたりします(笑)

投稿: シロイルカ | 2018年1月27日 (土) 09時49分

ミッドウェーで零戦隊を囮となって低空へ引きつけ
全滅した機ですね。
あの米軍がそう言う作戦を使うなんて信じがたいですが
結果は言わずもがな・・・・・

にしても豪華なコクピット、工業力が違いますよね。

投稿: ハヤテ | 2018年1月28日 (日) 01時07分

ハヤテ様、米軍も全体最適のためには被害担当も厭わない伝統があるのでしょう。
でも70年台の映画「ミッドウェー」あたりでは米軍もなぜ勝利できたか解らない…と劇中でアメリカ海軍に言わせてたので、単にめぐり合わせの妙だったのかも。

投稿: シロイルカ | 2018年1月28日 (日) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/66281123

この記事へのトラックバック一覧です: アベンジャーとぐらまんず(その3):

« アベンジャーとぐらまんず(その2) | トップページ | アベンジャーとぐらまんず(その4)塗装開始 »