« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

アベンジャーとぐらまんず(その6)かんしぇーい!

TBF/M-1Cアベンジャー完成いたしました。

TBF/M-1C Avenger VT-51 ”Lt. (JG) George Bush” USS SAN JACINTO (CVL-30) 1944

機体マーキングは1944年USSサン・ジャシントのVT-51所属の機体、のちの第41代大統領G・ブッシュ中尉の乗機になります。

米海軍のトライカラースキームは下面がつや消しで上面がセミグロスシーブルーとインターミディエイトブルーということらしいです。

なので仕上げにホワイト以外の部分は半ツヤクリアーで仕上げておりますがこのあたりあんまり自信ない。

001

キットはアキュレイト・ミニチュア、うわさ通りの好キットでありまして、一部のパーツ組み立て指示があいまいで位置決めが難しいこと以外は、何の問題もありませんでした。

とはいえ、パーツ数が多いのと胴体の観測窓やガンターレットの塗装の段取りがなかなか面倒で鼻歌まじりとはいかないのも事実(笑)

002

今回デカールは一部のコーションレターとハミルトンペラのマークのみ、あとはマスキングと手書きで仕上げております。

結果的にマーキング部分のモールドがくっきりはっきりしてなかなか格好よくなりました(自画自賛かい!)

003

この機体当然アメリカ人にとっては超メジャーなのかと思いきや、ざっと見る限り(例えばJFKのPT-109とヒット件数を比べると)そうでもなさそうです。

アメリカ人でも一般ピーは大統領がWWⅡパイロットとは知っていても機種や所属にはあんまり興味ないということでしょうね。

このマーキングも同じ機体ながら細かい部分に違いのあるバージョンが何通りか見受けられます。

私のはハセ1/72キットの限定スペシャルマーキング版に準拠しています。

004


ところでこの機体見る角度によって印象の変わる面白い機体ですね。

精悍に見えたり、愛嬌があったりでなかなか魅力的であります。

005

胴体後半部、見所が集中しているのですが、塗装後の組み立てがめんどくさいので先にマスキングして塗装しました。

一部失敗してますがやり直しは効かない。

006

クリアパーツ、繊細な窓枠のためこちらは一部塗膜が足りず透けてしまっております。

ぐぬぬ。

ブッシュ中尉と”バーバラ”のレタリングがぐだぐだなのはご愛嬌と思ってください。

007

1/1的人間視点(アイレベル)、この角度で見ると艦載機らしいぶっとい足がチャームポイントであります。

しかしこの機体が護衛空母で運用できるのはスゴイですね。

カタパルトとUS.NAVY恐るべしであります。

それでは。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »