« Ju88G-6 Nachtjäger( その3) 塗装前のあれこれ | トップページ | Ju88G-6 Nachtjäger( その4) 完成! »

ヤマネコとぐらまんず(完成)

えー長期放置のタミヤ1/48F4F-4ワイルドキャット完成いたしました。

何時から放置していたのだろうと記事一覧をさかのぼってみると実に2014年7月28日以来でした・・・

我ながら唖然。

まあ、完成したから良しとしようね、これもSHSのおかげであります。

(二年続けてタミヤキット無しはさすがに主催のタミヤ様に失礼だろうという強迫観念もあったりする 笑)

Grumman F4F-4 Wildcat, VF-22 USS Independence, 1943

ええーっとツィッターでは1942年と書きこみましたが1943年という表示も発見、今回のテーマに沿うように1943年と表示しておくことにします。(1942~1943年のどこかでVF22はF6Fに機種改変されています)

私の中でのF4F-4は零戦のライバル。ガダルカナル上空で坂井三郎の駆る零戦21型とドッグファイトを演じるサザーランド少佐機のイメージであります。

小学生の頃に読んだ大空のサムライの講談社子供向けリライト版の挿絵が頭にこびりついております。

001

で、タミヤのF4F-4。現在の1/48シリーズの初期キットなので解像度が低いとの評価もありますが、凸リベットと凹リベットを場所によって使い分けたり、段差表現をきつめにカマシてあったりとモノグラムリスペクトを感じる内容です。

002

放置の間にデカールが劣化してレタッチを余儀なくされたので、ついでにキツめのウェザリングを施してみました。

003

溶剤分が飛んでほぼ顔料のみになったクレオス8番シルバーを凸リベット部分にドライブラシしてリベットラインを強調しております。

004


米海軍のトライカラースキームは前作のアベンジャーとは趣を変えて完全艶消し仕上げになってます。歴戦の機体風になってこれはこれでよいのではないかと思う。

005

エンジンパーツはちょっとショボかったのでプッシュロッド、プラグコートを作り直してますが、これはやらずもがな。

完成すると良く見えないというオチ

006

コックピット周辺の外板がいい感じにモールドされていてキツ目のウェザリングに映えると思います。このキットのチャームポイントですね。

というわけで足掛け4年を費やして無事完成いたしました。

教訓:アフターパーツの取り寄せはお早めに!!

|

« Ju88G-6 Nachtjäger( その3) 塗装前のあれこれ | トップページ | Ju88G-6 Nachtjäger( その4) 完成! »

模型」カテゴリの記事

模型-AIR」カテゴリの記事

模型製作記 F4F-4ワイルドキャット」カテゴリの記事

コメント

4年越しの完成ですか!
完成おめでとうございます。
ウチにもいったん整理しましたが長期熟成キットがまだ残っています。

リベットというか凹凸を利用された表現は上手いと思います。
微妙に3色迷彩風にされています?
タミヤのこのモールドの実験的な表現は好きですけどね~。
賛否両論あったようですね。

投稿: シミヤン | 2018年4月27日 (金) 23時48分

おっ!
いきなりの完成でありますね
しっかりリベット効かせて
シロイルカ様らしい上品な仕上がり\(^o^)/

市販キットとフルスクラッチの境界線が
分からなくなってきている私には美術的要素が
高い作品であります!(^^)!

投稿: ラッキーユダヤ | 2018年4月28日 (土) 21時16分

いい色ですね、こういう色合い好きです。


坂井氏や西沢氏がパイロットに情けをかけたのは
自己満足の「おごり」としか思えません。
その後彼等に何人の日本人が殺されたか?

投稿: ハヤテ | 2018年4月29日 (日) 00時01分

シミヤン様、このトライカラーはクレオス水性ホビーカラーのネイビーとミディアムブルーの瓶生だったと思います。もともとの明度にあんまり差がない上にドライブラシしたので境目が不明になったものと思われます。
偶然の産物ですね(笑)

投稿: シロイルカ | 2018年4月29日 (日) 08時44分

ラッキー様、>市販キットとフルスクラッチの境界線
非常にいい傾向だと思います。
キットに縛られない生き方ですね。
積んであるキットはどうするのか?という問いは華麗にスルーしましょう(笑)

投稿: シロイルカ | 2018年4月29日 (日) 08時47分

ハヤテ様、第二次世界大戦は総力戦でそれまでの戦争ではあまり問題にされなかった無差別爆撃や非対称戦闘が問題化する戦争だったのだと思います。
比べて単座機のパイロットは個人対個人の一騎打ちの感覚が強かったのでしょうね。
私は米軍側のセレモニーに栗林将軍の孫の新藤議員が参列するような話に感動してしまいます(我ながらチョロい)

投稿: シロイルカ | 2018年4月29日 (日) 08時55分

ペールなカラーとグラデーション!。
某酒井氏もけっこうエゲツないキルショットしてたらしいですね。 積極的にパイロットスナイプしてたとか、、。
まぁww1から普通なんですけどね。

投稿: apuro | 2018年5月 2日 (水) 18時09分

apuro様、このペール感はあいぽんのカメラの自動補正でありまして粗も隠せますが最近のプリクラみたいに少々盛りが入ります。
インスタ映えしそうな色補正です。
実際はもう少しコントラストはっきりしております。

投稿: シロイルカ | 2018年5月 2日 (水) 22時04分

三色塗装戦歴の機体になっていて
実感があります シロイルカさんのブログは
写真が、大きくなるのがいいです よくわかります
SHSに米海軍機が並ぶ予定なのですね
楽しみにしています

投稿: あきみず | 2018年5月 8日 (火) 14時51分

あきみず様、週末お会いできるのを楽しみにしております。
>写真が、大きくなるのがいいです
ココログのデフォルト仕様でフル画像が自動的に表示用サムネイルになってくれるので私は特に手間をかけてないんです。
たまに大画面のPC でフル画像表示になると粗が目立って一人で焦ってたりします(笑)

投稿: シロイルカ | 2018年5月 9日 (水) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/66653368

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマネコとぐらまんず(完成):

« Ju88G-6 Nachtjäger( その3) 塗装前のあれこれ | トップページ | Ju88G-6 Nachtjäger( その4) 完成! »