« 61式戦車(暫定一位) | トップページ | 61式戦車(その4)もう少し― »

61式戦車(その3)基本塗装

製作優先順位暫定一位の61式戦車です。

その後は他キットに浮気もせず専念しております(笑)

001

塗装前に手を入れた部分だけチェックのためにサフ吹き。

ダークグリーンの成型色よりディティールが浮き立って精密感が上がりテンションアップです。

000

1色目のダークアース。タミヤアクリルのフラットアース瓶生です。

陸自迷彩ははブラウンもグリーンも実物はグレー系といっていいぐらい彩度が低いのですが、基本塗装後にどうせウエザリングするのでまあこれでいいかという感じです。

002

2色目のグリーンはインストの指定通りにタミヤアクリルのフィールドグレーを使用しております(こちらも瓶生)。

予想通りスケールエフェクトも加わって実物より彩度が高い感じに仕上がりました。

003


やる気の失せないうちに細部の塗り分けまで進めてデカールを貼った状態。

自衛隊らしくなってまいりました。

この後は苦手科目のウエザリングになります。

今回のレシピ

空気の色、極薄ライトグレーをエアブラシ。

砂埃の色、これまたしゃぶしゃぶに薄めたフラットアースをエアブラシ。

ハイライトのためにエナメルのブラックでウォッシング、墨入れのあとタミヤアクリルのダークシーグレーでエッジ部分をドライブラシ。

泥汚れの表現としてエナメルシンナーで溶かした珪藻土を足回り中心に擦りつけてみました。

004


現在の状況・・・

いまいちな感じが否めませんがもう少し手を入れてみるつもりです。

自衛隊車両ってこまめにレタッチされているのでチッピングとかは目立たない印象なんですがどうしましょうかね。

もうちょっと試行錯誤してみますね。

|

« 61式戦車(暫定一位) | トップページ | 61式戦車(その4)もう少し― »

模型」カテゴリの記事

模型製作記 61式戦車」カテゴリの記事

コメント

4Bあたりの鉛筆ヤスってコナにして、
こすこすするとナゾのテカリが出るぞ。

投稿: apuro | 2018年7月18日 (水) 09時03分

apuroさま、それなんですけど日本の鉛筆はもうにゃまりが入ってない(安全基準のため)ので外国製の製図用えんぺつじゃないとダメって聞いた気がするんですが関係ないんでしょうか?
国産でいいなら子供が小学生時代に使ってた硬筆用6B(埼玉県特産)が確かあるはず。

投稿: シロイルカ | 2018年7月18日 (水) 10時51分

過去のハチキューでは三菱の6B使いました。

投稿: apuro | 2018年7月18日 (水) 15時22分

apuroさま、ぐぐってみたら鉛の件はガセですね。昔何かの本(模型誌?)で読んだ記事に書いてあったはずなんだけど、もしかして私の脳内妄想か(笑)

投稿: シロイルカ | 2018年7月18日 (水) 15時53分

黒鉛(グラファイトgraphite)のせいなんでしょうね

投稿: apuro | 2018年7月18日 (水) 16時48分

それだ!

投稿: シロイルカ | 2018年7月18日 (水) 21時51分

お邪魔致します。
陸自戦車(含車輌)は、見た目綺麗ですが、近くに寄ってみると結構剥がれや擦れがあります。
特に乗員の乗り降りが頻繁なところやキューポラハッチ周辺など。
下から金属色(シルバー)→オキサイドレッド→迷彩色な感じで・・・
ハッチ周りなどは輪島塗のような感じです。(笑)
シルバーは鉛筆こすりでいけると思います。
参考になれば、幸いです。

投稿: 日の丸航空隊 | 2018年7月20日 (金) 07時54分

日の丸航空隊さま、ありがとうございます。
そうか、プライマーの層もちゃんと見えるんですね。参考になります。
>輪島塗のような感じ
使い込んだお椀の感じでしょうか、イメージしやすいです(笑)

投稿: シロイルカ | 2018年7月20日 (金) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/66951361

この記事へのトラックバック一覧です: 61式戦車(その3)基本塗装:

« 61式戦車(暫定一位) | トップページ | 61式戦車(その4)もう少し― »