« 61式戦車(その4)もう少し― | トップページ | 芬空祭りI-153チャイカ(その1)塗装まで »

61式戦車(その5)かんしぇーい

61式戦車完成いたしました。

私の生まれ年に正式採用された戦後初の国産戦車ということで、子供の頃の私には戦車といえば日の丸を付けたこの61式戦車であります。(あとパットンもそうなんですがこちらはベトナム戦争のニュースとリンクした時事ネタ風味でした)

Japan GSDF Type 61 Tank (MBT)

おぢさんには説明不要かもしれませんが、キットは1970年発売のモーターライズ版オールドキットに一部追加パーツを加えて90年代にMMの新製品として再発売したものです。

基本プロポーションはとても良い、実際は最新のファインモールドの方が実写に忠実なはずですが、比べて見るとタミヤディフォルメが効いているのかタミヤ版の方が格好良く感じます。(個人の意見です)

まあ、キャタピラの裏側がつるつるのっぺらぼうだったり、小物ディティールが甘々だったりするのですが、なんちゃって陸モデラーのシロイルカ的にはこれでいいのだ。

本物と形の違うライトガードとか一体成型されてしまっていた灯火管制灯とサイレンなど気になった部分だけ手を入れて製作いたしました。

001

塗装はタミヤアクリル。タミヤのインストにしたがってフィールドグレーとフラットアースを基本色にしてパステルや珪藻土でウエザリング。

仕上げにダークシーグレー、タイヤブラック、バフなどを使用してドライブラシを施しています。

002


この二色迷彩にスモークディスチャージャー付きの頃はすでに主力戦車の座を74式に譲って実質的に二線級機材ではありましたが、格好良さ的にはまだまだ主役を張れていたと思っています。(個人の感想です)

003


実写に似せて手を入れたライトガード。確かアーマーモデリング誌でもなぜこんな複雑な取り回しにしたのか意味が解らない的に書かれておりました。

バトルダメージや走行中のアクシデントでフェンダーが脱落してもライトが外れないようにしたのかもしれないなとは思いますが、とりあえず何にでも一工夫を入れてしまう日本的職人魂を彷彿とさせるものもあります。

004


フィギュアは90年代の戦車兵の標準装備なんだとは思いますがあまり詳しくないのでインスト通りに塗装して仕上げております。

もう二・三人フィギュアを付けていただければシロイルカ的に満点を差し上げられるキットです。

弱点のキャタピラも気になる人はカステンの組み立て式を奢ればいいだけなので無問題でありますな。

005


というわけでベースも何も無しの完成品となりましたが、私的には非常に満足です。

やっぱり61式戦車は格好いい。

格好いい(大事なことなので二回言いました)

それでは!

|

« 61式戦車(その4)もう少し― | トップページ | 芬空祭りI-153チャイカ(その1)塗装まで »

模型」カテゴリの記事

コメント

完全完成おめでとうございます。
個人的に61式戦車はグリーン系OD1色なんですが
2色迷彩も良いですね。
(タミヤの箱絵も2色迷彩でしたっけ?箱は捨ててしまった・・・。)
あ、芬空祭エントリーしてきますた。

投稿: シミヤン | 2018年8月 1日 (水) 22時34分

シミヤン様、>グリーン系OD1色
解ります。OD単色迷彩に日の丸ですよねー。
その状態にするにはモーターライズシングル版仕様に先祖返りさせなくてはなりませんが、パーツは不要パーツとして揃っているから問題はデカールだけでしょうか?
(↑ファインモールドの61式を買えばいいのでは?)

投稿: シロイルカ | 2018年8月 2日 (木) 09時52分

完成おめでとうございます
怪獣映画で必ず登場する戦車ですね(笑)
アジが出ていますね~~\(^o^)/

投稿: ラッキーユダヤ | 2018年8月 2日 (木) 20時47分

ラッキー様、そうそう、怪獣映画は61式戦車がやられメカでしたよねー。
平成ガメラとかシンゴジラは自衛隊が格好良く描かれてますが、昭和の自衛隊(防衛軍?)はやられ専門だった感じ。

投稿: シロイルカ | 2018年8月 3日 (金) 09時29分

暑中お見舞い申し上げます。

戦車音痴の私にはよく解らないのですが、
当時はアメリカ製がお手本だったのでしょうか?
渋カッコイイであります。

投稿: ハヤテ | 2018年8月 3日 (金) 22時29分

以前ブログを始めた頃大村の駐屯地で片隅に追いやられ忘れられた状態の61式を触ったのが生まれて初めて戦車でした。
 幼少の頃から見慣れた車両だけに素晴らしく良く出来ましたね、また拘りの作品眺めさせて下さい、
SHSが終わって3か月、来年のお題は何にします??
AFVの会が終われば着手しようかと思っているので教えて下さいね、 それとあのウーフーは誰の下に行ったのでしょうか?

投稿: マック | 2018年8月 3日 (金) 23時59分

ハヤテ様、性能的なベンチマークはM48パットンや供与されていたM24だと思うんですが、旧軍戦車を作っていた三菱の影響も強いようです。(車内レイアウト、エンジン、排気管の取り回しなど。)技術的中断があったので完成時から性能的には一周遅れ感があったりします。

投稿: シロイルカ | 2018年8月 5日 (日) 07時20分

マック様、初めてみた戦車がこれでしたか。今回は自分でも日本戦車らしい雰囲気に仕上がったと思います。マック様の情景には及びもしませんがいつか頑張ってジオラマを作りたいです。
SHSのお題はまだ全然揉んでいませんが今回散漫になりすぎたきらいがあるので、アイテムを限定しないテーマがいいかなと思っています。
*ウーフーはお返しするつもりなので私の手元にあります。SHSからもう三ヶ月にもなるのに我ながら不精だと自覚しております。夏休みがあるのでそれまでにはご返送できると思います。

投稿: シロイルカ | 2018年8月 5日 (日) 07時32分

遅くなりました
61式戦車完成おめでとうございます。
怪獣映画に出てくる戦車が、そうなんですね。
フィギアの顔が、きれいで日本人にしか
見えません。 細部までのこだわりに感じが
アップします。

投稿: あきみず | 2018年8月 6日 (月) 17時18分

あきみず様、ありがとうございます。
フィギュアはタミヤの元の造形が良いのでしょう。私は輪郭をちょっといじっただけです。
機甲兵らしい精悍な面構えで塗装映えいたします。
『忙中閑あり』的なポーズですね。

投稿: シロイルカ | 2018年8月 7日 (火) 13時17分

暑いさなかにもしっかり完成乙です!
陸モノ面白そうですね~といいつつ、敷居の高い私(笑)
台風が来てますんで、今日はごゆるりと♪

投稿: SAIUN | 2018年8月 8日 (水) 19時17分

SAIUN様、乙ありです~。
台風のたびに涼しくなって一息つけるというなんだかな~なこの頃ですね。いつもなら暑気払いを挙行するところですが今年はいろいろありましたねえ。
あ、初孫おめです。存分に甘やかしてください(笑)

投稿: シロイルカ | 2018年8月 9日 (木) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/67010102

この記事へのトラックバック一覧です: 61式戦車(その5)かんしぇーい:

« 61式戦車(その4)もう少し― | トップページ | 芬空祭りI-153チャイカ(その1)塗装まで »