« 芬空祭りI-153チャイカ(その2)塗装かんりやう | トップページ

芬空祭りI-153チャイカ(その3)すべり込み完成!

ポリカルポフI-153 “フィンランド空軍”完成いたしました。

キットはハセガワ版ICM、手持ちデカールはありませんでしたので、手描き&マスキングで済ませました。

マーキングのアホニウス大尉機はハセガワからズバリのデカール替えキットが出ておりますので良い子の皆様はそちらをご入手ください。

Polikarpov I-153, pilot Capt. P. E. Ahonius, 1942. Finnish Air Force

001


なぜこの機体にしたかというと、数字の6さえなんとかすればあとは割りと簡単に再現できそうなマーキングだったからという身も蓋もない理由になります。

一応本人の経歴をぐぐるさんに調べてもらいました。機体は冬戦争の時期のものでキルマークはソ連の哨戒艇(モーターボート)を撃破したものであるようです。

002


リギングは今回0.2mm真鍮線、細さは良いのですがギター弦と違い油断するとすぐ曲がるため慎重な取り扱いが必要になります。

過去にはポリエステル糸も試してみましたがすべて一長一短、なかなかベストな素材が見つかりませんな。

003


前回記事やコメントのレスにも書きましたが、I-16と並行してI-15bisに改良を加えるリソースの無駄遣いに大戦間の試行錯誤を感じますね。このあたりは帝国陸海軍も同じなのでさもありなんといったところです。

004


今回はツイッターのフィン空祭りに参加(特にエントリーするわけではないですが)というわけで9月末というデッドエンドがあったため蜜柑にならずにすみました。

005

やっぱりWEB祭りは未完成病に効果ありますね(個人の感想です)。

006


コメントでも頂きましたがいかにもフィンランド空軍らしいマーキングがこの寸詰まりの機体に似合います。とても鹵獲機とは思えない(笑)

007

というわけでひさびさの完成品をモノしてご機嫌のシロイルカでした。

|

« 芬空祭りI-153チャイカ(その2)塗装かんりやう | トップページ

模型」カテゴリの記事

模型-AIR」カテゴリの記事

模型製作記 I-153チャイカ」カテゴリの記事

コメント

完成おめとうございます。
手書き(塗装)マーキングとは素晴らしい!

私は今、不良品在庫一掃処分中なので、塗装
で出来そうな日の丸までデカールに逃げてお
ります(汗)

次は何をやるんですか、楽しみです。

投稿: majirisan1954 | 2018年10月 4日 (木) 15時17分

まじり様、ありがとうございます。
最近忙しくてモチベーション低下気味なのですが、お愛想でも次作を聞いていただけるだけで少し上がります(笑)
何か蛇の目アイテムを作りたい気分なのですが、シミヤン様が仰る通り鬼畜機を作っても妨害電波が来なくなったので物足りなく、寂しい感じですな。

投稿: シロイルカ | 2018年10月 5日 (金) 12時02分

妨害電波、リクエストでしたら何時でも送ります(笑)

カッコいい! 完成おめでとうございます。

投稿: ハヤテ | 2018年10月 9日 (火) 23時33分

ハヤテさま、ありがとうございます。
妨害電波は名物でしたので最初に洗礼を受けたときは一人前になったような気がしました(笑)
というわけで次も複葉の鬼畜機にしようと思います。

投稿: シロイルカ | 2018年10月10日 (水) 10時47分

I-153 完成おめでとうございます
フィン空のパイロットは、どこの国の機体も
自由に操って戦果を挙げていたのですね
捕獲機で活躍するなんて、考えられません
かっこいいです。

投稿: あきみず | 2018年10月12日 (金) 21時46分

あきみず様、鹵獲機以外でも各国から調達した各種飛行機を普通に運用してますよね。優秀なテストパイロットとマニュアル作成上手なエンジニアがいたんでしょうかね?弱小国ゆえの特殊スキル。

投稿: シロイルカ | 2018年10月13日 (土) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502183/67228739

この記事へのトラックバック一覧です: 芬空祭りI-153チャイカ(その3)すべり込み完成!:

« 芬空祭りI-153チャイカ(その2)塗装かんりやう | トップページ