模型-AIR

Hawker Fury biplane(その5)完成!

ホーカー・フューリー完成です。

前記事以降アンテナ柱をたててアンテナ線を取り回し、方向舵にマスバランスを取り付け、最後に細部塗装&タッチアップを施してます。

2月の頭に2個目の完成なんて何年ぶりだろうか(*゚▽゚)ノ

完成癖が付くのは非常に喜ばしいであります。

Hawker Fury MkI K1930 "Fighting Cocks" , No. 43 Sqn., RAF Henlow

この機体につきましてはほとんど予備知識なし。

ブリストル・ブルドッグと同様に典型的な大戦間機であるという認識しかありませんでした。

このマーキングの43Sqnは1931年にホーカー・フューリーを初受領したとありますので、日本でいうと九○式艦上戦闘機や陸軍の九一式戦闘機の時代でありますね。

001

そういえば液冷の複葉機って作るの初めてだったかも。

設計はシドニー・カム、エンジンはRRケストレル、主翼と胴体後部は羽布張りということで、そこはかとなくハリケーン臭も漂いますね。

0002

実際側面形ほぼハリケーンだし(笑)

002

知識がない分、細部にこだわらず完成を最優先したのが良かったようです(笑)

ただ、主翼上下ともに表面処理が独特でそのまま作るには抵抗を感じたので伸ばしランナーとサフェーサーで手を入れました。

003

キャノピーは無く申し訳程度の風防が付いているだけなので、付属のパイロットに搭乗していただきました。

風防も厚さと透明度がイマイチだったのでお惣菜パックの蓋で作り直してあります。

004

塗装が塗装なので少々のアラも目立たなくなるのは幸いであります。

実際、上翼取り付け部を汚したり翼間支柱を折ったりなどの複葉機につきもののトラブルは一通り実施してあります(笑)

005

張線は今回ポリエステルのミシン糸を使用、金属線より細いので、実写機体の画像イメージに近い気がします。

ところで、この製作ですっかり大戦間機の魅力にはまってしまい、勢いでオクでグラジエーターをポチってしまいました(笑)

まあ、グラジエーターは大戦間機というには微妙ですけど・・・

何とかこのまま春まで量産体制を維持したいなあ。

それではまたノシ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

冬のナナニイ爆撃機祭りHe111(その4)完成!

完成しました♪

私としては驚異的な速さであります。正月早々縁起がいいですな(笑)

やはり祭りに参加するのが未完成病予備軍には良いようであります。

(個人の感想です 笑)

Heinkel He111H-6 Kampfgeschwader 26 "Löwengeschwader"

冬のナナニイ爆撃機祭りに参加したイタレリ1/72He111であります。

ハセガワでも最新のエアフィックスでもなくイタレリであります。

というのもこのキット、入手元は合宿ビンゴでありまして、

入手後一度手放したにもかかわらずまた私の手元に戻ってきたといういわくつき(笑)

この機会に成仏させた次第です。

001

サイドビュー。キットは古いですが、小物の造形はそこそこの出来でありまして、新しいキットに負けないぐらいの精密感はあります。

尚今回はほぼストレートフロムボックス。鉛板でシートベルト、キット取説の指示に従い伸ばしランナーで一部ディティールを追加しただけであります。

002


凸スジ彫りですが、凹スジに彫り直したりせずにそのまま仕上げています。

スポット明細の飛沫をコンパウンドで落とした時に筋彫り部分が露出して成型色が見えてきましたが、墨入れと同じような効果があるためそのままにしてあります。

003

ところでドイツ爆撃機恒例のグラスノーズ。

なぜドイツ空軍がこんなにグラスノーズにこだわったのか知らないのですが、操縦者の心理的安心感に関しては通常の操縦席のほうがあると思うのですがどうなのでしょう?

銀河の偵察員席と同じで不時着敢行するときにはかなりの心理的負担になりそうです。

(婉曲表現)

004

この機体はKG26の所属、バルト海から地中海に移動後の塗装になります。

昼間の強行爆撃任務をお役御免になって地中海で連合国のコンボイを狙って通商破壊に従事した時期の機体のようです。

任務に合わせて魚雷を抱かせても良かったのですが、祭りの趣旨にのっとりまして爆装にしてあります。

005

なんというかとても見栄えのする塗装ですね。

ちなみに"Löwengeschwader" は日本語訳するとライオン飛行隊ですね。

ああ、楽しかった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

F-16B(その6)かんしぇーい

F-16B Fighting Falcon "Flight Test Center"

完成です。

F-16に関しましては私のようなシロートが云々しなくても、画像や解説が山のように見られますので、ここはFlight Test Centerについて。

エドワーズAFBと付属の施設からなる軍人、軍属13,000人を擁する米空軍で二番目に大きなABということであります。

フライトテストセンターは1951の設立で初期の仕事はセンチュリーシリーズの性能評価等になっています。そしてその幹部テストパイロットたちが初期のアストロノーツの要員となる以下略。

1960年台のガキんちょにとっては胸躍るストーリーでありますね。

001


キットはちょっと古いハセガワキットなので一部部品精度に難があります。

特にキャノピー閉にすると後ろ側に段差が生じるので、ここは胴体パーツ側にシムを嚙ますと良かったかな。(*キャノピー側の変形の可能性もありますがキットの修正としてはという意味です)でも、一言でいうと仮組み不足(笑)

002

複座スキーなのでこの頭でっかちな感じが何とも言えずセクシーに感じます。

無理やり感があるのがたまりませんです(笑)

003


しかし初飛行が1974年、私が中学生になった頃ですから、その息の長さはすごいものですね。

004

そういえば今回から撮影に背景用紙を使用しております。

専用のものは高くて手が出ないので、百均のクレープ包装紙(パープル)を裏返して使っています。

なかなかにいい感じではないでしょうか?とりあえずコストパフォーマンスは最高ですな(笑)

ちなみに最近カメラはIphone4Sの付属カメラです。デジカメより扱いやすく見栄えも良いので重宝しております。

005

このキット唯一の弱点はメリハリに欠ける排気ノズルでしょうか?別売りパーツに交換するのもありですが、今回はPカッターで彫りを深くして塗装でごまかしてあります。

006

バブルキャノピーからは中もよく見えます。思ったより暗い仕上がりになってメリハリに欠ける出来になりました。もうちょっと明るい色で塗装すべきでした。

今回はグロス塗装に失敗しましたので、シロイルカ秘蔵の秘密兵器万能ワックスリンレイオールで艶出しをしております(笑)

007

ほぼ素組みの仕上げですが、脚庫内だけはいっぱい資料があったので手を入れてみました。

ごちゃごちゃ感が演出出来たので良しといたします。

しかしそれにしても完成まで3か月はかかり過ぎですね・・・

何とかせねば・・・ねば。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

銀河(その-8)完成!

銀河完成です。

合宿で完成させた銀河ですが、記事のタグ付けの関係というまったく皆様にはどうでもいい理由で別エントリにしております。

決してじらしプレイとかではありませんのでご容赦ください(笑)

持ち帰ってからアンテナ線だけ施して完成です。

Kugisho P1Y1 Ginga ”Frances”Type11

もとは空技廠が開発した急降下爆撃も出来る陸上攻撃機というコンセプトモデルです。

量産を考慮した設計ではなかったので、生産に当たって中島飛行機が血涙をながすことになりました。

001

でもまあ、なんといっても格好良い、格好良いのは正義でありまして、これといった戦果が無いのも、故障がちで乾坤一擲の作戦で脱落機が多数出てしまうのも『まあ、しょうがないね。』で許せてしまうのです。

002

特に斜め45度ぐらい後方からの姿が細い胴体と長い主翼が強調されて好きです。

女子バレーボールの選手みたいな感じ(伝わるかな?)

003

欲張った設計の機体にありがちな、トラブル続きで活躍の機会が得られない感じも不憫さが強調されてよかったりして。

004_2

キットは1/72ということを考えると充分な出来ではありますが、ディティールに関しては少々寂しい感じが否めません。

1/48で気合の入った出来のキットが欲しいところです。

005

今回は日本機らしくリベットラインに沿って塗装の剥離した状態を再現したくて、フルリベット&銀剥がしを施しております。

単調にならず、かといってやりすぎないよう程よい塩梅に施すのに結構苦労しました。

006

最終的に満足という出来には至りませんでした。習作ということで次回の糧にしたいと思います。

007

というわけで、長々とお付き合いありがとうございました。

次回は合宿ビンゴキットのご紹介でも・・・

(まだ合宿ネタで引っ張るのか)

**********************

追記

これにて作左様よりの爆撃キット二個目完成であります。

忘れた頃に三個目を・・・

| | コメント (9) | トラックバック (0)

MiG-15ファゴット(その6)完成♪

Mikoyan-Gurevich MiG-15 ”Fagot”
久々の完成品披露です♪
MiG-15といえば言わずと知れた第一世代の後退翼ジェット、朝鮮半島上空でF-86と死闘を繰り広げた機体であります。
ドイツからパチッた技術資料とイギリスから供与されたロールスロイス・ニーンをパチッたクリーモフVK-1のおかげで開発できた機体でありますね。
001

上画像でもわかる通り、後退翼の主翼に操縦ユニットと機銃ユニットと、エンジンをセットしただけ(に見える)のシンプルさ・・・何度も書きましたが、後部胴体がないとエンジン付きブーメランであります。

欠陥の一つが高速機動中に突然、スピンに陥るということらしいので、やっぱりね。という感じです。
フラットスピンに入ったら抜けられない感じ(あくまでも感じです)がありますね。
002

キットに関しましては前記事にいっぱい書いてしまいましたので、書かなかったことを中心に感想を・・・
003

え~っと、まあ、前記事に書いたクリアパーツの件以外はなんも問題ありませんね(笑)
詳細画像がいっぱいWEB上にありますので、少々あっさり気味のコクピ内を自分の気のすむまでディティールアップしてあとはサクッと形にするのが吉だと思います。
004


Wikiを見ると延15,000機以上が生産されて、ソ連と衛星国で使用されたとあります。
でもコンパクト過ぎて電子機器を載せるペイロードがないのが、やはりネックでしょうかね?
005

とりあえず久々の完成品を披露することができて私的には一安心。
006_2

今回はリベットを打ちましたが、レトロジェットにリベットは思いのほか似合うので、そのうちまたレトロジェットのフルリベットをやってみたいとおもいます。
(↑リベット打ち苦行で何度も中断したことは都合よく忘れている)
007

次は何を作ろうかしらん?などと今は考えているのですが、途中放棄の仕掛品が山のようにあるのでそっちが先じゃないの?という心の声もあります(笑)
まあ、この時間が一番楽しいんですけどね。
と、ご機嫌なまま本日は失礼いたします。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

一人F-5祭り F-5G(F-20)完成

F-20完成しました(笑)

製作過程をすっ飛ばしていきなり完成ですが、塗装以外はやはり似たような過程が多いので、1記事つぶすほどの情報量がないんですよね(笑)

001

コックピットはHUDに更新されておりますが、イメージはそれまでの照準器をちょっと大きくしたような感じなんですよね。

とにかくも完成、完成。

*********************

F-20 Tigershark 'Prototype No.2'

さて、一人F-5祭りの掉尾を飾るF-20(F-5G)であります。

本国はもとよりどこの国にも実戦配備されず唯一非公式に実戦に供されたされたのがアスラン王国政府軍のみ(笑)という(以下略)

真面目に話しますとF-5Eの発展型として採用見込みの一番高かった台湾が大人の事情(米国側の対中配慮による自粛)で不採用。

自主開発で完成にこぎつけたもののF-16の同盟国への輸出が開放されたこともあり。既存のF-5ユーザーの機体更新需要も当てが外れてしまったようです。

各国とも多少の価格的メリットよりも既に配備が進んでリスクの少ないF-16を選んだそうな・・・不憫であります(笑)

そしてこの試作二号機は1985年5月12日のカナダでのデモフライトで失われたそうであります。

ますますもって不憫・・・

002


外見上の一番の違いはJ-85ターボジェットエンジンの双発からF404ターボファンエンジン単発に変わったところ。

アビオニクスも全面的に更新、計器板にはHUDを採用など中身も奢られて性能的にはF-5Eとは一線を画してるんですよね。

003


見るからに高性能機という外見で格好いいのも確かですが、日本での知名度は何故か群を抜いております(笑)

風間真恐るべし・・・

004

これもまた凸モールドの古のハセモノ版ですが、雰囲気は抜群、特にパイロットシートやコクピットの造形は古さを感じさせない素晴らしいものであります。

007


タイガーシャークとの命名の基となる特徴的なシャークノーズ・・・日本ならば『カモノハシ』の二つ名を頂戴することは必定(笑)

006

デモ用のプロトタイプ機ということで汚しも控えめ、塗装も地味なのでちょっとのっぺりしてしまいますね。

005

これをもって一人F-5祭りも無事終了、皆様お付き合いありがとうございました。

次は何を作ろうかしら・・・とあれこれ考えるこの時間が一番幸せ。

008


と、のんびりしてたら合宿のお題が全然進んでなかった(汗)

ノルマンジー・・・どうすべ。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

一人F-5祭り F-5E完成

佳境に入ってきました一人F-5祭りです(笑)

相変わらず低めのモチベーションですが、普段よりきつめのウェザリングを施して細部の仕上げ塗装をやっつけ、最後にキャノピーを取り付け無事完成となりました。

Northrop F-5E R.O.C. (Taiwan) Air Force "中正号戦闘機"

台湾空軍のF-5E『中正号戦闘機』完成です。

001

今回もノースロップ純正品(笑)ではなくライセンス生産(ノックダウン)のF-5となります。

WEB上で調べてみたところ台湾での生産は当初(ブロック1)は部品調達率9%でノックダウン生産に近いものであったが、最終(ブロック6)的には47%の部品が台湾で生産されるようになったとのことらしいです。

因みにこの『中正号』の中正とは蒋介石大統領のことを指すそうであります、ふ~む。

002

大昔のイタレリ(エッシー)1/48ですが、組み立ててみると凸モールドとリベットが思いのほか格好良く、精密感もそこそこあります。

中古キット屋さんで見かけたら買うが吉だと思います(笑)

003

ベトナム迷彩風の三色迷彩は、ちょっと実機と色のイメージが離れてしまいましたが、笑ってお許しください・・・

WEB上の画像で見る限り、実機はもう少し赤っぽい茶色でほぼベトナム迷彩と同じ感じに見えます。

004

F-5Aに比べると大型化したインテイクとボリュームアップした機首がなかなか力強くていい感じであります。

発展の過程が目で確認できるのが一人祭りの良いところ(笑)

005

現在は偵察型に改造された一部の機体を除き退役、一部はデコイ(!)として基地に配置されているらしいです。

なんともったいないデコイ(笑)

006


青天白日マークに漢字のマーキングが映えてなかなかエキゾチック(西欧目線 笑)でありますね~

007


中央翼部分も増積されてストレーキっぽくなってますがF-20に比べると控えめであります。

008


とF-20の話題に強引に持ち込んで、本日はこれにておしまい。

お後がよろしいようで(デンデン)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

F-5Aフリーダムファイター(その4)-完成~♪

皆様、改めまして新年おめでとうございます。

昨年後半は更新も滞りがちで失礼いたしました。

この年末年始は私も9連休というお休みを満喫いたしまして心身ともにリフレッシュいたしました(笑)

おかげさまで久々の完成品をご披露できることとなりました。われながら良かった良かった(笑)

F-5A(SF-5A) Freedom Fighter Spanish Air force Ala Tactica 21

宿題キットやっと完成しました。

マーキングの解説にSF-5Aとあるので、この塗装の機体はスペインでライセンス生産(ノックダウン?)されたF-5Aのようです。

本国生産とは細かい差異とかはあるはずですが、まったくリサーチしておりませんので気にしない方向でお願いいたします(笑)

003

キットはイタレリ箱のテスター(ホーク?)版、ぐぐってもよくわからないのですが元は相当古いキットのようです。

コクピ内はスクラッチ、足回りをモノグラムF-20のパーツに換装してなんとか今風にアップデートいたしました。

004

プロポーションはどこから見てもフリーダムファイターにしか見えないので私的には何の問題もありません(笑)

006

このF-5という飛行機は開発経緯が軽空母用戦闘機と高等練習機というニッチな用途だったようですが、主に運用コストと廉価である点、技術流出の懸念が無い点などが幸いして世界中の西側諸国に供与、ライセンスされることになります。

このあたり経緯は違っても大戦間のP-36に似ているなあと、P-36好きの私には何か親近感を感じます。

007

そういえば小学生の頃初めて作ったジェット機はたしかハセ1/72のF-5AかT-38だったかな。

そういう意味でも70年代の子供達にはなじみの深い機体だったと思います。

008

エリアルールを採用したメリハリの効いた小型のボディはまさにトランジスタグラマー(←死語だろw)。

操縦性のよさが外見からも伝わってきます(本当にわかるのかお前に)。

兄弟のT-38が今でも現役なのがよくわかる気がしますわ。

010

尾翼ラダーには白地に黒の×印、これはスペイン内戦時のナショナリスト軍の標識と同じ?。

組説によるとフランコ政権時代(1972年となってます)のマーキングなので大戦後も伝統的に使い続けていたのかな。

009

などと思いつくままに脈絡無く書き綴ってしまいました。

ほとんど想像の域を出ないので適当に聞き流してください(笑)

さて、久々に完成して気分も上がったところで次はF-5Eいってみよう。

一人F-5祭り絶賛開催中(笑)



| | コメント (21) | トラックバック (0)

百式司偵Ⅲ型 乙+丙(その8)完成

はい、シロイルカは大丈夫です!

冗談はさておきご無沙汰いたしまして申し訳ありませんでした。

理由はいくつかあるのですが一口で言うと『なんか調子悪い・・・(笑)』

アンテナ線を張って、排気汚れを入れれば完成だな・・・と思っていた司偵を合宿の帰りに搭乗した鉄火巻号に置き忘れたのが運の尽き。

鉄火ちゃんにお願いして保護してもらい翌週回収に行ったのですがもはやモチベーションが最低レベルまでダウンしておりました(笑)

先週末になってやっと仕上げる気になりましてごそごそと・・・

*****************************

Mitsubishi Ki-46-III Otsu/Hei (Defense interceptor)

キ46-III乙+丙完成です。

前々から暗褐色に白帯の司偵を作りたかったので、今回のお題『帝都防空戦』で真っ先に思い浮かんだこの機体を作りました。

作りながらこんな防弾が全然考慮されてない後部座席に同乗したら命がいくつあっても足りないなぁ・・・などと思ってたのですが、よく考えてみたらこれはほぼ全日本軍の防空戦闘機に共通だったorz

ちゃんとアーマー付けたら同高度に上がれないんだもんなぁ。

Imgp0024

もともと偵察機とはいえ大戦末期の実用機ではピカイチの高空性能を持つ司偵を防空戦闘機に改造というのは当然の帰結ではありますね。

Imgp0027


このキット非常にかっちり組みあがる好キットなんですが、表面の仕上げが非常に淡泊なのでそのままでは間延びすると思いリベットを打ってあります。

Imgp0028

仕上げに銀剥がしをしようと思ってリベット打った時のめくれをあえてそのままにしておいたんですが、遠目で見ると塩梅いいんですが近くで見たときにちょっとうるさいことに気付きました。

次からは普通にペーパーで均しませう(反省点)

Imgp0029

デカールが死にかかっていたのでマーキングはすべて吹付で仕上げました。

直線と丸だけなのでそんなに大変ではなかった(笑)

Imgp0034

なんか上から全体を俯瞰して写すといまいち司偵の美しさが出ないなあと思ったので同スケールの人間目線の画像が多くなってしまった。

Imgp0037

第一風防の合いが少しだけ悪かったのでパテを使ったんですがクローズアップにすると仕上げの雑さが目立つなぁ。

ここは飛行機の顔だからこれじゃあかんね。

Imgp0044

俯瞰で一枚、なんか全体を入れようとすると格好悪くなるんですよね。

(レンズの特性(収差)が関係してるんでしょうかね)

というわけでいまさらですが完成のお披露目でした。

それではまたノシ












| | コメント (23) | トラックバック (0)

長っ鼻ドーラ (その7)-完成しました。

Focke Wulf Fw190D-9"Rote 13"JV44 Galland Circus

長っ鼻ドーラ完成!恥ずかしながら今年初めての完成品です。

JV44の『赤の13』、キットは古いものですが、ちょっと迷ったのが塗装指示・・・

ネット上の作品を見る限りRLM76の部分の多い普通の迷彩仕上げが多いんですが、このキットの塗装指示はRLM76の部分が少なめで上面がかなり暗い配色になってます。

その方が見た目も面白いし実機画像を見る限り暗めに見えるのでこういう考証もありかなと思い、ハセガワの塗装指示に準拠しています。

001

特徴的な赤腹・・・こんなヤモリがいましたよね確か(笑)

002

『赤の13』は クラウス・ファーバー中尉搭乗機 となっています。

JV44は騎士鉄十字章の受章者が大半を占めていたって・・・どういう部隊だ(笑)

ちなみにWIKIによるとハルトマンにも声をかけたがメンバーが自分より上級者ばかりであるため僚機に回らなければいけないことを理由に拒否(笑)

003

操縦席周り、この機体のキャノピーはガーランドハウベではない普通のタイプになっています。

最初騙されて(いや思い込みで)途中までガーランドハウベで製作してました。

(マスキング済みのキャノピーパーツが残った 笑)

004

斜め後ろから・・・ほとんどの機体はこの角度から見ると格好いいのですが、Fw190と零戦は特にこの角度が美しいと思います。

(はい勝手な思い込みです)

007

デカールの 白色部分は黄ばんでいたので白でタッチアップしました。

バルケンクロイツはデカール放棄で塗装で再現してあります。

008

この機体の任務、Me262の離着陸直援というのが裏方なのかちょっと判断が付きかねますが、Me262を優先的に受領したエリート戦闘機部隊ということを考えると花形配置とは言い難いのでしょうかね。

でも塗装も格好いいし 模型としては非常に魅力的なアイテムです。

070

古いしエッチングパーツが硬くて加工しにくく手間のかかるキットではありますが、完成してしまえばさすがの元トライマスター金型でとても格好いい。

というわけで非常に気をよくして本日はおしまい。

次回以降、通常営業目指して頑張りますので皆様よろしく~。

 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ギャンブル | コルセアきゃんぺーんF4U-5N製作記 | 一人F-5祭り | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 昭和の自衛隊 | 模型 | 模型-AIR | 模型完成品 ブリュースターF2Aバッファロー | 模型完成品 三菱F1 | 模型完成品 SASジープ | 模型製作記 74式戦車 | 模型製作記 A-6Eイントルーダー | 模型製作記 Ar196 A-3 | 模型製作記 Bf-109D | 模型製作記 E2-Cホークアイ | 模型製作記 F-104スターファイター | 模型製作記 F-16B | 模型製作記 Fi156シュトルヒ | 模型製作記 Fw190D-9 | 模型製作記 Fw190A-4 | 模型製作記 German field kitchen | 模型製作記 HAWK75 | 模型製作記 Hawker Fury | 模型製作記 He219A7ウーフー | 模型製作記 I-15bis | 模型製作記 M4A3E2ジャンボ | 模型製作記 Me262 A2a | 模型製作記 MiG-15 | 模型製作記 MIG-3 | 模型製作記 P-63キングコブラ | 模型製作記 P2V7ネプチューン | 模型製作記 Spitfire FR.Mk.XIVe | 模型製作記 T-34/76mod1942 | 模型製作記 キングフィッシャー | 模型製作記 シャーマンVCファイアフライ | 模型製作記 ベネトンフォードB188 | 模型製作記 マッキMc202 | 模型製作記 ヴィルベルヴィント | 模型製作記 一式砲戦車 | 模型製作記 一式陸攻 | 模型製作記 九九双軽 | 模型製作記 九八水偵 | 模型製作記 九六艦戦 | 模型製作記 九四式1号水偵 | 模型製作記 二式水戦 | 模型製作記 加古 | 模型製作記 四式戦(キ84) | 模型製作記 夕雲 | 模型製作記 天龍 | 模型製作記 妙高 | 模型製作記 新明和PS-1 | 模型製作記 朝潮 | 模型製作記 松 | 模型製作記 浜風 | 模型製作記 百式司偵Ⅲ型乙+丙 | 模型製作記 睦月型 | 模型製作記 矢矧 | 模型製作記 秋雲 | 模型製作記 赤城 | 模型製作記 那珂 | 模型製作記 銀河 | 模型製作記 零戦21型 童友社 | 模型製作記 高雄 | 模型製作記 バンダイ1/24零戦52型丙 | 模型-AFV・ソフトスキン | 趣味 | 音楽