模型製作記 矢矧

矢矧1945(その7)-完成-

IJN Light Cruiser Yahagi `Operation Tenichigo`

P-63はお休み;

え~と『矢矧1945』完成です^^

艦載機に関してブログにて観測気球を揚げましたところ、らびQ様とシミソ様より艦載機は定数載せてあったとの情報をいただきました、改めてお礼申し上げます、詳しい情報をお知りになりたい方はシミソ様の記事をご覧になってください。

というわけで零式水偵を2機1/72を参考に塗装いたします。

Photo

1/72は大和搭載機(212-03)-ハセガワの限定デカールのやつです^^

シミソ様の情報をもとに1945年4月7日早朝、一機目の水偵を対潜警戒に射出する直前をイメージいたしました、軍艦旗は戦闘準備下令後として後部マストへ掲げております。

Photo_2

ジョーワールドのエッチングはすべてを使い切ることは出来ませんでした。

あと1年以上を掛けて製作したので最初に手を入れた部分と最後に手を入れた部分がアンバランスです、今となっては恥ずかしい部分も・・・

1

次の船物は作りかけの高雄か赤城を完成させましょうか・・・フジミの大和(終焉時)も持ってたりするんですが^^始めると前2隻が工作放棄に・・・

しかし改めて見ると、本当に阿賀野型は艤装に無理のないバランスが取れた艦容ですね^^

2

3

何とか年内に完成しました・・・

4

次はP-63の続きを(汗;)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

矢矧(6)-作りながら壊す

12月8日も過ぎました、普通の世間ではジョンの曲が良くかかる日程度の認識なんでせうが模型の世界の住人にはインパクトのある日であります。

当然ながら日本の来し方に思いを馳せて旧軍アイテムを製作されている方が多いですな。

というわけで影響されやすい私も矢矧の続きをしております。

前回紛失した方探のパーツは全部手作りで行きます・・・ループ部分の材料はギターのラウンド弦をほどいた極細金属線です。



Photo_3 

13号電探はP社の装備セットより、増設機銃はフジミの妙高に付いていたエッチングの機銃にしました。

配置に付いては佐藤和正氏の『巡洋艦入門』の図面を参考にしました。

Photo_4

悲しいことに最後の最後に来てヒケを見つけたり、汚くなったところを修正していたらあちこちの部品が外れて壊れてきました(泣)

まさに『作りながら壊れていく』であります。

萎え萎えになりながらも、タッチアップと艦載艇&艦載機の塗装を残すまでになりました。

2











なんとか、次回は完成させて軍艦旗を揚げた状態でお見せしたいものです。

最後の一枚、有名な公試の写真と同じアングルで撮ってみました^^

3







新造時の仕様じゃないですけど(^^;)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

矢矧(5)-細部艤装

矢矧・・・細々と続いております。

ジョーワールドのEPを組立、塗装、組み付けしております・・・手間がかかるのですが、手を入れただけの効果は歴然ですね。

しかしエッチングの手すりがよれよれになってきて廃艦のようになってきました(^^;)

1

こうなるとWLのリニューアルパーツをそのまま使ってしまった三連装機銃が今頃になって気になってしまう・・・でもこの仕上がりに合わせるためには最終的に武装もEPにしなくてはいけなくなってしまう気が・・・玉突き的に工作が増えて工期と予算が膨らんでしまいます。むやみに時間を開けてはいけないですな~

2

ところで最終時の矢矧は艦載機を定数積んでいったのでしょうか?とりあえず予備フロート台にフロートを積んでいったとは思えないんですが、どうなんでしょう。

3

あとは単装機銃です・・・艦載艇を降ろした後の増設機銃は再現するつもりですが、そうすると他の単装機銃もすべて再現するのか?目立つとこだけにして間引くのか?

学研の帝国海軍艦艇模型集を眺めながら構想を練ります。

4

考証のゆるい私もけっこう悩みは尽きません・・・駆逐艦だとあまり悩まないんですよね~どうしてだろ?

Photo

しかしこの姿は優美です。

5

軽巡の正常進化型ですね^^

6

大淀も作りたいっすね・・・フジミだけど(笑)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

矢矧(4)-サーチライト加工

久しぶりに矢矧を進めます。

この矢矧実は艦船復帰の第2弾だったのですが、エッチングに慣れていないせいで工期が遅れに遅れていまだに完成しておりません・・・

部品も異次元に飛びまくっており、作るたびに何か部品がなくなるという悲しい状況です。

本日高雄のサーチライトに手を入れようと思っていたのですがどうせなら2隻一緒にというわけでひさびさに引っ張り出しました。

H

ウェーブのHアイズをWLのリニューアルパーツW-14にはめ込んでみます、矢矧(最終時)と高雄の分なので合計5個です。

まずW-14パーツのレンズに相当する部分をピンバイスで彫りこみます。

彫りこんだ凹部にシルバーを流し込みます・・・私はいつものミニ4マーカー(笑)

Photo

私のデジカメは旧式なのでマクロモードでもこれが限界・・・ピンボケすみません(^^;)

乾いたらHアイズから適当なサイズのパーツを切り出して美透明接着剤(←マイブーム)をつかって接着しました。

2

画像ではよく判りませんがそれらしくはなりました、P社のクリアー成型品よりもコストパフォーマンスは少し良いと思います。

Photo_2

矢矧のサーチライト台座にセットした状態・・・JWのエッチングの考証に従い箱絵とは異なるサーチライト一灯の状態です。

このあとまた艦橋の部品を落として方探の台座が異次元に逝ってしまいました(泣)

完成はまだまだ遠い・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

矢矧(3)

やっとこさ矢矧のマスキングを開始。

エアブラシ命なのでどんなにめんどくさくてもちまちまマスキングする・・・やっとのことでマスキング完了。

Photo

さてここで一大決心、実は途中から気付いてはいたんだけど矢矧の場合下段の舷窓は新造時から無かったんです・・・よね、。

艦船さんには周知の事実だろうけど私は途中で気付きました・・・、無知を決め込んでとぼけようと思ってたんですが^^、この際思い切って直してしまおうと。

Photo_2

マスキングの途中から伸ばしランナーを使って急遽閉塞作業開始、時、時間が~

結局半日がかりで修正、やっと基本塗装に入れました・・・

でもやっただけのかいはある(自己満足だけど)・・・マスキングをはがして仮組み~

う~ん、かっこいい~、作ってよかった~^^)

Photo_3

2





ここから細部艤装だけどここまでくればあと一息・・・かな。

3

4

そうすると今度は大和の最終時が作りたい気分に(^^;)←バカ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

工作再開-矢矧

さて、小艦艇で艦船の楽しみを味わったので、次は苦しい(楽しい?)手すり工作をやってみる気になってきました・・・

作りかけの赤城と矢矧を見比べてどっちを進めるか考える・・・矢矧の方が艤装が進んでいるのでブログに載せやすい・・・なんて事を考えながら、年末に入手したライオンロアの手すりをつけてみる決意をしました・・・

矢矧はWEB上でも超絶作品がいっぱい見れるのでちょっと気が引けるけど、とにかくこの美しさには勝てません。

Photo














どの角度から見てもかっこいいです・・・

2














箱絵の仕様も良かったけど最新の考証に敬意を表して最終時の指定どおりに作ってます。

3
















マスキングが一仕事・・・だ

『松』は細部艤装中で~す^^

Photo_2

2_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

百円『長良』

今日の話題はお船、この『長良』は某おもちゃ流通○ンターがつぶれた際の投売りセールで見つけたもので値段はなんと100円、箱が汚れていたせいだと思うけど、あまりに安いので買い込みました。

タミヤの軽巡の中でもあまり売っているのを見かけないやつですよね、車で言えば『不人気車』なんでしょうね・・・かわいそうなので成仏させてあげようと思いましたが、作ってみるとカタパルトはないし、甲板はつらいちにないといけないわ、やっぱり、めんどくさい割りに見栄えしないのね。

それでもマストを金属線で作り直し、あちこち手を入れて作っているうちにだんだん気に入ってきました。

P1010099 















なにしろ百円なのであまり気にせずに手を入れられるのがいいですよね、いまではかなり 気に入っております。

P1010101_2















これに味をしめてWLにも復帰、今は矢矧の最終時に挑戦しています。

しかし、お船は飛行機やAFVと違って特定の艦の特定の年次で作る方が多いので考証がさらに大変ですよね(駆逐艦ならば同型艦多いのでそれほどでもないかと思えば、そんな事は無いようだし)。

おかしなところは大目に見てね・・・

P1010177_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ギャンブル | コルセアきゃんぺーんF4U-5N製作記 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 昭和の自衛隊 | 模型 | 模型-AIR | 模型完成品 ブリュースターF2Aバッファロー | 模型完成品 三菱F1 | 模型完成品 SASジープ | 模型製作記 74式戦車 | 模型製作記 A-6Eイントルーダー | 模型製作記 Ar196 A-3 | 模型製作記 Bf-109D | 模型製作記 E2-Cホークアイ | 模型製作記 F-104スターファイター | 模型製作記 Fi156シュトルヒ | 模型製作記 Fw190A-4 | 模型製作記 HAWK75 | 模型製作記 He219A7ウーフー | 模型製作記 Me262 A2a | 模型製作記 MIG-3 | 模型製作記 P-63キングコブラ | 模型製作記 P2V7ネプチューン | 模型製作記 Spitfire FR.Mk.XIVe | 模型製作記 T-34/76mod1942 | 模型製作記 キングフィッシャー | 模型製作記 シャーマンVCファイアフライ | 模型製作記 ベネトンフォードB188 | 模型製作記 ヴィルベルヴィント | 模型製作記 一式砲戦車 | 模型製作記 一式陸攻 | 模型製作記 九九双軽 | 模型製作記 九八水偵 | 模型製作記 九六艦戦 | 模型製作記 九四式1号水偵 | 模型製作記 二式水戦 | 模型製作記 加古 | 模型製作記 四式戦(キ84) | 模型製作記 夕雲 | 模型製作記 天龍 | 模型製作記 妙高 | 模型製作記 新明和PS-1 | 模型製作記 朝潮 | 模型製作記 松 | 模型製作記 睦月型 | 模型製作記 矢矧 | 模型製作記 秋雲 | 模型製作記 赤城 | 模型製作記 那珂 | 模型製作記 零戦21型 童友社 | 模型製作記 高雄 | 模型製作記 バンダイ1/24零戦52型丙 | 模型-AFV・ソフトスキン | 音楽