模型製作記 加古

加古(その13)-完成

IJN Heavy Cruiser Kako

加古(第一次ソロモン海戦時=最終時)完成しました。

Kako

艦のスペック、艦歴は大改装前の加古を作成されたほりでぃ様の完成記事に要領よくまとめられております。

第一次ソロモン海戦で連合軍の哨戒艦隊を蹴散らしたあと戦域を急速離脱した第六戦隊所属の加古でしたが対潜警戒の之字運動の終了直後敵潜に発見され、加古は雷撃によって片舷に3発被雷、あっというまに傾斜・沈没してしまいました。不運です・・・

海戦としては完勝、海没時の死者も少なめですのであまり悲壮感のない最期かもしれませんね。そういう意味では影の薄い艦でしょうか・・・

Kako1

キットは最新の重巡キットですので素組でも全く問題なし(だと思います・・・)、箱がデカ過ぎるのが最大の不満でしょうか(笑)

Kako2

重巡祭りということで楽しく、かつ普段はしないような工作までしてしまいました。武装パーツはP社の武装パーツに差し替えました、あと今回はそのまま使いましたが単装高角砲はA社高雄型の余りパーツの方がいいように思います。

Kako3

ジョーワールドのエッチングがありましたので労力以上に手が入っているように見えると思いますが、実のところそれほどではありません・・・

このような祭りは引っ込み思案の無所属モデラーにはとても刺激になります、これだけでブログを立ち上げた甲斐があったというものであります(嬉)

今回の製作で本人の承諾をいただいて使わせていただいたテクはもちろん、秘密裏にまねっこさせていただいたテクもたくさんあります。心当たりのある方、お礼申し上げます。ありがとうございます。

Kako4

また、皆さんからさまざまな助言をいただきましてこれも祭りの成果と思っております。

いろいろなアプローチがあるのもよくわかりました。艦船素人としてはだいたい一番リスクの少なそうなアドバイスを参考にさせていただきました。

最後にこのような楽しい催しの管理人として労力を割かれておりますシミソ様にも改めてお礼申し上げます。

| | コメント (22) | トラックバック (1)

加古(その12)-もう少し・・・

積み在庫のバレンタインが思いがけず好評です。

これで作り始めるともっと好評なんでしょう(笑)守護天使が作れと命令しております(困)

私も知りあいが次に何を始めるのか楽しみでしょうがありませんが・・・う~ん。

とりあえず一個やっつけないと~

Photo

かっこ~です、とりあえずパーツは全部付きましたよん♪

普段ならばこれで完成!・・・のはずですが、今回は張り扇じゃなかった張り線とカッターにたすきがけに掛けてあるストッパーを再現しておしまいにしようと思ってます。

来週辺りには完成させたいもんですが。

1

防材置き場の木材はAFVモデラーさんにはおなじみダークイエローのプラで伸ばしランナーを作って刻みました-おかげさまで着色不要(笑)

ということは黒のランナーで伸ばしランナーを作って張り線作戦もありですかね~

2

張り線のことを考えるだけで緊張して他のアイテムを作ってしまいます(爆)・・・おかげさまで仕掛かりが増えまくりです(笑)誰か良いアドバイスをくださいませ~

3

そういえば艦底色もまだだったorz

| | コメント (20) | トラックバック (0)

加古(その11)-細部艤装2

加古に戻りました。

1/100の古鷹を参考にところどころデティールを追加しております。

エッチングのフロート台と材木置き場を付けると煙突周りが精密に見えてきます。

1

予備フロートはタミヤの矢矧についていたものがちょうどありますのでそれを使うつもり

、木材置き場にはたくさん円材を積み上げる予定、『鉄底海峡』で海没時に浮かび上がってきた材木が漂流時に役に立ったとの記述がありますな。

あとは艦載艇を塗らなくてはなりませんね。なかなか終わらせるのは大変です^^

Photo

加古ってカッターや内火艇が無理やり置いてある感じで結構笑えますね。第3砲塔下のカッターはカバーつきにしたいのですがエポパテか何かを使うのが良いでしょうかねぇ

それにしても模型としては見所満載で楽しめます。

2

艦橋のリールはお手軽にP社の小型艦用パーツのにしました(エッチングは見かけないです)。

3

だんだん進んでるように見えなくなってきましたが逆に言うと目立つところはあらかた終わったと言うことですかね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

本日の報告-1/48と1/700

艦載機の続き♪

デカールを貼ります・・・加古、古鷹のニューキットは艦載機のデカールも充実しており偏流測定用の白線や機番号のデカールまで付いております^^

Photo

白ふちの日の丸だけはP社の装備品セットⅡに付属のデカールです。

零水偵自体はWLのパーツのほうが本物に似てますね~


1

2機無理やり載せた状態です・・・1機目を射出しないとデリックもまともに動きませんが1/100の古鷹もそんな感じなので多分実際にそうだったのでは?

2











そして探照灯台、まだ接着していませんが雰囲気の確認と言うことで(こんなことばっかやってるから進まないんですな~)

Photo_2

方探のループアンテナは極細金属線をコイル状に巻いたものを切り出して作りました。

パラベーンはP社の小型艦用パーツの余りを使っています(これは単に好みの問題)。

1_2

零水の風防は最近クリアーブルーで塗るのがマイブーム♪

そういえば模型売り場でライオンロアの空母艦載機セットを見ましたが、エッチング付きとはいえ1700円は高いっす・・・3分考えてからパスしました(水偵だったら買ったかもですが;)

1/700の飛行機の後は1/48です(笑)いつまでたっても終わらないP-63ね

我慢できなくなって一度タミヤアクリルのシルバーを下塗り代わりに全面シルバーで塗ってみました。

やっぱりクリアパーツ周りのパテ盛りの痕がきれいに消えていません(鬱)

2000番ぐらいのサンペでもう一度研ぎだしてから今度は缶スプレーのシルバーリーフをエアブラシに取り出してオーバースプレーしました。

P63

クリアパーツの境目以外はきれいになりました・・・これで良しとするか

それとももう少し撫でて見るか、本人的にはどっちでも良くなってきました(笑)

P631

こっちは締め切り無いもんな~(自爆)

| | コメント (18) | トラックバック (0)

加古(その9)艦載機-下駄履きキャンペーン

艦載機♪

『鉄底海峡』によりますと艦載機は3座水偵×2(零式&94式)と書いてあります、ハセのインスト&箱絵は零水&2座水偵(95式)・・・

好みで3座水偵2機にしましたが確信はなし;

Photo

とりあえずうすうす攻撃をかまします、エッチングのペラが有りましたので使用いたしました。

1

組み立て&基本塗装完了、画像だとよく解りませんが94式は上面2色の塗り分け、零式は上面暗緑色にしてあります、3座水偵を2種類搭載するのはいろいろ不都合あったと思うのですがそこはそれ見栄え優先で^^

あとはデカール貼りで完成です♪

一緒に写っている探照灯台は重巡祭り参加のmoz様ご推奨の方法-手すりに溶きパテを表面張力で張って爆風よけのキャンバスカバーを再現する-という方法を試してみました。

適度に手すりのモールドが残るのでいい感じだと思います。

さて漠然とした疑問本当に3座水偵が2機載せられるのか?に関してはとりあえず仮置きして様子を見ることに。

2

無理やりですが載りますね・・・ただデリックとカタパルトは左にオフセットした状態じゃないと無理ですな~^^

加古はここまで・・・

さて、年末に参加を表明しておりました下駄履きキャンペーンの参加機を決めました♪

タミヤの二式水戦でエントリーします^^零戦祭りでhagu様が水平儀の可動をされてますので私は限りなく素組みに近く行ってみようかと(笑)

Getabaki

この箱絵、某雑誌で読むまで気が付かなかったのですが離水の場面ではなくて6番の爆弾を水面に叩き込んだところのようですね・・・プロペラ回転大作戦で使いたいので操縦士は搭乗願うことにします(コクピを作りこまなくても済む・・・と言う利点もあります)

加古とP-63のめどが立ったらはじめようっと♪

箱を開けて様子を見ていたらファインモールドの60kg爆弾架のメタルパーツが入っておりました(健忘症Ⅱ)-この日を予想していたのか・・・凄いぞ昔の自分(爆)

Getabaki1

| | コメント (18) | トラックバック (0)

加古(その8)細部艤装中

今週は私も仕事に追われて平日は何も出来ず。

土曜日の今日やっと続きをが出来ました・・・

学研の歴史群像の1/100古鷹を参考にエッチングや金属線などでデティールを追加しました、他の皆さんの作品に刺激を受けまくって普段やらない張り線やワイヤーの表現も多少してみようと思っております。

Photo

羅針艦橋の上にある三本のアンテナ?が目立つので再現します。径不明の金属線と伸ばしランナーを使用しています。やっぱり艦橋はすべてオーバースケールになってしまいますね~

前部の張り出しにはどうやら機銃が2機装備されているようですが単装か連装か判断が付きませんでした・・・どちらにしてもオーバスケールは免れないのでP社の単装機銃に手を入れて付けておきました。

1

デリッククレーンのワイヤーは普段は無視なんですがここまできたのでついでに再現してみました・・・まだまだ研究の余地ありですな(^^;)

2

信号旗用の索は伸ばしランナーです(最初金属線にチャレンジしましたが・・・む、無理です、あまりにも情けなかったので画像なし 笑)

探照灯台はエッチング・・・効果抜群です、あとは予備フロート台と円材置き場が用意されております、煙突周りはこれで 充分でしょう。


3_2

楽しいやら苦しいやらでなかなか進みませんが本日のご報告ということで(^^)/

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

加古(その7)-基本塗装完了

マスキング・・・やっと抜けました(笑)

塗装の段取りはかなりさまざまのようで、私のようにちまちまマスキングするのは少数派でしょうね・・・

Photo_2

筆塗りで失敗してモチベダウンが多いので自衛策ですね・・・私の場合エアブラシは一度使ってしまうともう戻れません(^^;)

そして基本塗装終了、楽しいマスキングはがし♪

そしてまた意味もなく組み立てして様子を見ます

1

上から見ると1万トン重巡の様に後半部にかけてのボリュームがないので優美といってもいいぐらいの艦形ですね^^

2

3

連装砲塔3基はいささか力不足ですね、これで他の重巡に伍して戦うのは覚悟が必要でありましょう。

4

この角度は中々精悍に見えますの~

5

こちらは段階的に下がっていく舷側のラインがよく判ります。

6

連装機銃はP社の武装パーツにしました(ナノドレッドは買う勇気が・・・)、対空兵装の貧弱さが緒戦時のイケイケ感を表現しておりますね。

次は細部艤装に入ります^^

| | コメント (11) | トラックバック (0)

加古(その6)-手すり始めました&いろいろ

さて、手すりの取り付けですね・・・

いつもこれに引っかかってモチベーション下がることが多いです。

私だけではないと思いますが、失敗の代償が大きいですよね・・・

今回やってみてわかったコツ・・・

①適度に粘性のある瞬着 ゼリー状とさらさらの中間ぐらい

②瞬着はカッターに取り出しで撫でるように手摺に付ける(直接付けない)

③失敗してもめげない

Photo_2

以上です。

1_2

手すりも無事付け終わりましたのでエアブラシ派の私はここからしこしこマスキングです・・・

2_2

一番地味で暗い作業です・・・はがす時の楽しみだけを夢見てひたすら細切れのマスキングテープを貼り込んで行きます(;;;´Д`)

3_2

今週はこの作業に費やされます(笑)

そしてP-63、キャノピーの境目の接着線消しに時間を費やしております。

サンペで撫でては溶きパテと機内色のタッチアップを繰り返しております。不毛・・・

P63

あ、それから二式戦のカラー画像、ありがたいことにリクエストいただきましたのでアップさせていただきます(実は味方識別の黄橙色が鮮やか過ぎてモノクロにしたんですが・・・)。

キットはアリイ(オオタキ)の1/48です。あ、今はマイクロエースか(笑)作ったのはかれこれもう3年以上は前ですが・・・

何を参考にしたか覚えていないんですがアリイのカラー図面とは部分的に色を変えてあります(健忘症ですな)

Photo_3

1_3

2_3

この銀塗装はタミヤエナメル(クロームシルバー、フラットアルミ、メタリックグレー混色)の多色使いです。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

加古(その5)-マスト工作

今週の平日は模型は手付かずでもっぱら燃料補給にこれ努めておりました(^^;)

みなさまの進み具合に焦りを感じつつもちっとも進まなかったりしております。

昨日から今日に掛けて後楼の組み立てをしておりました、本当はキットパーツを生かしつつ楽が出来ればと思っていたのですが、何度か試行錯誤の結果 、クロスツリー以外は結局プラ材と真鍮線に置き換わってしまいました。

1

前楼はシンプルなので差し込むだけですね・・・はは、

Photo_5

前回、手すりを付けると言っておりましたが、苦手な工作なので手が進まず他のことでお茶を濁そうとしております。

ライオンロアのエッチング手すりはあまり見かけないですが超細くてやわらかいので小型の艦艇向きかもしれません(一度しか売ってるのを見ておりませんが)、手すり派の方は見かけたら試しに買っておくことをお勧めします。

Tesuri

とりあえず主要な構造物は出来たので仮組みして様子を見ます(←また・・・)

超絶工作は出来ないので全体のバランスで何とかいい感じに見せる方向性で進んでおります(汗)

3

そういえば煙突はなかなか繊細で加古を正確に再現しているという話ですので本来は手を入れる必要もないのですが、タミヤの最上型などに比べるとメリハリに欠けるので、目立つ前側の二本だけを0.5mm真鍮線にして見ました・・・気が変わってやり直すかもしれませんが今のところこれで行こうかな・・・と

2

4_2

箱絵のアングルからのショット、やっぱり画家の方は格好いい角度をよく把握していますね・・・ベストアングルかも、マクロだと被写界深度浅くなるので箱絵のようにはいきませんが(^^)

連休中に手すりをやっつけなければ(覚悟)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

加古(その4)-船体

いまさらですが船体の工作。

左右貼り合わせですが舳先の部分は右舷側にモールドされており左舷には分割線が出ます・・・これは私の工作ミスかもしれませんが結構目立ちます(;ω;)

これを消すのに結構パテのお世話になってしまいました・・・モールドが繊細なだけに残念です。

Kako

デジカメのトラブルで途中写真が消えてしまいましたので取り直しました(汗)

舷外電路は伸ばしランナーです。エッチングも持ってないし加工しやすいので・・・取り回しのパターンはネイビーヤードのVol.7に掲載されている加古を参考にしました(資料じゃないんかいっ!)、船体のモールドを修正するほどの資料は持ってないので電路の追加以外はそのままです。

Kako1

Kako2

ここでリノリウム色を吹き付けます(正確には写真は吹きつけ後ですが)。

Kako3

さて手すりをつけるべきだろうか、今回の祭りはDUPのレギュレーションはないので多分つける人とつけない人に分かれるでしょうね・・・つけないのも見識だよな~

Kako4

ちょっと考えてみる・・・2秒考えてつけることに決定!

いろんなディティールアップのパターンがあったほうが楽しいですもんね、位置づけ的には中間派なんちゃってDUP組みですか・・・

Kako5

というわけで(その5)手すりの取り付けへ

| | コメント (16) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ギャンブル | コルセアきゃんぺーんF4U-5N製作記 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 昭和の自衛隊 | 模型 | 模型-AIR | 模型完成品 ブリュースターF2Aバッファロー | 模型完成品 三菱F1 | 模型完成品 SASジープ | 模型製作記 74式戦車 | 模型製作記 A-6Eイントルーダー | 模型製作記 Ar196 A-3 | 模型製作記 Bf-109D | 模型製作記 E2-Cホークアイ | 模型製作記 F-104スターファイター | 模型製作記 Fi156シュトルヒ | 模型製作記 Fw190A-4 | 模型製作記 HAWK75 | 模型製作記 He219A7ウーフー | 模型製作記 Me262 A2a | 模型製作記 MIG-3 | 模型製作記 P-63キングコブラ | 模型製作記 P2V7ネプチューン | 模型製作記 Spitfire FR.Mk.XIVe | 模型製作記 T-34/76mod1942 | 模型製作記 キングフィッシャー | 模型製作記 シャーマンVCファイアフライ | 模型製作記 ベネトンフォードB188 | 模型製作記 ヴィルベルヴィント | 模型製作記 一式砲戦車 | 模型製作記 一式陸攻 | 模型製作記 九九双軽 | 模型製作記 九八水偵 | 模型製作記 九六艦戦 | 模型製作記 九四式1号水偵 | 模型製作記 二式水戦 | 模型製作記 加古 | 模型製作記 四式戦(キ84) | 模型製作記 夕雲 | 模型製作記 天龍 | 模型製作記 妙高 | 模型製作記 新明和PS-1 | 模型製作記 朝潮 | 模型製作記 松 | 模型製作記 睦月型 | 模型製作記 矢矧 | 模型製作記 秋雲 | 模型製作記 赤城 | 模型製作記 那珂 | 模型製作記 零戦21型 童友社 | 模型製作記 高雄 | 模型製作記 バンダイ1/24零戦52型丙 | 模型-AFV・ソフトスキン | 音楽