模型製作記 二式水戦

下駄履きキャンペーン-二式水戦(その16)-完成ということで・・・

Nakajima A6M2-N Rufe

1942年初秋。キスカ

相変わらずの濃霧のなか電波探信儀が敵を捕らえた。僚機と無線管制で迎撃に向かうも会敵不能。

僚機ともはぐれ帰投コースに向うも濃霧のため視界不良、やれやれ

海面高度すれすれまで高度を下げて少しでも視界をかせぐ。

こんな時にP-40にかぶられたらお陀仏だな・・・

しかし今日は運良く濃霧の晴れ間を見つけて帰投することができた。

アリューシャンの秋の日は急激に短くなっていく、残照に愛機が藤色に輝いて・・・

--------------------------------------------------

などというストーリーを考えながら完成画像を作成しました。

画像合成ソフトを使ったので反則でしょうか(笑)

Suisen1

画像処理が甘いのは笑って見逃してください・・・本日シミソ様ご推奨のリアリスティックウォーターも買ってまいりましたのでもう一度今度は情景に挑戦するかもしれません(ああ、書かなきゃいいのに書いちゃった)。

Suisen2

今の私にはこれが限界、ご笑覧くださいね。

Suisen_2 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

下駄履きキャンペーン二式水戦-(その15)&るふとばっふぇ

だいたい工作は終了いたしました。

今回は少し考えがありますのでうまくいけばもう一度記事にしたいと思います。

なので完成記事ではありません(笑)

Nisiki

昨日の記事どおり爆弾架と照準機とオイルクーラーのパイプを取り付けてクリアー吹きを済ませてマスキングをはずしました。

Nisiki2

今回は工作の粗が目立ちますが、いろいろ試したので楽しめました。

Nisiki1

とにかく美しい機体ですねぇ・・・無敵だったと信じます(笑)

Nisiki21

お次は独機にいきたくて候補を物色中・・・

Bf109

大戦間機に惹かれているので2枚ペラのBf-109Dなんていいかな♪

Bf109d_2

気が変わらなければこれで(笑)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

下駄履きキャンペーン-二式水戦(その14)

ぽかぽか陽気にもかかわらず腰が痛くてのそのそやってます。

肉体労働に狩り出されて重いものを持たされることが続き、さらに飲み会も続き・・・

そんなこんなであまり進んでません。

やっとこさマーキングまで完了しました。

墨入れですが、手打ちのリベットの場合リベットのめくれをサンディングで馴らすときに少しめくれを残しておくと墨入れ時に個人的にはいい感じになると思っています(特に日本機)がいかがでしょう?

Nisiki

日の丸塗装も初めてですが、やはりスジ彫りやリベットが消えないのはいいですね♪癖になりそうです。

Nisiki1

メインフロートはまだ接着してませんがプロポーションの確認(←また・・・)

あとはオイルクーラーのパイプと6番用の爆弾架を付けて仕上塗装と相成ります、あ、照準器もまだでした(汗)

Nisiki2

そういえば画像にすると藤色には見えなくなってしまいました、エナメルのパープルで墨入れしたのに(肉眼ではなんとなく藤色かな?程度です)、わはは・・・

Nisiki21

機番はキスカの第五航空隊としました。昭和17年8~11月となっております。

次回で完成・・・するかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

下駄履キャンペーン二式水戦(その13)-藤色

マスキング~

日の丸マスクは初めて(汗)

中坊のときタミヤの99艦爆を手塗りで失敗して以来トラウマです・・・

Nisiki

ハヤテ様にマスキングテープの位置決めに関していい方法を教わりました♪

非常に役に立つ方法ですので詳しく知りたい方は前の記事のコメを読んでみてください。

そして『藤色』についても前回記事にてpierre K様、シミソ様とコメのやり取りをしているうちに明灰白色が高緯度の陽光と濃霧で紫系の色彩に見えたという説を再現してみたくなりました。

Nisiki1

パネルラインにそって赤+ニュートラルグレーを薄く吹きます。

その後でライトグレー+ホワイトを全体にオーバースプレーしました。

Nisiki21

画像だとコントラストがよく解りませんがパネルラインにそって薄く色が残り紫系に見えるようにしてみました。

これは、肉眼だと用廃寸前に見えますねdownwardright・・・もう一工夫必要ですね~もう少しオーバースプレーしてみます・・・

Nisiki2

こんな感じになりました、微妙~

| | コメント (12) | トラックバック (0)

下駄履きキャンペーン-二式水戦(その12)-マーキングは

今週は肉体労働に狩り出されたり&飲みに連れて行かれたりで全然進みません(汗)

マーキングに迷っております・・・

明灰白色の単色というイメージだけは出来上がっております。アリューシャンにするか南洋にすべきか・・・まあこの手の迷いは楽しいので歓迎なんですけど♪

藤色(モーブ)の水戦っていうのも気になりますがいまいち実態がつかめませんね、考証ペケの私としては踏み込めません(笑)

しかしWEBで見てると南洋の機体が多いですね・・・ここは逆張りでキスカの航空隊にしてみます(爆)

マスキングの一環として、第一風防のみ着けようとしたら合いが悪いこと。機銃フェアリングからここにかけてがこのキット一番の難所ですか・・・

Nisiki

パテが必要かな?・・・キャノピーフレームをグレーで下塗りして様子を見ようか。

Nisiki1

赤く塗るところをすべて吹いてしまいます、日の丸も塗装・・・昔失敗して以来初めてなんでドキドキ(笑)

Nisiki2

急に船がやりたくなったので空き時間に久々に天龍に手を入れました。

Tenryu

艦橋を円柱と四角の組み合わせに作り直します。

これだけで手を入れた感がでますね(笑)

Tenryu1

ファンネルキャップの表現が独特(笑)なので削り取りました。

すべてが中途半端な一日・・・でした

| | コメント (20) | トラックバック (0)

下駄履きキャンペーン-二式水戦(その11)-やっと・・・

新しいキットと古いキットの一番の違いは下地作りの手間でしょうか。

このキットに合わせに関してはそんなに手間がかかるわけではありませんが、いざ色を塗ろうとするとベテラン女優のように下地作りに手間がかかりますね・・・

何だかんだで2週間たっぷり掛かりました。

しかしベテランにはベテランなりの良さがあります。

まず安い(爆)

1

新しいキットはキットを凌駕する表面処理を施すのが大変というか、妙なプレッシャーがかかるんですよね。

こちらは気心の知れた幼馴染みみたいなもんで多少迷惑をかけても大丈夫(笑)

2

裏側とフロートのリベットも何とか打ち終わり、翼端灯と尾灯の整形も終えてクリアパーツのマスキングも終了。

あとは削り取ってしまったメインフロートの縁を再生すれば色塗りフェイズに入れるかな・・・

3

次回こそ♪

| | コメント (14) | トラックバック (0)

下駄履きキャンペーン二式水戦(その10)-ちまちまと

塗装前の造作です。

時間が掛かる割りに進みません・・・塗装に掛かれるのは来週ですね。




Nisiki

排気管は径の合う金属パイプがなかったのでタミヤのプラパイプをやすって径を小さくして差し込みました。

Nisiki1

尾灯と翼端灯はクリアー化します。やらなくてもちっとも構いませんがやると自己満足できます。

Nisiki2

あちこちパテ埋めやペーパー掛けをしてるせいでちっとも進まず嫌になるので、いつものように何か別のものをいじります(笑)

Torio

1/450の真珠湾トリオです♪・・・赤城の第一次攻撃隊を編成するには機数が全然足りませんのでどうしようかと思っております(その場合九九艦爆が使えませんし・・・)。

とりあえず手を入れて甲板に載せるとモチベも上がるかな・・・と考えております。

Torio1

何故か零戦だけ棒脚です、さすがに1/450だと許せません(笑)

なんせ機数が多いんでこちらはまったりと手を入れるつもりです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

下駄履きキャンペーン二式水戦(その9)-やっと士の字

リベットを打ち続けております。

曲面やフィレット周りのリベットを打ち終わったので士の字にします。

私の組み方が悪いのかもしれませんが背中にパテが必要になりました・・・

あと主翼と後部胴体の合わせ目もパテ盛り成型が必要です。

それでも士の字にしてフロートを仮組みしてプロポーションの確認(←こればっかり)

Nisiki

う~ん、なかなかカッコエエずら、さすがは零戦ファミリー

増積された尾翼周りなんかなかなか魅力的ですね♪

Nisiki1

画像はハレーション起こしてよく見えませんがリベットは図面の80%ぐらいまで増量しました・・・気分でもう少し追加するかも。

とはいえ裏側とフロートのリベットはまだ半分も打ててません(脱力)

足回りがないと士の字の後は楽ですね(あくまでも比較ですが 汗;)

Nisiki2

マーキングを何にするか迷います♪

箱絵の零観といっしょに潜水艦退治している機体もいいですね。

ところでこの絵を見て思ったんですが6番の爆弾架の場合1発づつ投下できたんですね~

新発見(笑)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

下駄履きキャンペーン-二式水戦(その8)-地道・・・

春ですね・・・

暖房なしの部屋で模型をいじっても手がかじかまなくなりました♪

地味な作業が続いており記事にできるような画像がね~

と言いながら途中経過・・・

Nisiki

図面を見ながら図面の60%見当でリベットを打っております。

出来上がりの達成感を思ってひたすら『打つべし!打つべし!』

我ながら間抜けな作業ですね・・・

主翼・・・やっぱり間引いたのがわかってしまいますね~様子を見ながら追加していきましょう。

Nisiki1

こうやって地味な作業をしているとすぐ別のことがやりたくなります。

模型ですけど(自爆)

地道と言えばこちらP-63(笑)もうやってないかと思っていた方もいらっしゃるとおもいますが、時間のあいた時に磨き倒し

P63

おかげさまでかなり段差が目立たなくなりました♪

こちらもそのうち記事にします。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

番外-新入り&買い物ネタ

模型は進んでません(汗)

みなさんうちの新入り猫の『まいる』です。家庭の事情でうちにまいりました・・・お見知りおきを

Mairu

さて・・・本日〇ォックスの模型コーナーに顔を出したら『改装セール』になっておりました、話を聞くと実質閉店セールらしく店頭価格の三割引!!になっておりました。

テンションが上がりましたがぐっと押さえて一個だけ購入しました(残念!)

Nick

ほぼ4割引強です・・・うれしいけどこれも不況のなせる業か、大丈夫か〇ォックス!

箱を開けてみると組説が3通入っております???一通は給油車のやつですが他の2通は???ほんとこれって資源の無駄使いみたいな~それとも間違い?

Nick1

ネタがないので工作ツールネタ(笑)

今日はクリアパーツをピカールで磨きました、二式水戦(というかタミヤの旧零戦シリーズですね)のクリアパーツはキズが入っているのが多いそうです。良く見ないとわからない程度ですがヘッドレストのカバーを削り取るついでにモーターツールに綿棒を咥えてブーンと。

Nisiki

あんまり力入れるとクラック入ります(笑)

Nisiki1

こちらリベット打ちツール・・・ノーマルです(笑)

地道にリベット打ちいきます(爆)

| | コメント (20) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ギャンブル | コルセアきゃんぺーんF4U-5N製作記 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 昭和の自衛隊 | 模型 | 模型-AIR | 模型完成品 ブリュースターF2Aバッファロー | 模型完成品 三菱F1 | 模型完成品 SASジープ | 模型製作記 74式戦車 | 模型製作記 A-6Eイントルーダー | 模型製作記 Ar196 A-3 | 模型製作記 Bf-109D | 模型製作記 E2-Cホークアイ | 模型製作記 F-104スターファイター | 模型製作記 Fi156シュトルヒ | 模型製作記 Fw190A-4 | 模型製作記 HAWK75 | 模型製作記 He219A7ウーフー | 模型製作記 Me262 A2a | 模型製作記 MIG-3 | 模型製作記 P-63キングコブラ | 模型製作記 P2V7ネプチューン | 模型製作記 Spitfire FR.Mk.XIVe | 模型製作記 T-34/76mod1942 | 模型製作記 キングフィッシャー | 模型製作記 シャーマンVCファイアフライ | 模型製作記 ベネトンフォードB188 | 模型製作記 ヴィルベルヴィント | 模型製作記 一式砲戦車 | 模型製作記 一式陸攻 | 模型製作記 九九双軽 | 模型製作記 九八水偵 | 模型製作記 九六艦戦 | 模型製作記 九四式1号水偵 | 模型製作記 二式水戦 | 模型製作記 加古 | 模型製作記 四式戦(キ84) | 模型製作記 夕雲 | 模型製作記 天龍 | 模型製作記 妙高 | 模型製作記 新明和PS-1 | 模型製作記 朝潮 | 模型製作記 松 | 模型製作記 睦月型 | 模型製作記 矢矧 | 模型製作記 秋雲 | 模型製作記 赤城 | 模型製作記 那珂 | 模型製作記 零戦21型 童友社 | 模型製作記 高雄 | 模型製作記 バンダイ1/24零戦52型丙 | 模型-AFV・ソフトスキン | 音楽