昭和の自衛隊

昭和の自衛隊(番外編3)-保安隊から自衛隊へ

さて、前回の続きですが、ここから先はそれほど面白い逸話はあまりないのですが、備忘もかねて。

おやじは27年の1月に一度帰郷を許可されて秋田に帰り、帰営のため青函連絡船に乗った際、酔狂にもずっとデッキに出ていてしこたま風邪をひき、それをこじらせたのでありました。

営内に戻っても風邪は全然良くならず、最終的に医者に掛かったところ肺浸潤と診断されそのまま入院、2月~5月まで病院暮らしと相成ったそうであります。

うちのおやじは私が物心ついてからは病気知らずの頑健体質なのですが、当時は栄養状態が悪かったのでそのせいでしょうかね?

(肺浸潤といえば私の感覚では、え!結核じゃないのそれ?なのですがおやじ曰くいろいろな見解があるとのことで、結核という認識ではないらしい フム)

さて、退院後も引き続き営内休を言い渡され一週間ほど同様の営内休の同僚隊員と過ごしたらしいのですが、当時は6万円の一時金欲しさにだらだらと病気を理由に営内休を続けているような隊員も結構いたらしく、うちのおやじはこんなところに長くいてはマズいと本気で心配したとのことであります。

そんな折、旧軍出身の先任士補から職種募集の話を聞きます。新しく設立される武器課の設立要員に応募しないか?という話だったようです。この時期米軍側からの指示もあり各種部門の設立と要員養成が急務になっていたと思われ、若い隊員は囲い込みの対象になっていたのでしょう。

27年9月遠軽にて正式に島松に置ける武器課設立要員の募集があり、おやじはこれに応募。27年10月設立が発令され27年12月正式に補給廠のある島松駐屯地のそばの恵庭駐屯地に移駐・編成完了(WIKIで見ると第728武器大隊)。これでおやじの職種が武器課になることが確定しました。

この後すぐ27年10月には警察予備隊は保安隊に改組になります。おやじも二等警査から二等保査に階級が変わります(呼び名が変わっただけともいう 笑)。

このあと28年~29年にかけては島松で隊務についており特別な逸話はなしであります。階級は一等保査、保査長、29年1月に三等保安士補(自衛隊でいう三曹)へと順調に昇進しております。

この後29年7月に保安隊は自衛隊にまたまた改組、おやじは三等陸曹にまたまた階級が変わりました(笑)

29年12月の時点でおやじは武器群本部中隊に所属していたと言っております。(この時点で北部方面隊だったのかそれ以前の編成だったのか聞き忘れましたが)

というわけでおやじの遍歴が自衛隊の編成史ともリンクしており興味深いのですが、今回のお話は時間切れでここまで、この後私が生まれてから北部方面総監部武器部に転勤になったり藤沢の武器学校に送られたりするのですが、その話はまた機会があれば聞き取りしたいと思います。

最後に自衛隊らしい逸話で締めます。

おやじが北部方面武器隊にて勤務していた折(昭和40年前後)、武器隊隊長から『このなかで自動車免許を持っていないものはいるか?』との下問があり、その時点まで免許を取る機会のなかったおやじが手を上げて答えたところ。

すぐに免許を取るように手配がされて真駒内の駐屯地に通い、駐屯地内の練習場で練習&講習を受けて免許を取らせてもらったとのことでした。(ちなみにおやじは大特まで持ってます)。

必ずしも給与が良いとは言えない下士官自衛官に対する福利厚生の一環だったのかもしれませんがこのあたりいかにも自衛隊らしい話だと思います。(武器隊という職種柄、表向きは回収のための大特は必須という理屈だとは思いますが・・・)

それでは今回の番外編もこれにて終わりとさせていただきます。

お付き合いまことにありがとうございました。

12/14訂正:記事内で武器課としましたがこれは兵科の種類だと思うので武器科とすべきでしょうね。今回は自戒も込めてそのままにしておきます。

あと、藤沢の武器学校と書きましたが武器学校は土浦なので地名の聞き間違いか藤沢にあった別の施設なのか確認しようと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昭和の自衛隊(番外編2)-遠軽駐屯地のこと

さて、無事に訓練期間を終え任官したうちのおやじは、そのまま遠軽の部隊に配属されました。

遠軽の駐屯地は創設時馬小屋が隊舎だったという伝説(事実)がありますが、おやじに確認しましたところ昭和27年1月の時点では、もうすでに馬小屋の面影はなく見た目は普通の隊舎になっていたそうであります。

みなさまの気になるところの当時の編成ですが、おやじの記憶によると赴任当時は遠軽の第4連隊第3大隊は本部中隊と9個中隊という編成となっていたらしい(WIKIの設立時の編成とは異なりますが、編成は随時改変されいたと思うので一応聞いた通りに書いておこうと思います)
そのうちの第一~第四中隊が歩兵(普通科)、各歩兵中隊は第1~第4小隊と付属の重火器小隊で編成、各小隊は四個分隊から構成されており、1分隊は9人編成だったとのこと。

小隊長を含め隊員は各小隊一名の自動小銃手(ブローニングM1918?)をのぞいて武装は全員M1カービンが渡されていたということです。
ちなみに中隊長はコルトの45口径を携行して小銃は持たないようになっていたとのこと。
中隊付属の重火器には60mm迫撃砲(M-2)が装備されており、さらに第5中隊が重火器中隊で81mm迫撃砲(M-1)が装備されていたとのことです。

さらに第9中隊が輸送中隊(自動車中隊?)とも言っておりました。

こうやって書き起こしていると自分でもそれでは第6~第8中隊は何だったのだろうと思うのですが、聞き取り時は酒を飲んでることもあり話はあっちこっちに脱線するわけで、
要点をメモするのが精いっぱいでありました。自覚しておりますので不備に関してはどうぞご容赦くださいませ。
当時の写真を見ると装備にM20装甲車、M-16ハーフトラック、ブローニングM2などがありますので、そのあたりの関係かなとも思いますが想像になるので今後の課題にしようと思います。

つづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昭和の自衛隊(番外編)-創設時の一警察予備隊員のこと

さて、私のブログの読者様の中にはご存知の方も多いのですが、私の父親は元自衛官でありまして、

警察予備隊に新兵で入隊して、叩き上げの下士官で最後は昭和61年に三等陸尉で退職いたしました。
詳しい方も多いと思いますが、自衛隊員の階級は退職金の関係で退職時に一階級昇進となる慣例がありますので、(参考:ポツダム中尉)
実質的には最終階級は准尉であります。まあお判りとは思いますが幹部コースではない正真正銘のたたき上げ下士官であります。

みなさまもそうではないかと思いますが、特に特殊な経歴のない自分のおやじのヒストリーなんぞには若いころ正直それほど興味もなく、自分からいろいろ聞き出すなどということはありませんでした。
しかし自分もそろそろ老境にさしかかり、せっかくだから創設時の自衛隊についておやじの頭が確かなうちにいろいろ聞いておこうと思い始めたのが数年前、しかしその後なかなか里帰りする機会が無くちゃんと話が聞けたのが今夏の帰省時のことなりました。
以下は書き起こし、聞き取り役の私の知識に限りがありますので階級や日時には細かい齟齬があるかもしれませんが、今となっては幹部自衛官以外の自衛隊創設時の情報は案外貴重かもしれんと思ってそのまま書き出しております。

警察予備隊に入隊と書きましたが、昭和25年8月の第一回警察予備隊隊員募集におやじは応募しておりません、というのもおやじは昭和8年4月30日生まれ、第一回募集7万5千人の応募資格は大正4年4月2日~昭和7年4月1日(35歳~18歳)だったからであります。
秋田の貧乏農家の次男坊で新制高校に行かせてもらえなかった当時のおやじとしましては、当然魅力的な選択肢であり非常に残念だったはずであります。(なんと任期2年間の満期除隊で6万円の特別手当が付いた)
 翌昭和26年さらに一万人の欠員募集がありました、この時にうちのおやじは満を持して応募したそうであります。
この時も応募資格は前回同様35歳から18歳まで、つまり大正5年4月2日から昭和8年4月1日まででありました。(この時は欠員募集で期間が短いため満期除隊の特別手当は3万円だったようです)

この後の第二回募集からは25歳~18歳に年齢が変更になったそうでありますが、上限35歳というのはいかにも創設時ならではの年齢設定でありますね。

ん?昭和8年4月1日?うちのおやじギリで採用年齢達してないやん!そんなんでちゃんと応募できたんかい?
はい、応募いたしました。結論としては合格、採用されておりますので、それほど厳格な運用ではなかったようですね。
とはいえ合格通知をもらって昭和26年10月出頭した金沢(なんと東北ちほーではない!当時まだとーほぐには拠点が無かった?)の訓練キャンプ(警察学校?)におきまして、
出頭したのに採用者の名簿に名前が記載されていないという衝撃の事態が発覚したそうであります。
 
 おやじとしましては金沢くんだりまで来ていまさらすごすごと帰るわけにはいかず、採用通知はちゃんと来ているからと係員に採用通知を突き付けて、最終的に無事採用されたとのことでありました。
普通に考えると採用通知後におやじが採用年限に達していないことに気付いた名簿作成担当者が名簿からおやじの名前を抹消したのかもしれません。
いずれにせよそのあたり実務担当者のおおらかな措置がなければ、おやじはそもそも警察予備隊に入隊できていなかったとおもうので、創設時のどさくさに感謝でありますね。
入隊時のいきさつはそれといたしまして・・・

無事入隊できたということはですね、昭和26年10月の時点ではうちのおやじは全国最年少の警察予備隊員だった可能性があるのではないかと思うのです。
まあ、うちのおやじ同様150円の初任給と満期除隊3万円の特別手当に惹かれて応募した年限未満の採用者が他にもいた可能性はかなり高いので最年少の肩書はは置いておきます(笑)
(なお給料はその後170円に増額されたそうであります)
三か月の訓練期間を終えたおやじ殿は昭和27年1月二等警査に無事任官いたしました。良かったね。

つづく

*ご指摘によりとりいそぎ一部内容を修正しております。私が年号か年齢の上限を間違えているようです調べてから正しい内容に修正します(陳謝)

第一回目が35歳~18歳であったことは間違いないようで、欠員募集もおそらく同じ条件、二回目募集から25歳上限のようであります。

更に訂正、おやじの退官は昭和61年、当時は53歳定年だったのを忘れてました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

模型は進んでおりませんので・・・

強行軍がたたったらしく体中がガタガタになってしまいました(苦笑)

実家に帰って植木屋のまねやら手伝いやらいろいろとしたせいでしょうね。

なので前回の記事の続き(笑)

これは自宅のもと自室の模型(壊れていない物)、大部分は壊れたり捨てられたりしましたが一部残っております。

オオタキのヘルキャットとバンダイ=モノグラムのP-40B、中学生当時の新製品ですね。

Air

英連邦軍仕様なのがひねくれものの私らしいです(笑)

そして、前回ちょっと触れたハーフトラックの写真です。

Halftrack

遠景に写り込んでいるのが判りますでしょうか・・・シルエットのみで型式までは判別できませんねぇ。一中隊に一台なのかなぁ。

本当はもっと大きく写っている写真があったはずなのですが、何しろ自分のものではないので(笑)

次回帰郷した時の宿題ということで・・・

お次はM4E8の写真

M4e8

こうやってみると隊員が日本人に変わっただけでまんま米軍ですね、当然か・・・

次はちょっと珍しいかも

L19a

セスナのL-19Aですね(調べました・・・)、こんなもんが部隊に配備されていたんですねぇ。

連絡用のようですが旧軍でいうと直協機の部類ですね。

もっとじっくり見ればいろいろあるかもしれませんが今回はこれにて。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

私事ではありますが・・・

いろいろとありまして水曜日から北海道の実家に飛んでおりました。

本日帰ったばかりでばたばたしております。

と、いうわけでプラモが進む訳もなく、一週間スキップすることになります・・・

とはいってもアップ無しは寂しいのでブログネタの収集はしてまいりました(苦笑)

実家の親父と呑む時間がありましたので親父の古いアルバムなどを肴に思い出話などを聞いてまいりました。

Photo

NSF=保安隊であります(National Safety Forcesだそうです)

中の写真は警察予備隊当時の写真が多く貸与の車両には白星とNPRJ(National Police Reserve Japanかな?・・・)のマーキングが入っております。

再建時の自衛隊らしくほぼ全てが米軍装備であります。

Photo_2

北海道の地方都市の商店街を走るM-20(多分)スカウトカーであります・・・今回あわただしかったのでデジカメを持っていけなかったため、携帯での撮影で画像が荒いのをお許しください。

本当はハーフトラックの写真を探していたのですが、親父も探し出せず断念しました。

ちなみにこの写真には親父は写っておりません(笑)

写真の覚書には偵察中隊とありますね・・・偵察(渡河)演習の写真らしいです。

もう一枚のM-20の写真の遠景にハーフトラックが写っておりましたが次回(おいおいっ)

その代わりといっては何ですが米軍貸与・供与装備の写真をアップしておきます。

Photo_3

ウィリスのボンネットでポーズをとる若き日の親父他一名・・・但しこのころ親父はまだ免許を持っておりません(笑)

画像が荒いので顔はそのまま(笑)

Photo_4

三脚付きのブローニングM2を構える親父・・・プロパガンダ臭漂う写真であります(爆)

多分親父はガンナーではないと思われますが弾帯は装填されておりますね~

多分『俺にもさわらせろ!』という感じに見えます(←未確認)

いろいろとありまして次回も模型ネタ無理かもしれませんが、その場合はこのネタの続きでお目にかかります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ギャンブル コルセアきゃんぺーんF4U-5N製作記 一人F-5祭り 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 昭和の自衛隊 模型 模型-AIR 模型完成品 ブリュースターF2Aバッファロー 模型完成品 三菱F1 模型完成品 SASジープ 模型製作記 de Havilland Vampire 模型製作記 61式戦車 模型製作記 74式戦車 模型製作記 A-6Eイントルーダー 模型製作記 Ar196 A-3 模型製作記 Bf-109D 模型製作記 E2-Cホークアイ 模型製作記 F-104スターファイター 模型製作記 F-16B 模型製作記 F4F-4ワイルドキャット 模型製作記 Fi156シュトルヒ 模型製作記 Fw190D-9 模型製作記 Fw190A-4 模型製作記 German field kitchen 模型製作記 Gloster Gladiator 模型製作記 HAWK75 模型製作記 Hawker Fury 模型製作記 He111 模型製作記 He219A7ウーフー 模型製作記 I-15bis 模型製作記 I-153チャイカ 模型製作記 Ju88G-6 模型製作記 M4A3E2ジャンボ 模型製作記 Me262 A2a 模型製作記 MiG-15 模型製作記 MIG-3 模型製作記 P-63キングコブラ 模型製作記 P2V7ネプチューン 模型製作記 Spitfire FR.Mk.XIVe 模型製作記 T-34/76mod1942 模型製作記 TBF/M-1Cアベンジャー 模型製作記 キングフィッシャー 模型製作記 シャーマンVCファイアフライ 模型製作記 ベネトンフォードB188 模型製作記 マッキMc202 模型製作記 ヴィルベルヴィント 模型製作記 一式砲戦車 模型製作記 一式陸攻 模型製作記 三式戦(キ61) 模型製作記 九九双軽 模型製作記 九八水偵 模型製作記 九六艦戦 模型製作記 九四式1号水偵 模型製作記 二式水戦 模型製作記 加古 模型製作記 四式戦(キ84) 模型製作記 夕雲 模型製作記 天龍 模型製作記 妙高 模型製作記 新明和PS-1 模型製作記 朝潮 模型製作記 松 模型製作記 浜風 模型製作記 百式司偵Ⅲ型乙+丙 模型製作記 睦月型 模型製作記 矢矧 模型製作記 秋雲 模型製作記 赤城 模型製作記 那珂 模型製作記 銀河 模型製作記 零戦21型 童友社 模型製作記 震電 模型製作記 高雄 模型製作記 Fw189A-1 模型製作記 バンダイ1/24零戦52型丙 模型-AFV・ソフトスキン 趣味 音楽