模型製作記 九八水偵

馬鹿烏(その7)-完成!

Aichi Type 98 flying boat 'Laura'

頓挫していました夜偵ですが、やっとこさ完成です♪

感想としては出来上がったらそこそこ格好いいんで許せますが、

値段とクオリティのバランスがとれてませんねぇ~

あと、羽布貼り表現の梨地がシャープさを殺いでおります。

さらに言えば各翼の後縁が分厚いので削りまくりました。

フジミには1/72の零式水偵をキット化して欲しいので文句はこのくらいにしておきます(笑)

982

え~と、以前にも書きましたが軽巡那珂搭載機であります。

大戦に入ると94水偵に積み替えられておりますのでこのような姿で積まれていた期間は短かったでしょうね。

982gs

グレイスケールにしてみました・・・

うん、やっぱりモノクロ画像のほうが似合うようです。

98gs

遠景に僚艦を望むの図・・・

981gs

奥に1/700を置いただけですけどね(笑)

お手軽特撮風画像です♪

結論。

う~む、やっぱり私には1/72は小さすぎのようです・・・

| | コメント (20) | トラックバック (0)

馬鹿烏(その6)-失敗の巻き

久々にやらかしました凹

クリアーを吹いた後マスキングをはずして張り線用の穴を開けてギター弦の張り線をさしこんだまではよかったんですが・・・その後上翼を本接着しようとしたら微妙にテンションが変わったらしく。

翼間支柱が折れるわ外れるわ・・・

一時は本当にリカバリーあきらめました。

窓から捨てようかとも思いましたが8階なので思いとどまりました(笑)

その後気を取り直してやり直し・・・

98

やっとここまで来ましたが折れた翼間支柱が丸わかりですな~

サンペも掛けたんでタッチアップ要です凹

さすが上級者向けと銘打ってあるだけのことはあります。

981

ブログ製作じゃなかったら間違いなくカタリナに続きジャンクボックス行きでした。

意地で直したようなもんですわ(笑)

次回はタッチアップ済ませてカタパルトに載せますね~。

982

もう終わらせて、夜戦に行きたいですな~(焦)

***************************

さて、こちらファイアフライ

無事エッチングも付け終わりまして満足しました(笑)

Ff

気が向いた時に塗装する予定です。

Ff0

このアンテナガードはエッチングの効果大ですね~

ではまた。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

馬鹿烏(その5)-まっくろけ~

自宅用のPCがクラッシュしていたのですが昨日リカバリーしました。

今のところちゃんと動いてますがどうなることやら・・・

更新も山ほどかけなくてはいけないし、

便利ですがめんどくさい世の中ですね~。

閑話休題。

さて、馬鹿烏の続きです。

せっかくなので日の丸&マーキングも塗装で行きます。

機番号はDⅣ-1・・・那珂搭載機です♪

機番号も後から入れるのではなく先に黄橙を吹いてマスキングテープを機番号のデカールを参考に切り出して見ました。

98

黒なんですがスケールエフェクトを考慮して(←意味わかってるんかいっ・・・と、自分で突っ込んでみる)水性ホビーカラーのタイヤブラックです。

981

塗装終了~、あとは張り線&クリアー吹きです、

この機体たぶん本物は完全つや消しだと思うんですが、インストは半つやのブラックになってまつ。

そこはかとなくつやがあったほうが感じがいいですな~。

982

1/350のアオシマ長良にもこの機体がついているようですねぇ~

ちょっと長良に惹かれている今日この頃です。

英海軍のウォーラスといい勝負です983 (何が?)

ちょっと機番号でかすぎたようです(笑)

984

開戦後もしばらく使われていたとは思えないような、のどかなルックスです。

次回で完成するか・・・な

| | コメント (8) | トラックバック (0)

馬鹿烏(その4)-何の字?

さて、下駄履きキャンペーン二機目です。

今日は夕方から外出するので午前中集中工事(笑)

このキット上翼の取り付けには専用の治具があるんですが残念ながらうまく使えませんdownwardright

なので私の複葉機の常套手段、セロテープ仮止めで処理しました。

98

さて、やっと形になりました・・・

私は飛行機の場合塗装前に一回組み上げないと安心できない癖があります。

まあ、ただの仮組み魔ですが(笑)

え~っと、複葉機なので士の字ではありませぬ♪

981

ぴんと反り上がった胴体後半がなかなか魅力的です。

ところで馬鹿烏一世の九六水偵もほとんど同じような形態であります、世傑でも指摘されておりますがほとんど同じような機体を2年で更新するのはどういう理由からだったのでしょうか?

982

ところでこの機体はハセのカタパルトに載せる前提で設計されたのではないかと勘ぐってしまいます(笑)

ほんとにピッタリなんですから・・・

983

何か結構ここで満足してしまってる自分がいます。

やっぱり仮組みフェチですな(爆)

| | コメント (20) | トラックバック (0)

馬鹿烏(その3)-う~む

馬鹿烏中(笑)

前から気になっていたんですが、どう見てもプロペラがプッシャー式のピッチに見えないもので一旦切り離して逆向きに付け替えてみました。

982

皆様どう思われますか?

私はこの方がいいような気がします・・・

胴体と主翼の付け根なんですがかなり合わせが悪いです(あるいは私の組み立てミスか?)・・・まあ、微妙な曲線で構成されているので本当のところはわかりません。

キットレビューにも合わせが悪いとは書いてなかったし凹

98

しかし後は塗装と上翼&補助フロートの組み付けすれば完成です。

張り線さえ無ければ楽勝なんですけど(笑)

981

夜間接触を図るために低速で長時間飛ぶという、いかにも駄作機を作りなさいといわんばかりの要求仕様で作られたこの機体。

ショート飛行艇以来の優美な曲線が受け継がれているのが唯一の取り柄かもしれませんね~(ちょっと辛口すぎ?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

だらだら~

台風一過・・・

首都圏のJRはどうやら一定以上の風速で運転中止になるようでして。

雨も降らないなか3時間も駅でたちんぼになってしまいました(疲)

そんなこんなで(どんなで?)進んでおりません。

数種類のキットをいじっては戻しを繰り返しております。

九六艦戦以外で言うと

98

九八夜偵・・・この台車はハセのカタパルトにバッチリはまります。

お見事ですな♪

ってまだ胴体も貼り合わせてないんです(機内の塗装ができないもんで・・・)。

981

川内もしくは那珂あたりの情景を作ると絵になりそうですね~

いえ、私はあれですけど(爆)

あとはP-63なんですけど、こちらもキャノピーの段差消しの無限ループがさすがに終わりつつあります。

63

こいつは脚パーツがイモなもんで進んでません(汗)

631

放置プレイはいつものことですが・・・

九六艦戦ものっぺらぼうの計器板をどうするか考え中

神通もあったっけ

何を作る気になるのか不明です、

寝ながら考えますわ~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

F4U-5N(その3)-パクリ版『翼の折れたエ~ンジェル♪』&馬鹿烏(その2)

最近、検索ワード『シロイルカ』関連でのアクセスが少なからずあります。

おそらく夏休みの自由研究とかでシロイルカの生態などを調べているのだと思いますが・・・こんなブログにアクセスするなんて可哀そうですな~(自嘲)

画面の向こうから舌打ちが聞こえそうです(苦笑)

-閑話休題-

シロイルカ整備兵:

『隊長!もう駄目であります・・・』

隊長:

『え~い、腰抜けめ~そういう時は切るのだ!!』

シロイルカ整備兵:

『切るって、何をでありますか・・・』

隊長:

『判らんのか、バカモン!鬼畜機は切り刻むのだ(怒)』

掌整備長:

『隊長、いけません!取り返しのつかないことになります。』

隊長:

『お前らが切れんのならワシがやってやる!』

『翼の折れたエ~ンジェ~~ル♪』ⓒhagu

F4u2

だって、もう、これしかないですよね・・・

切っちまいました・・・寂寥感あふれる画像です(ピュ~)

F4u_2

そう考えるとタミヤのコルセアは折りたたみデフォルトだもんな~

F4u1

切ったからには畳まにゃいけません。

続・・・く

*******************************

こちらは全く何も考えず。

機内は椅子と操縦桿と計器板のみ、資料もないので男らしく素組みで行くのだ~

98

偵察窓が上下左右5か所開いていますがスカスカで合いが悪いので、瞬着で固め、磨き倒しをします。

この機体、胴体の具を詰めたら完成したも同然ですね。

これで¥3,200は・・・(しつこい)

| | コメント (24) | トラックバック (0)

F4U-5N(その2)-どこまで続くぬかるみぞ♪&馬鹿烏(その1)

コルセア・・・

この方の半分の労力を投入する約束になりました(大汗;)同じ労力を投入したら・・・確実に死にますね(笑)

死なない程度に頑張ります(脂汗;)

しかし、小物に手を入れるだけで許してもらえるのかなぁ・・・

パネルオープンとか翼フォールディングとかは避けたいなぁ・・・ブツブツ

すでに愚痴ばかり出て参ります。

とにかくコクピ・・・わかる範囲で手を入れますよ~

シートベルト、昔買った米軍現用機用がありましたので使います。

Sb_2

これをつけるにあたりシートのベルトモールドを削り取ります。

ヘッドレスト下のハンガーを削り取ってベルトを引っ掛けられるように作り直します。

シートは床板につける指示ですが後ろの隔壁側にに付けられるように変更しました。

Sb1

取り合えずデッチアップその1です。

Sb2

サイドコンソールは出来がいいのでレバー付けるぐらいか・・・

やっぱり・・・あれしかないのか(汗;)

*******************************

こちらは馬鹿烏

翼の後縁がすべて厚いので薄削りします、あまり削るとせっかくのリブのモールドが無くなっちゃうので手が切れるほどには薄くできませんね・・・

適当なところで妥協しましょう。

98

こちらの内部は完全に手抜きですね・・・っていうか多分資料がなかったんでしょうね(笑)

スジ彫りも太めで零観と同じ会社の製品とは思えませんな~

開発予算が厳しかったんでしょうか?・・・謎ですね

瑞雲よりはまともなようですが(爆)

でも定価¥3,200は・・・どうよ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

F4U-5N(その1)&馬鹿烏

コルセアきゃんぺーん

私のエントリーは戦後型の5-N(夜戦タイプ)になります。

5型はエンジン換装で時速790kmを叩き出しております・・・ベアキャットよりも優速だったんですね(汗)

ジェット艦戦の揺籃期、夜戦と戦爆という裏方で力仕事の男らしい機体ですね。

機首が延長されているので一回りデカくなった印象ですわ。

まずはエンジンのパイピングの続き。

2800

プラグコードのピッチがおかしくなっちゃったけど36本取り回しました(大汗;)

コード皮膜はたまたま見たのが銅線みたいな色だったのでこのままにしようかな。

これで時間切れ(笑)

******************************************

下駄履きキャンペーン

夏が終わってしまうので下駄履きキャンペーンの2機目も同時進行sweat01

前から作ろうと思っていたフジミの馬鹿烏です。

機内もよく見えないし黒一色だから同時進行で行っちゃいま~す。

98

981

何故か『上級者用』と書いてありますが部品は少なめです(笑)

素直に『変わり者用』と表示してくれてもよかったのに(爆)

この2機で夏が終わるのぉ~なんだか淋しいな~

| | コメント (12) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ギャンブル | コルセアきゃんぺーんF4U-5N製作記 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 昭和の自衛隊 | 模型 | 模型-AIR | 模型完成品 ブリュースターF2Aバッファロー | 模型完成品 三菱F1 | 模型完成品 SASジープ | 模型製作記 74式戦車 | 模型製作記 A-6Eイントルーダー | 模型製作記 Ar196 A-3 | 模型製作記 Bf-109D | 模型製作記 E2-Cホークアイ | 模型製作記 F-104スターファイター | 模型製作記 Fi156シュトルヒ | 模型製作記 Fw190A-4 | 模型製作記 HAWK75 | 模型製作記 He219A7ウーフー | 模型製作記 Me262 A2a | 模型製作記 MIG-3 | 模型製作記 P-63キングコブラ | 模型製作記 P2V7ネプチューン | 模型製作記 Spitfire FR.Mk.XIVe | 模型製作記 T-34/76mod1942 | 模型製作記 キングフィッシャー | 模型製作記 シャーマンVCファイアフライ | 模型製作記 ベネトンフォードB188 | 模型製作記 ヴィルベルヴィント | 模型製作記 一式砲戦車 | 模型製作記 一式陸攻 | 模型製作記 九九双軽 | 模型製作記 九八水偵 | 模型製作記 九六艦戦 | 模型製作記 九四式1号水偵 | 模型製作記 二式水戦 | 模型製作記 加古 | 模型製作記 四式戦(キ84) | 模型製作記 夕雲 | 模型製作記 天龍 | 模型製作記 妙高 | 模型製作記 新明和PS-1 | 模型製作記 朝潮 | 模型製作記 松 | 模型製作記 睦月型 | 模型製作記 矢矧 | 模型製作記 秋雲 | 模型製作記 赤城 | 模型製作記 那珂 | 模型製作記 零戦21型 童友社 | 模型製作記 高雄 | 模型製作記 バンダイ1/24零戦52型丙 | 模型-AFV・ソフトスキン | 音楽