模型製作記 ヴィルベルヴィント

対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その12)完成

***昔話***

30年以上前の話になりますが・・・

あるタミヤニュースの記事の写真にくぎ付けになりました。

海外モデラーの投稿記事、ベルギー人・・・名前読めない・・・ん~

『げげっ、何だこれ・・・』

今まで見たどんな作品とも違う作風の模型が載ってました。

ドライブラシとハイライトを強調した陰影表現でまさに絵画的でありました・・・

そう、バーリンデン氏の作品です。

その作品に使われていたのがタミヤのヴィルベルヴィント(旧作)だったんです。

その後輩出した多くのカリスマモデラーの技法が一般化したので今の目から見ると過去の表現技法だったりするんでしょうが、当時私の受けたインパクトは強烈でしたね~。

車体もおそらく素組でパーティングラインはきちんと消してあるものの銃口は開口されておらず、リュック等のショルダーストラップも省略のメーカー見本状態でした。

それでも存在感は圧倒的でしたねぇ・・・

さて、私のヴィルベルヴィントもようやく完成しました。

3

以上のような理由でこの作品は氏へのオマージュになります。

**************************************************

Flakpanzer IV Wirbelwind

『中尉殿、来ました!トミーです!』

『違うぞ伍長、あいつはアミーだ!・・・P-47だぞ・・・ブローニング8丁の化け物だ、弾を捨てにきやがった.』

4

『頼んだぜビリー!今日こそアミーを叩き落してくれ』

『・・・・・・・・・・・』

5

てな感じでしょうか。

ドラゴンからバリバリのキットが出てますがまだまだイケてます♪

1

いやー、楽しかった。

6

| | コメント (23) | トラックバック (0)

対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その11)昨日と何処が違う?

引き続きいろいろやってます(笑)

その割には昨日と全然状況が変わってないように見えますな~(爆)

チッピングを追加したりあちこち修正塗りしたりを繰り返しています。2

極薄フラットアースを吹いたらかなり色味が沈んだのでスミ入れは止めておきました・・・

ドライブラシも今回はやってません。足回り中心にパステル+ぢぬんの素をまぶして粉っぽくしました。

こういう仕上げもありですかね♪

3

4

打ちつくした弾倉は車外に放り出したんでしょうかね~

なんとなく見栄え重視で積み上げてみました、フィクションです

車両はそろそろ完成にしてフィギュアを仕上げましょう。

5

こちらも顔を塗り重ねて仕上げていきます。

1

こちらはもう少し手を入れなければいけませんね。

どっちにしろ完成は来週ですね~

| | コメント (19) | トラックバック (0)

対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その10)完成しませんでした

今年の目標、

製作速度のアップ・・・

とは思っているんですが模型部屋(兼寝室)が寒すぎて進みません。

アノラック姿のフィギュアと同じような格好で製作にいそしんでおります。

迷彩のタッチアップは無限ループが怖かったので結局筆で行いました(笑)

多少筆目が残ってもウェザリングするので大丈夫と見ました。

1

また、この前の画像を自分で見て気付いた釣り下げ用(?)のフックとスコップを追加で取り付けております。

3

あと機銃の回転盤の内側の押し出ピンが気になったので結局もう一度バラして埋めておきました。

2

さて、あとはウェザリングと仕上げ塗装・・・

まずは極薄のフラットアースを全体に吹き付けました。

キャタは水性ホビーカラーのラストを吹いてからフラットアース→シルバーでドライブラシしました。

チッピングを軽めに入れて時間切れ。

連休中にケリを付けるつもりだったけど無理っぽいですな。

AFVの仕上げって案外手が掛かりますね~

4

明日は粉まぶし予定(笑)

| | コメント (12) | トラックバック (1)

対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その9)概念的三色迷彩

早いものでお正月休みも終わってしまいます。

本日は部屋の寒さにめげながらも迷彩の塗り分けをしてました。

ヴィルベルヴィントは画像で見ると荒々しい殴り書きのような迷彩パターンが見受けられますがこれってうまく塗れない私なんかがやると『雑なだけじゃん』となりそうです。

日本陸軍機もそうなのですが見たとおりだと稚拙な塗り分けパターンになりかねません。

(ちゃんと理解している人が見る場合『おおリアルだ!』となるやも知れませんが保証の限りではありません。

1_2

というわけで概念的三色迷彩で塗ってみました(インストを参考にしています)。

塗り分けラインは筆で書き込んでから中を塗りつぶすやり方です。

このあとダークイエローで修正吹きをしますがなんかやっぱり決まりませんねえ(お前が下手なだけだという突っ込み、もっともです 苦笑)。

これは実車だと枝を切ってきてカムフラージュしたくなりますね。

概念的第三帝国の概念的三色迷彩・・・

2_2

このあと、概念的ウェザリングを施します(諦念)

あれっ、吊り下げ用のフック付け忘れてる・・・

3_2

とにかくこの寒さでエアブラシのトリガー引いてると手がかじかんで動かなくなりますね。

早く春にならないかな~

明日は仕事始めの憂鬱な日曜日の夕方ですが・・・みなさん頑張りましょうね~

| | コメント (26) | トラックバック (0)

対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その8)塗装初め

皆様、本年もよろしくお願いいたします。

早速ヴィルヴェルヴィントの塗装に掛かりました。前回の記事でブルムベア中期型も引っ張り出して来たのでついでに塗りなおししようと思います。

1

まずはダークイエロー・・・下地にジャーマングレー+ハルレッドを吹いてから調色したダークイエロー(デザートイエロー+フラットイエロー+白)を吹きました。

三色迷彩にするので最初の色味にあまり拘ってもしょうがないとは思いつつ多少明るめにしてみました。

2

こちらはブルムベア・・・一回途中まで塗りかけたんですがコーティングがもっさりしすぎていたので中断したやつです。今回ついでなのでコーティングを一撫でして塗りなおします。

やっぱりコーティングがアレですがもう気にしません。

3

ヴィルベルはリニューアルⅣ号なので足回り(特にダンパー)のモールドにキレがあります。一方のブルムベアは旧車体なので幅がありすぎとか裏のモールドが無いとか欠点はありますが。細かいこといわなければ充分楽しめます(あ、車載工具はⅣ号戦車別売りのDパーツに替えてあります)

4

ふふふ、これでいっぺんに2個完成させることが(←だから何なんだというつっこみ、自分でも思いますが)

5

いや、しかし意味も無くテンションが上がりますね。

このやり方悪くないかもしれません。

二個とも完成しないという事態も考えられますが(大笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その7)組み立て完了

もうすぐ年末休みに突入・・・で気が緩んだわけではないのですが腰の持病が悪化しました。

久々に月曜日は一日中寝て過ごしました。

昨日は年末最後の出勤日と言うことで痛い腰をなだめつつ仕事をして帰ってまいりました。う~む、これでやっとお休みに突入できまする。

さて・・・とウィルベルヴィント

とりあえず付けるべきパーツで塗装の邪魔にならないものはすべて取り着けました

2

そして今回のウリ、XJunで~す様もお勧めの工作、照準リングくりぬきと金属線で十字の再現をしてみました。

1

まあ、弾幕で捕捉するわけですからこんなシンプルな照準環で十分なわけでしょうかね。

インストではボッシュライトとノテックライトが選べるようになっております。特に資料も無いので箱絵のノテックを選択しました。

3

ヴィルベルヴィントは回収車両から再生されたということですがダメージ表現とか入れたほうがいいんでしょうかねぇ。

ああ、そういえば泥除けのスプリングを着けてなかったです。

とりとめもなく年も終わろうとしております。

4

塗装はインスト通りの三色迷彩で行く予定です。

次回は年末のご挨拶・・・なんか寂しいっすね(笑)

| | コメント (11) | トラックバック (1)

対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その6)ツィンメリット

コーティング・・・

今回は祭なので深く考えずにとにかくチャレンジ!

私のやり方はエポパテ×タミヤコーティングプレート(0.7mm)です。

前にやって失敗した時は厚ぼったくなってしまったので今回はとにかくうすうすで

1

やっぱり何かいまいち感がぬぐえないですわ・・・

まあ、最近はコーテイングモールド付きのキットがデフォルトになりつつあるから上達しても意味ありませんねえ(笑)

2

まあ・・・こんなもんでしょうかね、乾いてから少し撫でておしまいです。

3

タミヤのインストにしたがって前面パネルと車体上部周りのみに施したんですがこの範囲にしたのは根拠があったのでしょうかねえ?それとも失敗しないように簡単な範囲にとどめたんでしょうか。

4

これで面倒な作業はあらかた終了したので塗装に入れますね♪

おっと、でもその前に我が家も大掃除しないといけませんでした。

まあ年内には何とか・・・

| | コメント (20) | トラックバック (2)

対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その5)ドイツ国防軍スプリンターパターン

フィギュアの塗装です。

ドイツ軍装のカモフラージュパターンは色々ありすぎてややこしい事この上ありません。

私のような似非戦車モデラーはインストの指示に従って適当にでっち上げて塗ってしまいます。資料を見てしまうと手が動かなくなってしまうんですね(汗)

1

XJunで~す様に情報を頂いたので『新撰組デカール』の見本画像をなんとなく参考にしました。

タンの面積の部分が多すぎるようですがまあ、こんなところでお許しを・・・

ヘルメットはまだ塗ってないんですが普通にフィールドグレーになるでしょう。

軍装に詳しい方には突っ込み所満載なんでしょうね・・・知らないというのは幸せなことです(笑)

2

さて、これで次回こそコーティングに掛からなければ。

タミヤインストに従って足回りの側面とリアパネルには塗らないので何とかなるでしょう・・・

4

年内にはめどをつけて夜戦祭に戻りたいと思ってます(無理かなあ・・・)

5

おっと、押し出しピンの跡が目立つなあ凹

もう後は見えないふり攻撃しかありません(笑)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その5)整形

フィギュアの続き

何やら私がスクラッチフェチだという指摘をされてしまいましたが(笑)

人がやっているのを覗き見するのが好きなだけで自分はそれほどでもないんですよね~

フルスクラッチはできないので出来合いのに手を入れるのが大好きなんです。

というわけで装填手達、往年のタミヤじわはアノラックということもあってさほど気にならないのですが、顔がね~

整形手術です(合法です)

2_2

装填手1号:デコが狭すぎるのと頭部の前後長に比べて左右の幅がありすぎる気がしたんでこりこりと削りました。

3

装填手二号:顔のど真ん中にパーティングラインが走っていて阿修羅男爵のように型ずれを起こしてました(笑)

また、同じく左右の幅がありすぎて東洋人みたいなので整形です。

4

手術道具です(笑)

安っぽい工具ですがそれなりに使えます。最近重宝しております。

今回は車両+フィギュアで済ませるつもりです。

1

そういえば関東軍忘年会で鉄火巻様に貰ったこんなものもありました・・・

************************

この時期、わが家からも富士がくっきり見えるようになります。

ダイヤモンド富士の写真を狙ったのですが逆光がきつくて私のコンパクトデジカメじゃうまく撮れません(残念)

5

ただのシルエット富士です・・・

| | コメント (8) | トラックバック (1)

対空兵器コン-ヴィルベルヴィント(その4)車体&フィギュア仮組み

続いてます(笑)

ヴィルベルヴィントにツィンメリットコーティングを施すことは決意したんですがなかなか弾みが付きませんね~

1回失敗してるんでトラウマなんですよね。

というわけで足回りと車体を先にに片付けました。

1

さてと、次はコーティング・・・・・・・

と思ったけどフィギュアの収まりを確認しておこうかな(笑)

いにしえのフィギュアなのでモールドが眠いのは仕方ありませんね~

狭い車体の中に納まるようポーズを微調整、特にガンナーは各手にハンドルが納まるように調整しとかないとみっともなくなりますねぇ。

あちこちノミとPカッターで掘り起こしました、手間の掛かるやつらです。

2

とりあえず収めてみました・・・きっつきつですな~

しかし、なかなか当時としては秀逸なポージングですねぇ♪

3

しかし車長が中で指揮できないのはどういう訳でしょうか・・・

設計する時に気付かなかったわけはないだろうし。

謎ですな~

4

コーティングで引っかかっているので次は夜戦に逃げるかも(爆)

| | コメント (18) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ギャンブル コルセアきゃんぺーんF4U-5N製作記 一人F-5祭り 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 昭和の自衛隊 模型 模型-AIR 模型完成品 ブリュースターF2Aバッファロー 模型完成品 三菱F1 模型完成品 SASジープ 模型製作記 61式戦車 模型製作記 74式戦車 模型製作記 A-6Eイントルーダー 模型製作記 Ar196 A-3 模型製作記 Bf-109D 模型製作記 E2-Cホークアイ 模型製作記 F-104スターファイター 模型製作記 F-16B 模型製作記 F4F-4ワイルドキャット 模型製作記 Fi156シュトルヒ 模型製作記 Fw190D-9 模型製作記 Fw190A-4 模型製作記 German field kitchen 模型製作記 HAWK75 模型製作記 Hawker Fury 模型製作記 He111 模型製作記 He219A7ウーフー 模型製作記 I-15bis 模型製作記 I-153チャイカ 模型製作記 Ju88G-6 模型製作記 M4A3E2ジャンボ 模型製作記 Me262 A2a 模型製作記 MiG-15 模型製作記 MIG-3 模型製作記 P-63キングコブラ 模型製作記 P2V7ネプチューン 模型製作記 Spitfire FR.Mk.XIVe 模型製作記 T-34/76mod1942 模型製作記 TBF/M-1Cアベンジャー 模型製作記 キングフィッシャー 模型製作記 シャーマンVCファイアフライ 模型製作記 ベネトンフォードB188 模型製作記 マッキMc202 模型製作記 ヴィルベルヴィント 模型製作記 一式砲戦車 模型製作記 一式陸攻 模型製作記 三式戦(キ61) 模型製作記 九九双軽 模型製作記 九八水偵 模型製作記 九六艦戦 模型製作記 九四式1号水偵 模型製作記 二式水戦 模型製作記 加古 模型製作記 四式戦(キ84) 模型製作記 夕雲 模型製作記 天龍 模型製作記 妙高 模型製作記 新明和PS-1 模型製作記 朝潮 模型製作記 松 模型製作記 浜風 模型製作記 百式司偵Ⅲ型乙+丙 模型製作記 睦月型 模型製作記 矢矧 模型製作記 秋雲 模型製作記 赤城 模型製作記 那珂 模型製作記 銀河 模型製作記 零戦21型 童友社 模型製作記 震電 模型製作記 高雄 模型製作記 Fw189A-1 模型製作記 バンダイ1/24零戦52型丙 模型-AFV・ソフトスキン 趣味 音楽