模型製作記 百式司偵Ⅲ型乙+丙

百式司偵Ⅲ型 乙+丙(その8)完成

はい、シロイルカは大丈夫です!

冗談はさておきご無沙汰いたしまして申し訳ありませんでした。

理由はいくつかあるのですが一口で言うと『なんか調子悪い・・・(笑)』

アンテナ線を張って、排気汚れを入れれば完成だな・・・と思っていた司偵を合宿の帰りに搭乗した鉄火巻号に置き忘れたのが運の尽き。

鉄火ちゃんにお願いして保護してもらい翌週回収に行ったのですがもはやモチベーションが最低レベルまでダウンしておりました(笑)

先週末になってやっと仕上げる気になりましてごそごそと・・・

*****************************

Mitsubishi Ki-46-III Otsu/Hei (Defense interceptor)

キ46-III乙+丙完成です。

前々から暗褐色に白帯の司偵を作りたかったので、今回のお題『帝都防空戦』で真っ先に思い浮かんだこの機体を作りました。

作りながらこんな防弾が全然考慮されてない後部座席に同乗したら命がいくつあっても足りないなぁ・・・などと思ってたのですが、よく考えてみたらこれはほぼ全日本軍の防空戦闘機に共通だったorz

ちゃんとアーマー付けたら同高度に上がれないんだもんなぁ。

Imgp0024

もともと偵察機とはいえ大戦末期の実用機ではピカイチの高空性能を持つ司偵を防空戦闘機に改造というのは当然の帰結ではありますね。

Imgp0027


このキット非常にかっちり組みあがる好キットなんですが、表面の仕上げが非常に淡泊なのでそのままでは間延びすると思いリベットを打ってあります。

Imgp0028

仕上げに銀剥がしをしようと思ってリベット打った時のめくれをあえてそのままにしておいたんですが、遠目で見ると塩梅いいんですが近くで見たときにちょっとうるさいことに気付きました。

次からは普通にペーパーで均しませう(反省点)

Imgp0029

デカールが死にかかっていたのでマーキングはすべて吹付で仕上げました。

直線と丸だけなのでそんなに大変ではなかった(笑)

Imgp0034

なんか上から全体を俯瞰して写すといまいち司偵の美しさが出ないなあと思ったので同スケールの人間目線の画像が多くなってしまった。

Imgp0037

第一風防の合いが少しだけ悪かったのでパテを使ったんですがクローズアップにすると仕上げの雑さが目立つなぁ。

ここは飛行機の顔だからこれじゃあかんね。

Imgp0044

俯瞰で一枚、なんか全体を入れようとすると格好悪くなるんですよね。

(レンズの特性(収差)が関係してるんでしょうかね)

というわけでいまさらですが完成のお披露目でした。

それではまたノシ












| | コメント (23) | トラックバック (0)

第八回模型合宿

今年も安曇野にて恒例の模型合宿が挙行されました。

もともとは合宿お題を現地にて完成させる文字通りの合宿でありましたが。

本気モードはだんだん薄れモデラー同士の交流を深めることに近年はシフトしてきております。

とはいえ徹夜で飲み且つ現地にて箱明けからスタートで完成させる剛の者もいらっしゃったりします。私にはとても真似できません。っていうか一番の年長者が一元気なの何故だ?

今年のお題は帝都防空隊となっております。

第八回ともなると現地での次第も手馴れたもんでありまして、料理班、製作班、談笑班に自然に分かれて和気藹々と進行。

150

場が暖まったところで夕食&ビンゴ大会、私は食い意地が張っているのでいつも食べ物の写真をとり忘れます(汗)

ビンゴ大会に関しては、最近の傾向として地雷キットは減りましたが、みんな少しでも自分の取り分を減らそうとして盛大に押し付けあうのがデフォルトと化しつつあります。

みんなもう歳だからこれ以上増えてもどうせ作れないからねぇ。

私は目をつけていたカリ城のオートジャイロをゲットしたので満足・・・

と思ったらとんでもない宿題を押し付けられました。

本当は喜んでいると思っている人もいると思いますがそんなことはないんですって。

宿題に関しては次回以降の記事で報告いたします。

一夜明け、完成品の並んだテーブルを囲んであーだこーだ言ってる時間が合宿の醍醐味ですねぇ。

151

152

ご覧のとおり敵役のB-29が周囲を圧する存在感でおいしいところをすべて持っていきました。

まじり先輩良かったね、来年はエアフィックスの1/24だよ。

来年の再開再会をみんなで誓って朝11時にチェックアウト、今年はオプショナルツアーなしで直帰いたしました。

ああ、楽しかった。皆様来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

百式司偵Ⅲ型 乙+丙(その6)あとは現地

きびしい一週間だった・・・

平日の夜もちまちまと塗装作業を続けて今の状態がこれです。

002_2

あとは現地で仕上げるのだ。

004

土色は自家調色、どこかで関東ローム層の赤土色と書いてあったのを読んだ気がするけど出典不詳・・・

いわゆる黄土色であります。

もうちょっと赤茶系に振るべきだったかな。

微妙ですが次回完成披露のお楽しみということで。

しかし眠い・・・

今日はおやすみなさい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

百式司偵Ⅲ型 乙+丙(その5)塗装前のめんどくさいやつ

さて、合宿一週間前。

早いところ目途をつけたい司偵ですが塗装前にいろいろやっつけないと前に進めません。

一番面倒くさいのはキャノピーマスキング。

001

それからこれとか

003

それから嵌め殺しの偵察窓もマスキング。

004


んでもって照準器をセット。

006


やっと塗装に入れました(笑)

007

現在の進捗は胴体と主翼の白帯を吹いているところです。

予定からは順調に遅れてきてますな(笑)

まあ、現地の作業が増えるだけなので大丈夫と言えば大丈夫なんですが(笑)

今週はもう一度更新するかな。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

百式司偵 乙+丙(その4)細かいところ

司偵に戻ります。

前回素組みの言い訳をいろいろと書きつのっていたところ、この方よりコクピットの画像と細部塗装の指示を頂きましたので(いぢめとも言うらしい)出来るところだけは再現してみました。

002

計器板に色を置きます。

一番気に入っていたラファエルの丸筆をおしゃかにしたので今、穂先のコントロールの効く細筆が無いんです(はい、いい訳です)。

気に入った筆は大事にお手入れしなきゃ駄目ですね・・・

というわけで画像を頂きましたが色を置いただけであまり能がありませんな。

004_2

操縦桿のえんぺつホルダーですが、機付き整備員のお手製の可能性が高いとのことであります。

しかし、画像提供の労に報いるためここはやらないわけには行きません(笑)

苦闘すること小一時間・・・なんとなくそれらしきものをでっち上げました。

『何か作ってあるな』以上のものではないことをあらかじめご報告しておきましょう。

(↑ただのアリバイ工作ではないのか?)

009

ハ112-Ⅱエンジン、板プッシュロッドですが、司偵のナセルは流線型かつ開口部が小さいのであまりよく見えません。

素組みで行こうと思ってたんですが一応アリバイ工作として前列のプラグコードだけ這わせてみました。

ハ-112(金星)系列ってエンジン画像あんまり無いのね。

あ、これは提供を希望しているわけではないですからね(汗)

提供していただいても作りこむ時間ありませんのでご無用に願います(笑)

008

主脚は構造上先にナセルパーツ固定してから士の字にする必要があります。

塗装の邪魔になるのは目に見えているんですが、後付け工作がやりにくい形状にデフォルメしてある(強度重視と思われる)のでそのまま先付けしました。

011

無事に脚付き士の字。

合わせはパチピタでまったく問題ありませんのでキャノピーのマスキングが終わればこのまま全体塗装に入れそうです。
第一風防はⅢ型通常の段無しよりもこっちのほうが強そうに見えるのは気のせいか?
ていうか段無しは偵察機だから当たり前か(笑)
というわけでラス前の週末が終わり、週末はあと一回だけか。

平日も作業しないと間に合わないねこれ。
仕事を○○休みするという奥の手も・・・

無理か(笑)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

百式司偵 乙+丙(その3)急がないと。

司偵の続き・・・

製作に使える週末は今週を入れてあと3回。

とっとと急がなければ間に合わぬ。

リベット打ち。予言どおり作業後半は後悔しながらも何とか作業完了!

さっそく具の製作に取り掛かります。

今回は追加工作は無しで塗装に凝って見ませうかね。

002

計器板は付属デカール。

ハヤテ様の工作に比べれば手抜きもいいところですがこのままで(笑)

003

操縦席はモールドもしっかりしているのでハゲチョロ+ドライブラシ。

シートベルトはデカールが用意されていますが、立体感に乏しいのでデカールを参考に板おもりででっちあげました。

004

偵察員席、いや乙+丙の場合は装填手席か・・・

37mm上向き砲の基部はあっさりした作りですが資料も無いのでそのまま、

そのまま、そのまま。

具を塗り終わったら即士の字にしないと間に合う気がしない(笑)

余裕出しすぎたな・・・

| | コメント (18) | トラックバック (0)

百式司偵 乙+丙(その2)リベット打ちは続くよ。

リベット打ちは続くよどこまでも・・・

主翼下面-やっぱ双発機はエンジンナセルが邪魔よね~(笑)

かといってナセル別パーツだと今度は合わせが問題になるのでここは致し方ない所。

001

前回と全く変わり映えのしない画像なのね~。

かといって更新しないのも寂しいので今回は作業日報的なものだと認識ください。

003

胴体- 双発のくせに胴体は単発機並みに細くてアールがきついのでリベットが打ちづらいのよね。

土日の空き時間にテレビを聴きながら作業をした結果、現在の進捗率80%。

005_2

こんなユルユルではたして期日までに完成するのかな?

まあ、安心のタミヤクオリティだから大丈夫だな。

(↑いやキットじゃなくてお前の問題だから)

不安定のシロイルカクオリティ(笑)

ちがう

不安いっぱいのシロイルカクオリティ

こうか(笑)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

百式司偵 乙+丙(その1)

ワイルドキャットは今回お休み。

期日に間に合わなくなりそうなのでお題の帝都防空隊、タミヤ1/48百式司偵 乙+丙を始めます。

今回はいつもとは趣を変えて組み立て前にリベット打ちから始めました。

いつも途中から『そうだリベット打とう』(←そうだ京都行こうの口調で)と思い立つので、打ちにくいところが出てきたり、接着面を割ったりというトラブルが付き物なのです。

今回これでうまいこと行ったらこれからもパーツ状態でのリベット打ち作業をデフォにしよう(←しかしすぐ忘れる鳥頭なので次回まで覚えてられない可能性は高い・・・)。

003

試し打ちをかねて水平尾翼・・・

いつも最初は鼻歌混じりの楽しい作業なのです。

基本的にリベット打ち大好き人間なので前回のつらかった思い出をすぐ忘れるんですよね(笑)

001

そして主翼上面・・・このあたりからつらくなってすこうし後悔し始めます(笑)。

主翼上面を打ち終わって主翼下面⇒胴体になるあたりでもう早く終わらせることしか頭になくなります(笑)

今日はつらくなる前に作業終了~

002

工具はいつものカルコ+ダイモテープ。

以前に同じキットのⅢ型をリベットなしの素組みで作っているので素性の良さは確認済み。

当時あまりにもすっきりカッチリモールドだったのでリベット打ったほうがメリハリ付いて良かっただろうなと作った後で思ったのでした。

まあ、リベット打ちはウィークデーでも気軽に作業できるので今週いっぱいかければ終わるはず(←本当か??)

デカールはたぶん死んでいると思うので早めに士の字にしないとですわ。

しばらくF4Fと並行作業になりそうなので次回の記事がどちらになるかは来週のお・た・の・し・み(はあと)

でわでわ。

 

 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ギャンブル コルセアきゃんぺーんF4U-5N製作記 一人F-5祭り 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 昭和の自衛隊 模型 模型-AIR 模型完成品 ブリュースターF2Aバッファロー 模型完成品 三菱F1 模型完成品 SASジープ 模型製作記 61式戦車 模型製作記 74式戦車 模型製作記 A-6Eイントルーダー 模型製作記 Ar196 A-3 模型製作記 Bf-109D 模型製作記 E2-Cホークアイ 模型製作記 F-104スターファイター 模型製作記 F-16B 模型製作記 F4F-4ワイルドキャット 模型製作記 Fi156シュトルヒ 模型製作記 Fw190D-9 模型製作記 Fw190A-4 模型製作記 German field kitchen 模型製作記 HAWK75 模型製作記 Hawker Fury 模型製作記 He111 模型製作記 He219A7ウーフー 模型製作記 I-15bis 模型製作記 I-153チャイカ 模型製作記 Ju88G-6 模型製作記 M4A3E2ジャンボ 模型製作記 Me262 A2a 模型製作記 MiG-15 模型製作記 MIG-3 模型製作記 P-63キングコブラ 模型製作記 P2V7ネプチューン 模型製作記 Spitfire FR.Mk.XIVe 模型製作記 T-34/76mod1942 模型製作記 TBF/M-1Cアベンジャー 模型製作記 キングフィッシャー 模型製作記 シャーマンVCファイアフライ 模型製作記 ベネトンフォードB188 模型製作記 マッキMc202 模型製作記 ヴィルベルヴィント 模型製作記 一式砲戦車 模型製作記 一式陸攻 模型製作記 三式戦(キ61) 模型製作記 九九双軽 模型製作記 九八水偵 模型製作記 九六艦戦 模型製作記 九四式1号水偵 模型製作記 二式水戦 模型製作記 加古 模型製作記 四式戦(キ84) 模型製作記 夕雲 模型製作記 天龍 模型製作記 妙高 模型製作記 新明和PS-1 模型製作記 朝潮 模型製作記 松 模型製作記 浜風 模型製作記 百式司偵Ⅲ型乙+丙 模型製作記 睦月型 模型製作記 矢矧 模型製作記 秋雲 模型製作記 赤城 模型製作記 那珂 模型製作記 銀河 模型製作記 零戦21型 童友社 模型製作記 震電 模型製作記 高雄 模型製作記 Fw189A-1 模型製作記 バンダイ1/24零戦52型丙 模型-AFV・ソフトスキン 趣味 音楽