模型製作記 M4A3E2ジャンボ

M4A3E2ジャンボ(その9)-完成

寸止めジャンボ完成いたしました。

M4A3E2 Sherman ”Jumbo”

ずいぶん昔の話になりますが、このキットがまだ発売される前、モデルアートの別冊シャーマン特集ではじめてスクラッチのジャンボなる物を目にして以来、その力強い造形に心奪われまして、それ以来ずっとこれを造りたいと思ってました。

その後タミヤがジャンボを発売したときにいそいそと買いこんだのですが、すでに戦車の人ではなくなっていた当時の私はそのまま積み上げて製作せずに幾星霜・・・

今回晴れて成仏させることが出来た次第です(笑)

001


今回作るに当たってタミヤのジャンボはいろいろと欠点も多いということがWEBを徘徊していて判明したのですが、新しくて正確なキットが出ている今となっては30年物のタミヤをあんまり神経質に修正してもしょうがないだろうと、一人合点した次第。

002

というわけで直したいところだけ直して、あとは塗装に専念いたしました。

003

タミヤからE8とM-10が発売されたところで、最新のタミヤクオリティであらためてM-4系列を作ってみるのもいいなあなどと作りながら思いました。

004

ところでベースは使いまわしの汎用『夏の西部戦線』(笑)ベースであります。手抜き御免であります。

005

フィギュアはMMのアメリカ戦車兵セット(ヨーロッパ戦線)から3名出張ってもらいました。

タンカースヘルメットの造形が秀逸で絵になるフィギュアですね。

006


ところで画像をチェックしていると靴底の半端な塗装が気になってしまう・・・

こういう細かいところに完成度の差が出るのだなあ(納得)

しかーし、今年初の完成品で気をよくしている私はこのぐらいではめげないのであります。

それでは。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

M4A3E2ジャンボ(その8)-完成寸前(笑)

何だよこのタイトル(笑)

現在モチベーション低下中、さらに皆様へのご訪問もサボっていてまことに申し訳ございません。

製作の方は細々と続けております。

フィギュアの製作が滞って、3月以降完成寸前で頓挫放置していましたジャンボ。

WEB上の資料を漁ってなんとなくわからないところが自分の中で消化できたので、追加工作をしました。

といっても前回と比べて変わったところはさほどありません(笑)

頭の中に仕様が出来上がるまで手が進まないタイプなのです。

005


というわけで完成寸前のジャンボです。

なぜ寸前?かというと画像をチェックしていて細かい塗り忘れが発覚したのと、画像で見たときに重力系のウェザリング表現(雨だれとかそういうやつね)が足りなくて間抜けに見えることに気付いたのでもうちょっと手を入れることにしました。

002


正面装甲に載せた予備転輪や予備履帯ですが、画像検索しても紐で固定しているようには見えないのですが、何となくすわりが悪い(見た目的に)気がしたので細めの糸で固定してみました。

実際は置いただけなのかな。それとも現地改修で固定具を溶接したりしたのか・・・米帝だとデポ改修とか普通にありそうだな。

004


地図を見ながら打ち合わせ中の戦車兵ズ、apuro氏の助言と軍装ページと某○ューリー映画をみながら造作いたしました。

003

気になるところは終わったのであとは数工程で完成となる運び。

今年まだ完成品なしの私としてはヒジョーにうれしい。

っていうか半年で一個目かよ(笑)

老化現象だなこれは・・・

ペースが上がる気がしないシロイルカでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

(M4A3E2ジャンボ(その7)-車体ほぼ完成

3月になってしもた・・・

このジャンボも足掛け3か月目に突入。コレはいかんね。

いくらなんでも2か月に1個はあげなきゃねぇ・・・

ここ数年工作しようとすると眠気が襲ってくる病に罹患してしまいまして(ゴニョゴニョ)

いや眠いんですよ実際。

というわけでやっと少しだけ進んだので近況ご報告。

001

車体はほぼ完成。

あとはフィギュアの一部塗り直し&装備の追加工作までこぎつけました。

仕上げはいつものように粉とチッピングとドライブラシ。

最近のトレンドは黒立ち上げとかカラーモジュレーションとかだったりするのは聞いているのですが。

まあ、方法論は違ってもハイライトのコントロール+光源を意識なのは変わりないと思ってます。

模型誌の作例とか見てるとシャドーボックスとか某DL系列(ネズミの国)のエイジング塗装みたいな感じに収斂してますかね。

これは誰かが仰ってたんですがあまり光源を限定すると違う方向から見たときに破たんするのではないかと・・・

まあ、シャドーボックスのように視点を限定すれば問題なかったりもしますが。

何となく揺り戻しがありそうな予感がします。

余談はさておき。

002

パテ盛りしたデフカバーと砲塔のおかげで斜め前から見た感じがぐっと格好良くなりました。

とても強そうに見えます(笑)

003

車載物は予備履帯と予備転輪と木箱のみ。

ちょっと淋しいかしらねぇ。

004

車載工具は個人的なこだわりで車体色にしてあります。

(これは子供のころの刷り込みです、ODのスコップを見慣れてましたんで 笑)

ドライブラシ中にリヤのライトカバーを異次元に飛ばしてしまったのでプラ材で作り直してあります(笑)

005


まあ、次回は完成するでしょう・・・

たぶん。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

M4A3E2ジャンボ(その6)-タミヤの戦車兵

フィギュア塗装ちう。

最新のフィギュアなのでモールドに逆らわずに目鼻立ちに色を入れております。

最近微妙にフィギュアに志向がシフトしてきていまして、1/8~1/16ぐらいのフィギュアが作りたい衝動に駆られております。

それはそれとして。

001

ハッチをあけて前を凝視するドライバーは半身像。

上着のジャケットはタミヤの指定はダークイエローですが、FURYの画像で観るともうちとカーキっぽいですよね、タミヤだから近似色指定なのかな?

あんまり黄色に振ると虎壱のタンカーズジャケットみたいになるのでカーキっぽくしてあります(笑)

002

こちらも半身像の装填手。めちゃくちゃ男前であります。

どちらかといえばこちらのほうがブラピ似かもしれない(注:タミヤがブラピに似せたという事実はありません。為念)

部隊章と階級章のデカールがついているのがありがたいところ。

003

砲塔に座る戦車長。

伏し目になっているのでちょっと表情が付けずらい・・・

俯瞰で見るとほとんど表情が見えないのでこれで良しとします。

004


砲塔上俯瞰。

塗り残しが見えるのとツヤが消えてないのはご愛嬌であります・・・

きっちりツヤを消すのが課題になりそうです。

だれかフィギュアのつや消しの失敗しないいい方法教えて下され(フガフガ)

005


こちらはドライバー。

シャーマンはこの姿勢でも運転可能らしい(零戦のシートをいっぱいに上げた状態みたいなもんですね)のですが、自衛隊に供与されたシャーマンを日本人が操縦する際はこの姿勢だとアクセル、クラッチを踏めなかったらしいです(笑)

木製の下駄を履かせて操縦したらしいですがそれはそれで見てみたかったような・・・

おまけとして昔アップした秘蔵の自衛隊のE-8の画像を置いときますね。

M4e8_2


それではまた。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

M4A3E2ジャンボ(その5)-サフ吹きました。

順調に停滞中。

これではいかんと、自分を鼓舞するため取りあえずOVMを全部つけて工作を完了させてサフを吹くことにしました。

001

おお、ジャンボだ(笑)

もともと戦車に関してはあまり細かいところは気にしない主義なんですが、キットの修正点をきっちり指摘していただいているブログなんかを拝見してしまうと修正したくなるのが人情。

ネット時代の功罪であります(笑)

それでも修正すれば、するだけ良くなるのは古いタミヤキットの美点でありますね。

002


で、現在鋭意フィギュア塗装中。

どうして本体より先にフィギュアを塗装するかというとまあ、景気づけであります(笑)

フィギュアが良いは七難隠すといいますし(←いや、言わないし)

本当は塗装で台無しにするのがちょっと怖かったり・・・

004

フィギュアは納得いくまで手を入れられるのがよろしい(笑)

しばらくはちまちま楽しむつもりであります。

それでは。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

M4A3E2ジャンボ(その4)-ハッチの裏っかわ

ハッチオープンにチャレンジ中。

まずはペリスコープを入手せねばいかんのですが、いつもならば模型ショップをさまようことになるところ。

試しにヨドバシ.COMをチェックしてたらページ上で店頭受け取りを選べることに気が付いたのでファインの米軍戦車用ペリスコープを速攻ポチりました。

001


即日受け取り可能になりました(喜)

うん、これは便利♪これからも利用しなくては(使命感)

ペリスコープが手に入ったのでWEB上の画像を漁ってハッチ裏の造作を調べますが、さすがはシャーマン、画像も多いが仕様もさまざま・・・

シャーマニアの皆様の労苦がしのばれます(私はニワカなのでとりあえず画像があるものですませました。考証重視派の皆さんは生ぬるい目で見てくださいませ)。

002


ドライバーズハッチ、とりあえずペリスコープが付けばそれらしくなるのでディテールをでっちあげてそれらしく造作しました。

004


車長と砲手用のハッチ。

こっちはなかなか画像がなく、あってもみんな微妙に細部が違うという困った状態。

なので、基本さらにでっちあげになってます。

内側から開ける際の操作や、ペリスコープ回転時の操作は一応考慮してありますけど。

005


というわけででっちあげ完了。

シャーマン沼はやばい、ハマったら負けですね。

敢えて飛び込む皆様がいるのは承知してますが・・・

鋳造車体のM4A1(76)wも作りたくなった(笑)

それでは。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

M4A3E2ジャンボ(その3)-タンククルー

本体の製作は小休止。

ここでお年玉で買った(笑)ミリタリーミニチュアシリーズ No.347 アメリカ戦車兵セット (ヨーロッパ戦線) に登場願いました。

私はレビューを見てなかったんですが、タンカースヘルメットは4分割パーツになっているなど、かなりディティール重視に振った内容になってますね。

比較画像はありませんがキット付属の戦車長、ドライバーのフィギュアとは次元の違う出来になってます(この30年の技術的な進歩を考えればあたりまえですが)。

汎用とはいいながら実質的に新製品のイージーエイト用なのですが、ジャンボに移乗する分にはポーズ変更などは不要であります。

001

ドライバーは阪神もとい半身像。

ドライバーを乗せてハッチオープンにすると必然的にペリスコープとハッチ裏の工作が必要になります。

ううう、まずはペリスコープを入手せねば。

002


装填手(半身像)としゃっちょーさん。

地図をにらんで打ち合わせ中となります。

こちらもハッチオープンにするとハッチ裏の工作がひつようなの。

立体資料にイージーエイトを買おうかしら(本末転倒 笑)

003


さらにあと3体フィギュアが付属しますが、シチュエーションが限定されるので今回は3名様のみの搭乗とさせていただきました。

というかぶっちゃけベース無しでも完結できるミニマム構成でお茶を濁す所存(笑)

次は、やり残しの車体工作を仕上げてハッチ裏をなんとかすれば塗装に突入であります。

**************

前回のコメでICM I-153チャイカのキットレビューのリクエストをいただきましたので、パーツ画像アップいたします。

以前に合宿のビンゴで入手したICM1/72のI-15bisを製作して、成型のひどさには閉口したものの組みあがりの雰囲気にはかなり満足した覚えがあったので、最新の成型レベルにアップデートされたICMさんに期待しつつBOXオープン

004

私的には十分満足できるパーツ状態です。

005

ICMってまだ簡易金型なのかな?

006


もしかしたら精度の高い簡易金型を安価にたくさん製作する技術があれば、簡易金型で少量多種生産のほうが採算が早く取れたりするのかもしれんね?

その分バリーエーションをいっぱい出せたり。

いや、ほんとのとこは知らんけど。

いずれにしろ最近の高額化著しいスケールプラモ界でこの価格は魅力であります。

インド生産でリーズナブルになって劇的に復活したエアフィックスの例もあるので、東欧委託生産はアリじゃないのかな?

知らんけど。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

M4A3E2ジャンボ(その2)-だいたいこんな感じ

ジャンボ続きます。

前回からの進捗、

足回りを接着してキャタピラをはかせて様子を見ます。

キャタは古い素材ですが、ダックビルズ付きなのでなかなかジャンボらしくていい感じです。

シャーマン系はだいたい履帯のテンションが高いのでこれで十分な気がしますね。

001_2


後はシロイルカ標準のビンボーレギュレーションディティールアップ(注:手持ちの材料のみで追加工作)を行います。

002

パテ盛りの際に切り飛ばした、牽引フック用の基部(正式名称なんでしょう?)を実写画像を参考にでっちあげ。

003


サンペ掛けした鋳造部分に500番の溶きパテをたたきつけて鋳造テクスチャーを再生、追加装甲と車体の境目の溶接痕をエポパテと伸ばしランナーで再現。

パーツ化されていないペリスコープガードも適当な太さの金属線でそれらしくでっちあげました。

004

そして現在の状態、OVM以外のパーツを全部接着してプロポーションチェック。

うん、なかなかジャンボらしくなりました。

タスカのジャンボがある今となっては模型的な精密さではさすがに厳しいものがあると思うんですが、コストパフォーマンスを考えればなかなか優秀なキットだと思うのです。

でも、正直タスカも欲しかったり(笑)お高いですが・・・

005


というわけで、下工作は完了、こうなると気が済んでしまって手が止まるパターンが多い私としてはモチベーション維持のブーストが必要。

006


なので、ジョーシンに行ってタミヤのイージーエイト用タンククルーセットを買ってきました(笑)

これでまだジャンボは続く。

多分続くと思う。

続くんじゃないかな。

以下略(笑)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

ご無沙汰いたしました・・・

あっという間に大晦日になってしまいました(汗;)

前回の更新から一ヵ月半何をしていたかというと・・・いろんなものを作りかけては止め、引っ張り出してはしまうような中途半端な感じであります。

思えばここ一年ぐらいプロペラの付いた飛行機を作っていないことに気づきまして、いろいろと引っ張り出してはいるのですが、いまひとつ手が進まない。

370_2

買うたやめたならぬ、開けた閉めた音頭を踊っております(笑)

で、現在いちばん進みそうなのがエンジンだけ手をつけたこの銀河。

1/72なのでいつもと勝手が違い、どう進めようか思案しているうちに手が止まってしまいました。

373

コクピはどうせ手を入れても見えないので、外見重視でフルリベットかなあなどと思っているうちにいつの間にかやる気がどこかに行ってしまった次第であります。
コレではいかんと思っているのですが、どうにもアレであります。

誰かやる気スイッチを探してください。

そんな感じで飛行機が一頓挫してしまい、いつのまにか年末になってしまったので、これは本格的にヤバイ、何かひとつさくっと作れるものを作らねばと思っていろいろ物色していたらふと目に付いたのがコレ。

385_3

困ったときは何も考えずタミヤのMM(笑)

約30年前に下北のサニーさんで買ったシャーマンジャンボです。

古いキットだからパーツも少ないし好都合。

当然素組み、と思ったんですが、WEBを徘徊していろいろ見ているとどうも砲塔の形状がよろしくないということに気づきまして、実車とタスカのジャンボの完成品画像を眺めながら修正してしまいました。

さくっと作るんじゃないのか?と自分で突っ込みを入れながら作るのもまた良いものですね(何を言ってるんだおまえは?)

383

んでもって現在の状態。

砲塔は前面上部の傾斜部分の角度修正と斜めにテーパーがついてしまっている側面を垂直になるようにポリパテを盛って削り込んでます。

私的にはこれでだいたいオッケーな感じです。

この後はあまり手を入れずにさっくりと形にするつもり。

というわけで皆様、後半は更新も怠りがちでたいへん失礼いたしました。

年々手が遅くなり更新が少なくなる一方ですが、決して止めてしまうつもりはありませんので来年もお付き合いよろしくお願いいたします。

そして皆様良いお年をお迎えください。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ギャンブル コルセアきゃんぺーんF4U-5N製作記 一人F-5祭り 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 昭和の自衛隊 模型 模型-AIR 模型完成品 ブリュースターF2Aバッファロー 模型完成品 三菱F1 模型完成品 SASジープ 模型製作記 de Havilland Vampire 模型製作記 61式戦車 模型製作記 74式戦車 模型製作記 A-6Eイントルーダー 模型製作記 Ar196 A-3 模型製作記 Bf-109D 模型製作記 E2-Cホークアイ 模型製作記 F-104スターファイター 模型製作記 F-16B 模型製作記 F4F-4ワイルドキャット 模型製作記 Fi156シュトルヒ 模型製作記 Fw190D-9 模型製作記 Fw190A-4 模型製作記 German field kitchen 模型製作記 Gloster Gladiator 模型製作記 HAWK75 模型製作記 Hawker Fury 模型製作記 He111 模型製作記 He219A7ウーフー 模型製作記 I-15bis 模型製作記 I-153チャイカ 模型製作記 Ju88G-6 模型製作記 M4A3E2ジャンボ 模型製作記 Me262 A2a 模型製作記 MiG-15 模型製作記 MIG-3 模型製作記 P-63キングコブラ 模型製作記 P2V7ネプチューン 模型製作記 Spitfire FR.Mk.XIVe 模型製作記 T-34/76mod1942 模型製作記 TBF/M-1Cアベンジャー 模型製作記 キングフィッシャー 模型製作記 シャーマンVCファイアフライ 模型製作記 ベネトンフォードB188 模型製作記 マッキMc202 模型製作記 ヴィルベルヴィント 模型製作記 一式砲戦車 模型製作記 一式陸攻 模型製作記 三式戦(キ61) 模型製作記 九九双軽 模型製作記 九八水偵 模型製作記 九六艦戦 模型製作記 九四式1号水偵 模型製作記 二式水戦 模型製作記 加古 模型製作記 四式戦(キ84) 模型製作記 夕雲 模型製作記 天龍 模型製作記 妙高 模型製作記 新明和PS-1 模型製作記 朝潮 模型製作記 松 模型製作記 浜風 模型製作記 百式司偵Ⅲ型乙+丙 模型製作記 睦月型 模型製作記 矢矧 模型製作記 秋雲 模型製作記 赤城 模型製作記 那珂 模型製作記 銀河 模型製作記 零戦21型 童友社 模型製作記 震電 模型製作記 高雄 模型製作記 Fw189A-1 模型製作記 バンダイ1/24零戦52型丙 模型-AFV・ソフトスキン 趣味 音楽