模型製作記 P-63キングコブラ

P-63(その15)-一応完成・・・

FONDERIE MINIATURE 1/48 KINGCOBRA P-63C

タイトル通り一応完成です。

簡易インジェクションの手強さを噛みしめております(笑)

1

形の面白さに救われて何とか鑑賞に耐えますが今回はアップの画像上げられませんね。

マーキングは1950年仏領インドシナ

対地攻撃が主任務だったようであります。

F8Fの行く末と同じだったんですね。

2

今回はデスクトップ風のこぎれいな仕上がりを目指したんですがねぇ

アメリカあたりの航空ショーのレプリカ塗装機みたいです。

3

結局、塩ビバキュームのキャノピに最後まで泣かされますた。

しばらく簡易は見たくありませんね。

実はエデュアルドのP-39も持ってるんですけど(笑)

ハセガワから出てしまった今コレクションアイテムに成り下がるしかありません。

4

そういえばこのキット約2名の方から『続きはどうしたの?』と聞かれました。

やっと完成?しましたよ~

やべ~、逃げなきゃ

| | コメント (14) | トラックバック (0)

P-63(その14)-だらだら坂~

峠は越えたようです。

マスキングゾルの上からサフを吹いてしまったせいでマスキングを剥がすのに難儀しました(昔もコレで失敗したんですがまたやっちまいましたね)が、あとはさる方の表現を借りると緩やかな長い下り坂・・・

1

やることは多いですが鼻歌まじりですね。

というわけでたまには実機に関する話(笑)

ミッドシップというこの配置ですが、重量分布に偏りがない→つまり無理な機動時にフラットスピンに入りやすくまたフラットスピンから抜け出しにくいということでもあるようです。

兄貴のP-39は『フリスビーの祖先』と揶揄されております(爆)

延長軸でペラを回しモーターカノンを装備というエキセントリックな機構ですがキ88がこの機構をとりいれようとしたたけどP-39の余りの低性能のため試作中止になったという逸話になっております・・・が、さてどうでしょう?

キ88はキ64の機構的バリエーションで多分延長軸の工作や振動問題の解決にめどが立たなかったのが中止の一番の理由なんでしょうね。

2

しかしこうやってドアをつける前の状態だと頼りない胴体ですねぇ

多分(多分が多すぎ!)延長軸が胴体の強度を受け持っているんでしょうね。

前にエンジンが無いのでパイロットが胴体着陸時のクラッシュに不安を感じたらしいです、などという逸話をとりとめもなく考えながら仕上げをしています。

でも、見た目はメカメカしくて好きな機体です。

3_2 

このように仕上げ作業をしながら次に作るものの段取りを考えている時が一番幸せであります。

それでは~

| | コメント (12) | トラックバック (0)

P-63(その13)-地雷を踏む

さて銀塗装・・・

レタッチを繰り返してデカールを貼ろうとして気付きました。

ここまでひどいんだからデカールだって・・・

当たり(笑)

主翼スパーに貼る黒線は見事に粉々

このくらいは手塗りで何とかするもんね~

シリアルのステンシルもバラバラ~

くっそ~ジグソーパズルだと思えば・・・なんとか(怒)

お次は・・・ラウンデル。。。・・・・・・・・・・・・

3枚のデカールを合わせて作るタイプなんですが一枚目からしてバラバラ(泣)

真ん中の青丸しか使えないと断定!

急遽スクランブル、ラウンデルを吹く羽目に。

1

まさかおフランスのラウンデルを吹く日が来るなんて(泣笑)

白、赤、黄色の順にマスクして吹いてを繰り返しましたよ。

2

間違いなく今までで最強の地雷キットです。

3

これから、タッチアップ地獄ですな・・・

4

キ84も機内の塗装に入っております。

どうも塗装になると記事が愚痴っぽくなるな~(笑)

5

このハ45フィンが細かくてなかなかです、

スミ入れすると映えそうですな

今日はこんなもんで(;ω;)

| | コメント (20) | トラックバック (0)

P-63(その12)-三度目の正直

三度目の銀塗装(笑)

銀塗装は下地作りが大事というのは聞いてたんですけど・・・

ここまでとは思わなんだ(汗)

塩ビバキュームのキャノピーの接着線がうまく消えず、主翼下のパイロン&機銃ポッドの瞬着跡が消えず、主翼と胴体の接着線が割れ(泣)、レジンの前脚庫パーツと胴体の境目も割れ・・・etc

簡易インジェクションなんて・・・大嫌い(笑)

でも、こんな機体、絶対に1/48インジェクションの新製品では出てこないでしょう。

まあ、喇叭辺りは油断できませんが(笑)

色々なサフェーサーを試したのでまるでサフェーサーの見本市になってしまいました、サンペ掛けをするとバームクーヘンのように塗料とサフェの層が現れます(爆)

1

とにかく3度目の銀塗装(笑)

今回はもうやり直しませんから・・・部分的にイマイチな部分はありますけど。

パネル毎に少し色を変えてみました・・・

ちょっとやりすぎか。

2

ラッカーのシルバー(タミヤカラーのシルバーリーフ)にアクリルの黒、ブルー、ゴールド、クリアーオレンジなどでアクセントをつけてます(←本当はちゃんぽんだめよ!)

エンジンパネルはクリアーオレンジを多めに混ぜてフリーハンドで行ってみました。

3

絶対に今回はやり直さないもんね~

| | コメント (10) | トラックバック (0)

P-63(その11)-こちらも脱無限ループ

工作モードが止まらない~♪

ついでに放置中のP-63の足回りをやっつけました、

エッチングの前脚支柱は一度切り離して伸ばしランナーを当て木代わりにして作り直しました(書くほど大げさなモンじゃない)

何しろ一年ぶり以上だったのでパーツを集めるのに一苦労しました(大笑)

3_3

とにかく気の乗ったうちに形にしてしまいましょう。

2_2

このP-63米陸軍では使われてないんですよね~

あ、ピンボールは別ね、標的機だから(笑)

こんなに格好好いのにかわいそう~

1_2

| | コメント (16) | トラックバック (0)

本日の報告-1/48と1/700

艦載機の続き♪

デカールを貼ります・・・加古、古鷹のニューキットは艦載機のデカールも充実しており偏流測定用の白線や機番号のデカールまで付いております^^

Photo

白ふちの日の丸だけはP社の装備品セットⅡに付属のデカールです。

零水偵自体はWLのパーツのほうが本物に似てますね~


1

2機無理やり載せた状態です・・・1機目を射出しないとデリックもまともに動きませんが1/100の古鷹もそんな感じなので多分実際にそうだったのでは?

2











そして探照灯台、まだ接着していませんが雰囲気の確認と言うことで(こんなことばっかやってるから進まないんですな~)

Photo_2

方探のループアンテナは極細金属線をコイル状に巻いたものを切り出して作りました。

パラベーンはP社の小型艦用パーツの余りを使っています(これは単に好みの問題)。

1_2

零水の風防は最近クリアーブルーで塗るのがマイブーム♪

そういえば模型売り場でライオンロアの空母艦載機セットを見ましたが、エッチング付きとはいえ1700円は高いっす・・・3分考えてからパスしました(水偵だったら買ったかもですが;)

1/700の飛行機の後は1/48です(笑)いつまでたっても終わらないP-63ね

我慢できなくなって一度タミヤアクリルのシルバーを下塗り代わりに全面シルバーで塗ってみました。

やっぱりクリアパーツ周りのパテ盛りの痕がきれいに消えていません(鬱)

2000番ぐらいのサンペでもう一度研ぎだしてから今度は缶スプレーのシルバーリーフをエアブラシに取り出してオーバースプレーしました。

P63

クリアパーツの境目以外はきれいになりました・・・これで良しとするか

それとももう少し撫でて見るか、本人的にはどっちでも良くなってきました(笑)

P631

こっちは締め切り無いもんな~(自爆)

| | コメント (18) | トラックバック (0)

P-63(その10)-エンドレス

塩ビキャノピーの継ぎ目消し・・・

やっと終わりました、っていうかいつまでたっても終わらないエンドレス状態なのでもう切り上げます(-゛-メ)

サフェーサーと溶きパテと塗料のパッチワーク状態ですが表面の研ぎ出しに入ります。

P632

そういえば下面にもいろいろ造作するものがあるのを忘れてました・・・

排気シャッター?やらガンポッドやら増槽ラックやらが付きます。

P63

当たり前のように接着面に隙間が出来ます・・・またパテとやすりのお世話になります

だんだん腹が立ってきますな~・・・なにがマルチマテリアルやねん(-゛-メ)

そういえば脚注のトルクリンクもエッチングです(笑)

P631

全面銀だから研ぎ出しにも時間掛かります・・・

本当に進んでいるのか(謎)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

加古(その6)-手すり始めました&いろいろ

さて、手すりの取り付けですね・・・

いつもこれに引っかかってモチベーション下がることが多いです。

私だけではないと思いますが、失敗の代償が大きいですよね・・・

今回やってみてわかったコツ・・・

①適度に粘性のある瞬着 ゼリー状とさらさらの中間ぐらい

②瞬着はカッターに取り出しで撫でるように手摺に付ける(直接付けない)

③失敗してもめげない

Photo_2

以上です。

1_2

手すりも無事付け終わりましたのでエアブラシ派の私はここからしこしこマスキングです・・・

2_2

一番地味で暗い作業です・・・はがす時の楽しみだけを夢見てひたすら細切れのマスキングテープを貼り込んで行きます(;;;´Д`)

3_2

今週はこの作業に費やされます(笑)

そしてP-63、キャノピーの境目の接着線消しに時間を費やしております。

サンペで撫でては溶きパテと機内色のタッチアップを繰り返しております。不毛・・・

P63

あ、それから二式戦のカラー画像、ありがたいことにリクエストいただきましたのでアップさせていただきます(実は味方識別の黄橙色が鮮やか過ぎてモノクロにしたんですが・・・)。

キットはアリイ(オオタキ)の1/48です。あ、今はマイクロエースか(笑)作ったのはかれこれもう3年以上は前ですが・・・

何を参考にしたか覚えていないんですがアリイのカラー図面とは部分的に色を変えてあります(健忘症ですな)

Photo_3

1_3

2_3

この銀塗装はタミヤエナメル(クロームシルバー、フラットアルミ、メタリックグレー混色)の多色使いです。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

P-63(その9)-ちょっとだけ

AIR始め

P-63当然のように越年してしまいました・・・

塩ビバキュームキャノピーにてこずり停滞中、今日はコクピを完成させて蓋をします。

P63

レジンの照準機、クリアー部分は塗装で再現、なんとなくシルバーで塗ってからクリアーブルーをたらしました、遠目にはいい感じ。

この照準機、レチクルはウインドシールドに映すんですか?なんとなく家庭用プラネタリウムみたいですね。

P631

とりあえず美透明接着剤で接着、カーブがいまいちあわないので輪ゴムでテンションを掛けております。

P632

そしてパテ埋め中、あとはやさしくすりすり撫で回して完了・・・の予定

P633

反対側・・・

AIRは下駄履きもいきますよ~これをやっつけたら(汗)

| | コメント (26) | トラックバック (0)

P-63(その8)前脚延長&キャノピー

大掃除・・・

これはさすがに協力しないと今後の模型ライフに影響をきたします(笑)

一通り終わったところで今日の作業、イメージは固まったので一気に・・・

P63

前脚の延長、世傑とかの写真を見ると仰角が付いているはずなのにほぼ水平・・・ということは前脚が短い・・・という結論に達してオレオのところで約2mm延長しました。

P631

延長後仮組み・・・ぐっと格好良くなりペラのクリアランスも問題なくなりましたgood

キャノピーのほうはコックピットを先に完成させて塗装前に接着して隙間をきれいに消すという方向に決めましたのでコクピの中をを完成させます。

操縦桿を紛失(またか!)しましたのででっちあげ(笑)

P632

もう少しですが、今日は時間切れ、コクピの完成はまた来年(笑)

キャノピーは私の場合マスキングゾルです、今回は念入りに3度塗り・・・塩ビなので大丈夫?と思いましたが、何とかいけました。

P633

あとはモールドにあわせて切り抜きます・・・息を止めてまっすぐにカッターで刃を入れます、刃がなまったらすぐ折るのがコツでしょうか。

P634

こんな感じになります・・・あとはマスキングの固定を兼ねて機内色を吹いて『美透明接着剤』で接着、その後パテのお世話になるでしょう。

P635

でも来年ですね。こんなに手ごわいのは初めてですな(汗);

| | コメント (22) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ギャンブル | コルセアきゃんぺーんF4U-5N製作記 | 一人F-5祭り | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 昭和の自衛隊 | 模型 | 模型-AIR | 模型完成品 ブリュースターF2Aバッファロー | 模型完成品 三菱F1 | 模型完成品 SASジープ | 模型製作記 74式戦車 | 模型製作記 A-6Eイントルーダー | 模型製作記 Ar196 A-3 | 模型製作記 Bf-109D | 模型製作記 E2-Cホークアイ | 模型製作記 F-104スターファイター | 模型製作記 Fi156シュトルヒ | 模型製作記 Fw190D-9 | 模型製作記 Fw190A-4 | 模型製作記 German field kitchen | 模型製作記 HAWK75 | 模型製作記 He219A7ウーフー | 模型製作記 Me262 A2a | 模型製作記 MIG-3 | 模型製作記 P-63キングコブラ | 模型製作記 P2V7ネプチューン | 模型製作記 Spitfire FR.Mk.XIVe | 模型製作記 T-34/76mod1942 | 模型製作記 キングフィッシャー | 模型製作記 シャーマンVCファイアフライ | 模型製作記 ベネトンフォードB188 | 模型製作記 ヴィルベルヴィント | 模型製作記 一式砲戦車 | 模型製作記 一式陸攻 | 模型製作記 九九双軽 | 模型製作記 九八水偵 | 模型製作記 九六艦戦 | 模型製作記 九四式1号水偵 | 模型製作記 二式水戦 | 模型製作記 加古 | 模型製作記 四式戦(キ84) | 模型製作記 夕雲 | 模型製作記 天龍 | 模型製作記 妙高 | 模型製作記 新明和PS-1 | 模型製作記 朝潮 | 模型製作記 松 | 模型製作記 浜風 | 模型製作記 百式司偵Ⅲ型乙+丙 | 模型製作記 睦月型 | 模型製作記 矢矧 | 模型製作記 秋雲 | 模型製作記 赤城 | 模型製作記 那珂 | 模型製作記 零戦21型 童友社 | 模型製作記 高雄 | 模型製作記 バンダイ1/24零戦52型丙 | 模型-AFV・ソフトスキン | 音楽